主な製品

マルチクラウド

VMware Cloud on AWS

  • VMware が提供する Tanzu のマネージド サービスによりエンタープライズクラスの Kubernetes を容易に導入し、アプリケーションのモダナイゼーションを加速
  • NSX Advanced Firewall と Carbon Black の高度なワークロード保護により、クラウド アプリケーションのセキュリティを強化
  • 高機能を備えるアベイラビリティ ゾーンにより、可用性と耐障害性に優れたインフラストラクチャを構築可能

 

VMware Cloud on AWS Outposts

  • ベアメタルの AWS Outposts で実行されているフルマネージドの VMware Cloud のサービスをオンプレミスで利用可能
  • VMware Cloud on AWS との組み合わせにより、VMware が運用するエンドツーエンドのハイブリッドクラウドをサービスとして展開
  • オンプレミス、クラウド、ネットワーク エッジにわたり、互換性のあるインフラストラクチャと一貫性のある運用を実現

vRealize Cloud Universal

  • Standard および Advanced Edition をご利用のお客様は、vRealize Operations Enterprise Universal のアドオンにより、強化されたアプリケーション監視機能とマルチクラウド機能を利用可能
  • vRealize Operations で Horizon 環境を管理しているお客様に新しい監視機能とキャパシティ管理機能を提供する、Horizon 向け vRealize Cloud Universal のアドオンを発表
  • VMware Cloud Universal に含まれる vRealize Cloud Universal Enterprise Plus Edition により、VMware とサードパーティのインフラストラクチャにわたってエンドツーエンドでネットワークを可視化および分析可能

VMware Cloud on Dell EMC with Tanzu Services

  • VMware Tanzu サービスを使用して最新のワークロードをサポートするフルマネージドの IaaS
  • VMware Cloud Console から、Tanzu Kubernetes クラスタをマネージド サービスとして提供可能
  • Tanzu Mission Control を使用し、場所を問わずすべての Kubernetes クラスタを一元管理

VMware Cloud Disaster Recovery

  • 新しいファイルレベルのリカバリ機能、リカバリ ガイド、リソース ページにより、ランサムウェアからのリカバリを迅速化
  • 追加のソフトウェアを設定することなく、VMware Cloud on AWS の仮想マシンのデータをシンプルかつ統合的に保護

vSphere 7 Update 3

  • vSphere Client 内から NSX-T を効率的にセットアップ
  • 仮想マシン サービスが向上した AI 対応のインフラストラクチャにより、GPU ホストのサポートを強化
  • 永続メモリの耐障害性を高め、パフォーマンスを向上
  • NVMe over TCP の利用によりストレージ コストを削減

vSAN 7 Update 3

  • vSAN Data Persistence プラットフォーム上で新しいステートフル サービスを実行できる Developer-Ready インフラストラクチャを提供
  • インフラストラクチャの監視と健全性チェックの関連付けを強化して運用を簡素化し、問題解決までの時間を短縮
  • キーの永続性によってセキュリティを強化し、エッジ環境のレジリエンスを向上

vRealize Cloud Management

  • Oracle Cloud VMware Service、Google Cloud VMware Engine、Azure VMware Service の管理、アプリケーション識別に基づく監視(200 以上のアプリケーション)、vSphere with Tanzu のプロビジョニング、ネイティブ構成の自動化
  • マルチクラウドのサポート:あらゆる AWS サービスの監視、Azure と Google Cloud Platform のサポート拡張、Azure プロビジョニングのアップデート
  • 製品の使用体験の大幅な向上:EFT と NSX Advanced Load Balancer の統合、Cisco 製品向けの保証と検証のサポートの追加、SaaS 提供の拡大

 

CloudHealth by VMware

  • クラウドと Kubernetes を含む環境全体を最適化、管理、保護
  • チャージバック、ショーバック、コスト レポートの高度な機能により、財務上の説明責任を明確化
  • リアルタイムでのマルチクラウド検索と高度なリスク検知ルールにより、クラウドと Kubernetes のセキュリティを強化

