vSphere のアップグレード パス

既存の環境を VMware vSphere 6.0 にアップグレードする場合、段階的に行うことができます。早い段階でアップグレードしたコンポーネントは、これからアップグレードするコンポーネントと完全な互換性があります。

vSphere のアップグレード パス

vSphere のアップグレード パス

第 1 段階: vCenter Update Manager とともに vCenter Server のアップグレードを実行する

この段階を開始する前に、vCloud Director (vCD) や Site Recovery Manager (SRM) など、既存環境に関連付けられているほかの VMware のソリューションを記録し、「 VMware Product Interoperability Matrix」 を参照して、それぞれについて vCenter Server 6.0 と互換性のあるバージョンを確認します。vCenter Server 5.0 以降から、vCenter Server 6.0 へのインプレース アップグレード (上位バージョンによる上書きアップグレード) がサポートされています。または、vCenter Server 6.0 のクリーン インストールを実行することもできます。

第 2 段階: vSphere ホストを vSphere 6.0 にアップグレードする

vSphere vMotion を使用して、クラスタ内で実行しているほかのホストに仮想マシンを移行したあと、クラスタ内の各ホストを順次アップデートできます。これにより、仮想マシンのダウンタイムなしで、vSphere ホストをアップグレードすることが可能です。ESXi 5.0、5.1 および 5.5 を実行している vSphere ホストから、ESXi バージョン 6.0 へのインプレース アップグレード (上位バージョンによる上書きアップグレード) がサポートされています。また、vSphere 6.0 のクリーン インストールを実行することもできます。vSphere ホストのアップグレードには、ESXi インストーラ、ESXi シェルの ESXCLI コマンド、vSphere Update Manager、および Auto Deploy を使用する方法があります。

第 3 段階: 先に VMware Tools をアップグレードしてから仮想マシンをアップグレードし、必要に応じて仮想ハードウェアをアップグレードする

vSphere 6.0 ではサポート マトリックスが拡張され、新しいバージョンの ESXi で古いバージョンの VMware Tools や仮想ハードウェアがサポートされます。この拡張により、vCenter Server や ESXi ホストをまずアップグレードし、後日仮想マシンをアップグレードするという段階的なアプローチを取ることも可能になります。vSphere 6.0 は、VMware Tools バージョン 4.x、5.x、および 6.0、仮想ハードウェア バージョン 4、7、8、9、10、および 11 を使用する仮想マシンの実行をサポートします。

仮想マシンをアップグレードするにはパワーオフする必要があるため、この手順に必要な停止時間について計画を立てる必要があります。vSphere Update Manager を使用すると、オーケストレーションされた仮想マシンのアップグレードを実行できます。この方法では VMware Tools と仮想ハードウェアを同時にアップグレードできます。

VMware Tools のアップグレード フローチャート

新しいバージョンの VMware Tools を実行している仮想マシンは、古いバージョンである ESXi 5.x ホストでサポートされます。詳細については、「 VMware 互換性ガイド」(英語) をご確認ください。

VMware Tools のアップグレード フローチャート

VMware Tools のアップグレード フローチャート

仮想ハードウェアのアップグレード フローチャート

新しい仮想ハードウェア バージョンは、古いバージョンの ESX / ESXi ホストとの後方互換性はありません。すべての vSphere ホストを ESXi 6.0 にアップグレードしたあとで、仮想ハードウェアをアップグレードするようにしてください。詳細については、「 VMware 互換性ガイド」(英語) をご確認ください。

仮想ハードウェアのアップグレード フローチャート

仮想ハードウェアのアップグレード フローチャート

第 4 段階: データストアを VMFS バージョン 5 にアップグレードする (まだアップグレードしていない場合)

このステップでは、データストアを vSphere VMFS バージョン 5 にアップグレードします。この作業は、データストア上で仮想マシンを稼動させたまま行うことができ、仮想マシンのダウンタイムは発生しません。vSphere 6.0 は VMFS バージョン 3 を使用したデータストアを完全にサポートしているため、いつでも都合のよいときにデータストアのアップグレードを実行できます。

VMFS 3 のボリュームを VMFS 5 にアップグレードする場合、アップグレードされた VMFS-5 のボリュームは、元の VMFS-3 データストアのパーティションの特性を維持します。共有ストレージ上の大規模な VMFS ボリュームの場合、新しい VMFS 5 のボリュームを作成し、Storage vMotion を使用してデータを移行します。

VMFS のアップグレード方法

VMFS のアップグレード方法

第 5 段階: vRealize Log Insight for vCenter Server と vRealize Operations をインストールする

この最後のステップでは、vCenter Server と連携するほかの管理ソリューションをインストールし、監視とプランニングの機能を提供します。 vRealize Log InsightvRealize Operations の製品ドキュメントを参照し、これらの製品のインストール方法を確認してください。

リソース:

VMFS のアップグレード方法

VMFS のアップグレード方法