Project Pacific とは

Project Pacific は、VMware vSphere のプラットフォームに Kubernetes をネイティブに組み込み、コンテナや仮想マシンを統合することで IT 運用担当者や開発者によるイノベーションを支援するプロジェクトです(現在テクノロジー プレビュー段階)。Kubernetes を活用して vSphere アーキテクチャの再設計を行い、最新のアプリケーションから従来のアプリケーションにわたり vSphere の各種機能を利用できるよう開発されています。

Project Pacific は、vSphere を未来のアプリケーション プラットフォームへと変革させるプロジェクトです。

企業のこれまでの投資や、既存のテクノロジーやツール、スキルを今後も生かしながら、VMware vSphere 上での最新のアプリケーションの開発と運用を加速させることができます。Kubernetes を活用した vSphere の再設計により、コンテナや仮想マシンで構成されるアプリケーションの構築、管理が可能です。既存のアプリケーションと最新のアプリケーションを単一のプラットフォームで平行して運用するアプローチを採用できます。

スポットライト 

(2:09)

Project Pacific のご紹介

vSphere を未来のアプリケーション プラットフォームへと変革させます

(3:42)

Project Pacific のデモ

Project Pacific の概要をデモで解説します

機能

vSphere へのネイティブ Kubernetes の組み込み

vSphere の制御プレーンに Kubernetes を組み込み、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク リソースを統合的に使用することができます。新しい vSphere のネイティブ ポッドは仮想マシンとコンテナを統合し、優れたパフォーマンスとセキュアで使いやすいランタイムを確保します。また、Kubernetes クラスタをサービスとして開発者に提供することも可能です。

アプリケーション中心の管理

開発者がポリシー/クォータ/ロールベースのアクセスの適用をアプリケーションレベルでコントロールできるよう支援します。Project Pacific では、Kubernetes クラスタ、コンテナ、既存の仮想マシンの情報を vCenter Server で包括的に把握できるとともに、vSphere が提供するエンタープライズクラスの機能(High Availability(HA)、Distributed Resource Scheduler(DRS)、vMotion など)をアプリケーションレベルで適用できます。

開発と IT 運用のコラボレーション

IT 運用担当者は vSphere のツールを使用して Kubernetes クラスタを開発部門に提供し、また、開発者は Kubernetes API を使用して SDDC インフラストラクチャにアクセスできます。Project Pacific により、開発者と IT 運用担当者の双方が、VMware vSphere の Kubernetes のコンストラクトを介して一貫性のあるビューを利用できます。

主なメリット

スピードの向上

開発者はセルフサービスのインターフェイスで迅速にイノベーションを実現し、IT 運用担当者は導入後の運用を簡素化する高パフォーマンスのプラットフォームでミッションクリティカルな SLA を達成できます。

大規模な制御

IT 運用担当者は、コンテナと仮想マシン両方のアクセスおよびリソースの割り当てを簡単に管理し、最新のアプリケーションをエンタープライズ規模でセキュアに実行できます。

優れた経済性

ツールやプロセス、スキルセットに対するこれまで投資を活用し、既存のアプリケーションと最新のアプリケーションの両方を、単一のプラットフォームでサポートできます。

VMware の大規模なパートナー エコシステムにおけるメリットも実現できます。パートナーが提供するツールは、コンテナベースのアプリケーションでも、修正なしでシームレスに機能します。Project Pacific によって、企業は最新アプリケーションを迅速に導入できると同時に、ハイブリッド クラウドにおける管理の複雑さを低減できます。