vSphere+ の主な機能のご紹介

vSphere 製品ラインの比較

vSphere の各製品の機能とサービスの比較をご覧ください。

vSphere+ がオンプレミスにもたらすクラウドのメリット

vSphere+ を活用したクラウドとの統合によりオンプレミスを強化する方法を、VMware のエキスパートが説明します。

クラウドのメリットをオンプレミスのワークロードで活用

管理者向けサービス:生産性の強化

管理とガバナンスを一元化する Cloud Console により、運用効率が向上します。クラウドベースの自動化および修正の機能を利用することで、vCenter のライフサイクル管理を簡素化し、あらゆる vSphere クラスタに仮想マシンをプロビジョニングできます。

DevOps 向けサービス:イノベーションの加速

既存の仮想インフラストラクチャを、エンタープライズ対応のセルフサービス型 Kubernetes プラットフォームに変換できます。vSphere のマルチクラウド管理機能によってプラットフォームの運用を一元化することで、Kubernetes クラスタのセキュリティとガバナンスを強化できます。

クラウドとの統合:オンプレミス環境の変革

ワークロードを停止させることなく、クラウドのメリットを活かして既存の vSphere 環境を強化できます。アドオンのハイブリッドクラウドサービスを有効化すれば、ディザスタ リカバリ、ランサムウェア対策、キャパシティ プランニングを迅速化することができます。

vSphere+ の機能

一元化された Cloud Console

IT 管理者は、vSphere+ の Cloud Console を使用して vSphere 環境全体を統合管理できます。

vCenter のライフサイクル管理

構成エラーを簡単に検知して解決できるため、vCenter インスタンスのライフサイクル管理が容易になります。

アドオン サービス:キャパシティの最適化とプランニング

環境全体にわたり、ワークロードを実行するために必要なキャパシティを最適化およびサイズ調整し、これらのタスクを自動化します。将来のインフラストラクチャとワークロードの需要に対応するためのキャパシティ プランニングを利用できます。

Cloud Consumption Interface (CCI)

Cloud Consumption Interface が提供する、直感的な UI と開発者にとって使いやすい API によって、DevOps チームが利用する vSphere 環境全体の IaaS サービスを簡素化できます。

Tanzu Kubernetes Grid の統合

Tanzu Kubernetes Grid サービスを vSphere 上で直接実行することで、オンプレミスでの Kubernetes の運用を簡素化します。

Tanzu Mission Control Essentials

この一元的なハブを利用することで、複数のクラウドにまたがる Kubernetes クラスタのセルフサービスを簡素化できます。デプロイの所要時間を短縮し、DevOps のスピードを向上させます。

vSphere+ の各製品の比較

vSphere+ Standard

クラウドのメリットをオンプレミス環境で活用するための vSphere+ SKU です。

内容:

  • サブスクリプション モデル
  • ライセンス管理が不要
  • コア単位のライセンス
  • vCenter Standard の利用が含まれる

vSphere+

クラウドの接続性をオンプレミス環境で活用するために必要となる、vSphere のすべての機能を利用できます。

内容:

  • vSphere+ Standard の全機能を利用可能
  • 追加の開発者向けサービス
  • アプリケーションのパフォーマンス向上のための機能

FAQ

vSphere+ は、相互に連携するオンプレミス コンポーネントとクラウド コンポーネントで構成される、サブスクリプション型の新しいサービスです。オンプレミス コンポーネントには、クラウド ゲートウェイ、vCenter インスタンス、ESXi ホストなどがあります。クラウド コンポーネントには、管理者向け(IT 運用者向け)サービスと開発者向け(DevOps 向け)サービスを含む、さまざまなクラウドサービスがあります。

クラウド ゲートウェイは、vCenter インスタンスを VMware Cloud Console に接続します。VMware Cloud Console では、オンプレミス インフラストラクチャの一元的な管理や、クラウドサービスへのアクセスを行えます。