Google Cloud VMware Engine

  • 新しい VMware Cloud Verified サービス(Horizon、vRealize Automation、vRealize Operations、vRealize Network Insight、NSX Advanced Load Balancer、SD-WAN)により、SDDC、Google Cloud VMware Engine、Google Cloud Platform を一元的に運用
  • クラウド ジャーニー全体にわたり時間とコストを削減(VMware Cloud の経済性に関する最新の一次調査に基づいて数値化)

Oracle Cloud VMware Solution

  • 新しい柔軟な料金オプションにより、1 年契約および 3 年契約では割引料金での利用が可能
  • パフォーマンス、セキュリティ、コンプライアンスに関する厳しい基準をクリアしており、米国 FedRAMP Joint Authorization Board による IL5 P-ATO 認定を取得
  • PROTECTED レベルの IRAP 評価を取得したことで、オーストラリア行政機関でのより幅広い活用が可能に

VMware Cloud Universal

  • VMware Tanzu Standard Edition の追加により、オンプレミス、パブリッククラウド、エッジにまたがるマルチクラウドでの Kubernetes 運用を簡素化
  • オープンソース準拠の Kubernetes をデプロイし、マルチクラウド/マルチクラスタの Kubernetes を一元管理可能
  • エンタープライズクラスのマルチクラウド インフラストラクチャ、管理機能、運用機能を柔軟に利用することで、従来型/モダン アプリケーションの両方に対応可能

Project Arctic のご紹介

  • マルチクラウドの容易な活用を支援する vSphere の SaaS 型オプション。クラウドへの接続機能が vSphere にネイティブに統合されているため、vSphere がクラウドの状況を認識できるようになり、ハイブリッドクラウドを「デフォルト」の運用モデルとして利用可能
  • オンプレミスで vCenter を使用する多くの IT 管理者が、これまで培ってきた知見を生かしながら、VMware Cloud Console からさまざまなクラウド機能を利用可能
  • VMware Cloud のキャパシティを迅速に活用し、VMware Cross-Cloud Services をデプロイ可能

Project Monterey

  • DPU を利用した分散アーキテクチャとして仮想インフラストラクチャを刷新
  • VMware Cloud Foundation と VMware vSphere を、従来型、クラウドネイティブ、ベアメタルのワークロードの統合プラットフォームとして拡張
  • DPU とサーバ ベンダーの柔軟な統合ソリューション エコシステムを提供

Project Ensemble のご紹介

  • vRealize サービスのすべての機能を単一の UI に統合し、マルチクラウドの一元管理を実現
  • ペルソナ中心およびアプリケーション中心のビジネス インサイトに基づき、機械学習を利用してユースケースを特定し、各自のニーズに合わせてインターフェイスをカスタマイズ
  • インサイトおよび分析ビューで実用的なワークフローと修正を確認し、さらに個々の vRealize サービスへ切り替えて詳細情報を表示

セキュリティ

CloudHealth Secure State

  • 統合マルチクラウド検索により、すべてのアカウント、リージョン、プロバイダーをリアルタイムで可視化しセキュリティを監視
  • 業界初のリスク検知エンジンにより、Kubernetes およびクラウド環境全体で構成エラーとコンプライアンス違反を関連付けて可視化
  • 高度なセキュリティ ポリシー抑制エンジンにより、例外リクエストを自動化して、誤検知を大幅に削減

VMware Carbon Black Container

  • 継続的インテグレーション/デリバリ(CI/CD)のパイプラインに統合されたシンプルなデプロイとセキュリティでコンテナを保護
  • セキュリティ ポリシーの適用を自動化し、適応性と耐障害性に優れたコンテナ化されたアプリケーションを提供
  • コンテナと Kubernetes 構成ファイルをビルド時から継続的にスキャンすることで、DevOps の俊敏性を維持

リスクに基づく優先順位付けにより脆弱性を管理

  • 脅威インテリジェンス、既知のセキュリティ上の弱点、従来の脆弱性評価システム(CVSS)、機械学習、予測モデルに基づき、リスクに応じて脅威を優先順位付け
  • 全体的なアラート件数を削減し、組織に真のリスクが生じる脆弱性対策に注力可能
  • ほかのチームとの連携を効率化し、パッチの適用や緩和措置が必要となる脆弱性の数を減らすと同時に、それらの判断に役立つコンテキストを提供

