新しい vSphere ESXi アーキテクチャへの移行

新しいバージョンの vSphere は、軽量の新しい ESXi ハイパーバイザー アーキテクチャのみ利用できます。 vSphere ESXi アーキテクチャは、汎用オペレーティング システムに依存しない、唯一かつ専用の軽量ハイパーバイザーです。 新しい vSphere ESXi アーキテクチャのメリットについては、 ESXi Info Center を参照してください。

VMware vSphere 5.5 への移行方法の理解

既存環境の vSphere 5.5 へのアップグレードは段階的に行います。 初期の段階でアップグレードされたコンポーネントは、それ以降の段階でアップグレードする予定のコンポーネントと完全な互換性があります。

第 1 段階:vSphere Update Manager とともに、VMware vCenter Server のアップグレードを実行します。 この段階を開始する前に、vCloud Director や Site Recovery Manager など、既存環境に関連付けられているその他の VMware のソリューションの vCenter Server 5.5 と互換性のあるバージョンを、 VMware 製品の相互運用性マトリックスで確認する必要があります。

第 2 段階: ホストを vSphere 5.5 にアップグレードします。 この作業は、vMotion を使用して仮想マシンをほかの実行中のホストに移行した後、クラスタ内の個々のホストをアップデートすることにより、段階的に行うことができます。 この方法により、仮想マシンのダウンタイムが回避されます。 また、Update Manager を使用して、vSphere 4.0、4.1、5.0 および 5.1 を実行しているホストのインプレース アップグレード (上位バージョンの上書きインストール) を行うことも、vSphere 5.5 をクリーン インストールすることも可能です。

第 3 段階:まず VMware Tools をアップグレードし、続いて仮想ハードウェアをバージョン 9 にアップグレードして、仮想マシンのアップグレードを完了します。 仮想マシンをアップグレードするには、仮想マシンをパワーオフする必要があるため、この手順を実行する前に、停止可能なメンテナンス時間について検討します。 vSphere Update Manager を使用すると、オーケストレーションされた仮想マシンのアップグレードを実行できます。この方法では VMware Tools と仮想ハードウェアを同時にアップグレードできます。 vSphere 5.x は仮想ハードウェア バージョン 4、7、8、および VMware Tools バージョン 4.x、5.0 で実行される仮想マシンを完全にサポートしているため、停止可能なメンテナンス時間を確保するまで、既存の仮想マシンを支障なく実行できます。

第 4 段階:データストアを VMFS バージョン 5 にアップグレードします。 この作業は、データストア上で仮想マシンを稼動したまま行うことができ、仮想マシンのダウンタイムは発生しません。 vSphere 5.x は VMFS バージョン 3 を使用したデータストアを完全にサポートしているため、いつでも都合のよいときにデータストアのアップグレードを実行できます。