概要

従来のアーキテクチャと仮想アーキテクチャ

サーバ仮想化

仮想化は、複数のオペレーティング システムとアプリケーションを 1 台のサーバで同時に実行できる、実績のあるソフトウェア技術です。仮想化は、IT の俊敏性、柔軟性、およびスケーラビリティを向上させると同時に、コストを大幅に削減します。ワークロードの迅速な展開、パフォーマンスと可用性の向上、運用の自動化を実現することで、IT の管理が容易になり、所有や運用にかかる負担も軽減されます。

vSphere High Availability

システムの連続稼動の維持

vSphere High Availability(HA)は、仮想環境内のハードウェアやオペレーティング システムの障害に対し、費用対効果に優れた統合的なフェイルオーバー機能でダウンタイムを最小限に抑えます。ホストと仮想マシンを監視し、障害が検出されると、クラスタ内の別のホスト上で仮想マシンを自動的に再起動するほか、HA を使用すれば、アプリケーションやゲスト OS に変更を加えることなく、すべてのアプリケーションを一貫した方法で自動的に保護できます。  

メリット

データセンターのリソース

データセンターのリソースの共有

vSphere Content Library を利用することで、仮想マシン テンプレート、vApp、ISO イメージ、スクリプトを 1 か所で管理できます。コンテンツをライブラリの形に整理し、各ライブラリを独立に設定して管理できます。ライブラリが作成されると、vCenter Server の境界をまたいでコンテンツを共有し、データセンター全体で一貫性を確保できます。仮想マシン テンプレートをホストやクラスタに直接配置できるため、一貫性のあるプロビジョニングが可能です。

現在の状況と最適な状況:仮想マシン

仮想マシンへのリソース割り当ての優先順位付け

vSphere Network I/O Control(NIOC)と vSphere Storage I/O Control(SIOC)は、ネットワークとストレージを監視し、事前に設定したルールとポリシーに従って、優先順位の高いアプリケーションに自動的にリソースを振り向けます。 CPU とメモリに使用されているシェアと制限の仕組みをここでも適用し、vSphere ホストのクラスタ内に I/O キャパシティを動的に割り当てることで、ネットワークやストレージの使用率の問題に対処します。 パフォーマンス管理を頻繁に行う必要がなくなるため、管理者の生産性が向上します。

ネットワークの統合管理

ネットワークの統合管理

複数のホストやクラスタにまたがる仮想ネットワークのプロビジョニング、管理、監視を統合インターフェイスから行うことができます。vSphere Distributed Switch にはさまざまな監視機能やトラブルシューティング機能が備わっています。たとえば、ネットワーク構成へのパッチ適用やアップデートに対応するロールバックおよびリカバリ機能や、仮想ネットワーク構成のバックアップとリストアを可能にするテンプレートなどがあります。

迅速な展開とプロビジョニング

迅速な展開とプロビジョニング

ホスト プロファイルには、vSphere ホスト間で共有する構成設定が格納され、1 つ以上の vSphere ホストまたはクラスタにアタッチできます。ホストの構成はホスト プロファイルと比較され、差異があった場合は報告されるため、構成エラーを自動的に修正できます。ホスト プロファイルを一度作成すると、Auto Deploy と組み合わせて、複数の vSphere ホストの展開やプロビジョニングを迅速に行うことができ、専用のスクリプトや手動による構成が不要になります。