VMturbo 社、Microsoft 社、SolarWinds 社、Splunk 社などの運用管理ツールをご検討中でしょうか。vSphere 環境内で、キャパシティを最適化し、パフォーマンスや効率性を向上させたいとお考えですか。vSphere with Operations Management は、アプリケーションからストレージまで、インテリジェントな運用を実現します。迅速で使いやすく、導入初日から価値をもたらします。 

vSphere に最適な管理

vSphere with Operations Management には vRealize Operations が含まれています。vRealize Operations が提供する使いやすいキャパシティ管理およびパフォーマンス監視の機能によって、vSphere をさらに有効活用できます。また、vSphere with Operations Management は、他社製品よりも豊富な機能を備え、信頼性に優れた方法で最適化を行います。

  • 自己学習型の分析機能: VMware の分析機能は、600 個を超える vSphere のメトリックを自動的に評価して環境について学習するので、担当者の負担が軽減します。
  • ガイド付き修正機能: 問題についてのわかりやすい解説と、推奨される修正方法を示します。
  • キャパシティ最適化の自動化: 過剰に割り当てられたキャパシティを再利用し、リソース使用率を向上させます。複雑なスクリプトやスプレッドシートを使用する必要はありません。

VMTurbo の 「必要最小限」 のアプローチでは十分とはいえません。vSphere with Operations Management を試用して、30 日以内にリソース コストを最大 30 % 削減できることをご確認ください。1

自動化と管理

vExpert がそばにいて、潜在的な問題について警告し、その問題に最適な修正方法をアドバイスし、指示に従って直ちに修正作業を行ってくれるようなものです。 

Distributed Resource Scheduler (DRS) は、VMTurbo ではサポートしていない方法でコンピューティング、ストレージ、およびネットワークを評価することにより、ワークロードの配置を最適化してアプリケーションのパフォーマンスを最大限に引き出します。 

vSphere with Operations Management には vRealize Operations が含まれます。vRealize Operations には、キャパシティの最適化、スマート (サマリ) アラート、ガイド付き修正機能、自動アクション、そして管理性を維持できる柔軟なポリシーが用意されています。

導入初日から価値を実現

他社と比べて安価な vSphere with Operations Management は、導入後すぐに価値を実現できます。統合管理コンソールから、構成の問題、パフォーマンスのボトルネック、および適切なサイジングを行い過剰に割り当てられたキャパシティを再利用できる領域を指摘します。

 

管理のニーズが拡大したときには、業界をリードする VMware の管理ソリューションのポートフォリオを利用して容易にアップグレードし、ログの管理、コストとチャージバックの管理、および完全なパブリック / プライベート クラウドの管理を行うことができます。 VMware vSphere with Operations Management の 3 種類のエディションの比較をご覧ください

状況の把握に優れた運用管理

vSphere with Operations Management で重要な役割を担う vRealize Operations の他社製品に対する優位性をご確認ください。

インフォグラフィックを表示

60 日間の無償評価版

vSphere with Operations Management がどのように役立つのかご確認ください。

無償評価版のダウンロード