はい。vSphere+ は、すでに vSphere をご使用中のお客様がシンプルにダウンタイムなしでアップグレードを実行できるよう綿密に設計されています。既存の vSphere Enterprise および Enterprise Plus のライセンスは、簡単にサブスクリプションに変換できます。vSphere+ へのアップグレードをご検討の際には、VMware パートナーか、VMware の営業担当者までお問い合わせください。

vSphere+ には、SaaS として提供されるクラウドサービスが含まれています。ご利用の vCenter インスタンスおよび ESXi ホストは、オンプレミスのままになります。

vSphere+ の料金やサブスクリプションの購入方法などの詳細については、担当の VMware パートナーか、VMware の営業担当者までお問い合わせください。

お客様の環境での vSphere+ の無償でのご試用をご検討の際には、VMware パートナーか、VMware の営業担当者までお問い合わせください。

vSphere+ をご利用いただく手続きは簡単です。利用登録を済ませると、VMware からセットアップの手順が記載されたオンボーディング用 E メールが届きます。プロセスは 1 時間程度で完了します。

はい。vSphere+ は ESXi バージョン 6.7 以降をサポートしています。vCenter インスタンスは最新のバージョンにアップデートしていただく必要があります。

vSphere+ には、vSphere の基本要件以外の特別なハードウェア要件はありません。

vSphere+ には次のようなメリットがあります。

  • SaaS として提供されるクラウドサービスを利用できる
  • Cloud Console を使用して管理を一元化できる
  • エンタープライズ対応の Kubernetes 環境を追加費用なしで構築できる
  • サブスクリプション形式で購入できる

vSphere+ における機能強化については、こちらのリンクをご参照ください。

vSphere+ は、仮想マシンをベースとした従来型のワークロードに加え、コンテナをベースとした最新のワークロードもサポートしています。vSphere+ と vSphere で、サポートされるワークロードのタイプに違いはありません。

VMware では、ディザスタ リカバリ、ランサムウェア対策、キャパシティ プランニングなどを迅速化するための vSphere+ アドオン サービスを開発しています。現在購入できるアドオン サービスや開発中のアドオン サービスの一覧については、VMware パートナーか、VMware の営業担当者までお問い合わせください。

vSphere+ には、仮想マシン サービス、ストレージ サービス、ネットワーク サービス、レジストリ サービス、Tanzu Kubernetes Grid サービス、Tanzu 統合サービス、Tanzu Mission Control Essentials など、幅広い開発者向けサービスが含まれています。これらのサービスは vSphere+ に含まれるため、追加料金なしでご利用いただけます。

vSphere+ には、グローバル インベントリ サービス、イベント ビュー サービス、セキュリティ健全性チェック サービス、仮想マシン プロビジョニング サービス、ライフサイクル管理サービス、構成管理サービスなど、幅広い管理者向けサービスが含まれています。これらのサービスは vSphere+ に含まれるため、追加料金なしでご利用いただけます。

vSphere+ のクラウド ゲートウェイは、業界標準の Transport Layer Security(TLS)を使用してネットワーク接続を保護します。お客様の機密データがクラウドにコピーされたり、共有されたりすることはありません。このゲートウェイによって、VMware はメンテナンスやサポートの業務を実施でき、権限の分離や最小権限といった従来のセキュリティ概念を適用してこれらの業務の安全性を確保しています。

いいえ。すべてのワークロードは引き続きオンプレミスの ESXi ホストで実行されます。vSphere+ では、オンプレミス環境を Cloud Console から一元的に管理でき、クラウドサービスを利用して管理を強化できます。

クラウドへの接続が失われた場合、影響を受けるのはクラウドサービスと Cloud Console へのアクセスだけです。vCenter インスタンス、ESXi ホスト、ワークロードは通常どおり実行を継続し、管理は vCenter から(vSphere Client を通じて)行うことができます。

vSphere+ のメリットを活かすために追加で必要なツールは VMware Cloud Console のみで、これは Web ブラウザーからアクセスできます。

VMware Cloud Console は、https://vmc.vmware.com からご利用いただけます。このページにログインした後、vSphere+ を含む利用可能な VMware サービスを確認し、登録することができます。

オンプレミスのワークロードをクラウドに移行する場合も、vSphere+ で簡単に行うことができます。vSphere+ クラウド ゲートウェイに組み込まれたハイブリッド リンク モード機能を使用すると、ワークロードを VMware Cloud on AWS に移行できます。

ご興味をお持ちの方はこちら

オンプレミスのワークロードでクラウドのメリットを活用できる vSphere+ をぜひお試しください。