仮想化とクラウド コンピューティングのパワーを活用

業界をリードする仮想化プラットフォームである VMware vSphere 6.0 は、アプリケーションを安全に仮想化し、可用性を再定義し、仮想データセンターを簡素化します。

vSphere 6.0 にアップグレードすると次のようなメリットがあります。

  • 新しいアーキテクチャのサポート:サポート対象が拡大され、最新の x86 チップ セット、デバイス、ドライバ、およびゲスト OS に対応します。
  • スケーラビリティ:構成の上限値が拡張されました。仮想マシンには、最大 128 個の仮想 CPU と、4 TB の vRAM を搭載できます。ホストは、最大 480 個の CPU と 12 TB のメモリをサポートし、ホスト 1 台あたり 2,048 台の仮想マシン、クラスタ 1 個あたり 64 個のノードをサポートします。
  • マルチ プロセッサ対応のフォルト トレランス:ソフトウェア ベースのフォルト トレランスのサポートが最大 4 個の仮想 CPU のワークロードに拡張されました。
  • Long Distance vMotion:業務を中断することなく、最大 RTT 100 ミリ秒の距離でワークロードのライブ マイグレーションを実行できます。Long Distance vMotion によって RTT が 10 倍に増加したことにより、ニューヨークやロンドンに物理的に配置されているデータセンター間で、ワークロードを相互にライブ マイグレーションできるようになりました。
  • 仮想マシンに最適なストレージの変革:vSphere Virtual Volumes により、外部ストレージ アレイを仮想マシンで管理することができます。Storage Policy-Based Management (SPBM) は、複数のストレージ階層にわたる共通の管理機能およびストレージのサービス クラスの動的な自動化を実現します。これら両方によって、データ サービス (スナップショット、クローン作成、リモート レプリケーション、重複排除など) の適切な組み合わせを、仮想マシンごとにより効率的にインスタンス化できます。
  • コンテンツ ライブラリ:仮想マシン テンプレート、ISO イメージ、スクリプトなどを含めたコンテンツの管理を簡素化し、効果的に行うことができる統合リポジトリです。コンテンツ ライブラリを使用すると、中央からコンテンツを格納、管理し、公開 / 購読モデルにより共有することができます。

vSphere 6.0 のアップグレード: コンポーネント vCenter Server と Update Manager | ESXi | 仮想マシン | VMFS