ビッグデータ インフラストラクチャの仮想化と簡素化

ビッグデータの有効活用

VMware と Cloudera による Hadoop の仮想化に向けた取り組みの詳細をご紹介します。

Hadoop の仮想化に関する誤った認識の解消

vSphere 上での Hadoop の仮想化に関する情報をご確認ください。

ビッグデータ アプリケーションの vSphere 上での実行

従来のアプリケーション、最新のクラウド アプリケーション、モバイル アプリケーション、ビッグデータ アプリケーションを仮想化する VMware のプラットフォームを使用することで、ビッグデータ インフラストラクチャの管理を簡素化してコストを削減できます。

データセンター リソースの容易な共有

vSphere のコンテンツ ライブラリで、仮想マシン テンプレート、vApp、ISO イメージ、スクリプトを一元的に管理できます。また、仮想マシン テンプレートをホストまたはクラスタに直接展開することで、一貫性のあるプロビジョニングが実現します。

ネットワークの統合管理

複数のホストやクラスタにまたがる仮想ネットワークのプロビジョニング、管理、監視を統合インターフェイスから行うことができます。豊富な監視機能を備えた vSphere Distributed Switch を利用できます。

リソースの優先順位付け

事前設定したルールやポリシーに従ってリソースを自動的にシフトするとともに、vSphere ホストのクラスタ全体にわたり I/O キャパシティを動的に割り当てることでネットワーク利用を最適化します。

迅速な展開とプロビジョニング

構成の不一致が自動修正されるため専用のスクリプトや手動での構成が不要になり、複数の vSphere ホストの展開とプロビジョニングが迅速化されます。

その他のメリット

簡素化

ビッグデータ インフラストラクチャの運用とメンテナンスを簡素化します。

俊敏性

インフラストラクチャをオンデマンドで入手できるため、ビジネス バリューを迅速に実現できます。

コスト効率

クラスタを統合することで設備投資コストを削減し、自動化とシンプルなワークフローによって運用コストを削減します。

柔軟性

マルチテナンシーにより、複数の Hadoop ディストリビューションを同一の仮想マシン上で実行できます。

効率性

リソースをプールしてサーバの使用率を向上させます。ワークロードを自動的に移動できるため、プロセスの効率が向上します。

セキュリティ

秘密データを管理し、コンプライアンスを確保します。

検索結果

ご興味をお持ちの方はこちら