VMware Cloud on AWS 向けの VMware Carbon Black Workload

  • エージェントレスのデプロイにより、vSphere からワンクリックでワークロードを保護
  • 可視性を高め、脆弱性の優先順位付けを自動化することで、環境内のもっとも重大なリスクに注力
  • あらゆる環境でセキュリティを運用し、リスクと対応の分析を自動化することで、的確なアクションを確実かつ迅速に実行

単一のクラウドからマルチクラウドにわたるゼロトラスト セキュリティ

  • クラウド内の攻撃対象領域を縮小し、きめ細かな制御でワークロードを保護
  • アプリケーション コンポーネント間の API 通信を保護し、異常を検知
  • クラウド間接続のセキュリティを強化してエッジを保護。トラフィックの監視とフィルタリングにより、セキュアな Web アプリケーション通信を実現
  • 極めて高度な脅威にリアルタイムで対応し、迅速な修正プランを策定することで、ビジネスを保護しつつ連続稼動時間と信頼性を維持

 

ランサムウェアの多層防御

  • AI と機械学習を利用し、ランサムウェアが疑われる異常な内部ファイル転送やトラフィック パターンを検出
  • フル システム エミュレーションによってすべてのファイル動作を分析し、AI を活用して悪意のあるコードを検出
  • ランサムウェアの活動を自動的に関連付けて MITRE ATT&CK にマッピングすることで、SOC チームが高度な脅威を迅速に優先順位付け可能

VMware Cloud Web Security

  • ユーザーがアクセスできる Web サイトとコンテンツを制御することで、攻撃対象領域の保護を強化
  • マルウェアやゼロデイ攻撃から保護し、機密データの漏洩を防止
  • 承認済みおよび非承認のアプリケーションを可視化、管理

ネットワーク

vRealize Network Insight 6.4

  • NSX-T、Azure VMware Solution、Google Cloud VMware Engine、VMware Cloud on Dell EMC の新たな可視化インサイトを提供
  • NSX-T フェデレーション環境のサポートにより、複数の NSX-T データセンターを対象にトラブルシューティングを実行可能
  • VMware SD-WAN のデータセンター、マルチクラウド、拠点を相互に関連付けることで、アプリケーションの問題を迅速に解決

VMware SASE 4.5

  • 場所やデバイスを問わず、従業員がクラウドとデータセンターのアプリケーションにセキュアで効率的、かつ最適な方法で接続できる環境を実現
  • ネットワークとセキュリティを単一の管理画面でシンプルに運用
  • AIOps で得られる実用的なインサイトを利用し、分散した業務環境で優れたユーザー体験を提供

Edge Network Intelligence

  • ユーザー環境を可視化し、リモート ワーカーが場所を問わずあらゆるアプリケーションに接続できる環境を実現
  • エンタープライズ エッジのあらゆるデバイスでクラウド アプリケーションの運用を保証し、エンドユーザーと IoT デバイスの生産性を向上
  • AIOps を活用して、検出、ベースライン設定、監視、分析を自動化することで、プロアクティブなインサイトの取得と自己修復を実現

VMware Secure Access

  • 場所やデバイスを問わず、クラウドやデータセンターのアプリケーションに最適な方法でユーザーを接続
  • クラウドベースのトンネル サービスをユーザーの近くで提供し、VPN 接続に伴う従来のボトルネックを解消
  • ネットワークとスケーリングの自動管理により IT 効率を向上

Modern Connectivity with Tanzu Service Mesh

  • サービス メッシュと Ingress サービスを組み合わせることで、アプリケーションのモダナイゼーションに必要なエンドツーエンドの接続性、North-South および East-West のセキュリティ、可観測性を実現
  • Enterprise Edition では、サービス、API、データについて、精度の高い振る舞いベースのセキュリティ モデルを提供
  • 組み込み型の API セキュリティにより、強力なサービス ID、自動化されたキー管理、データ セキュリティ ポリシー、脅威の検知と保護、アプリケーションとデータに関する詳細かつ実用的なインサイトを提供 

アプリケーションのモダナイゼーション

Tanzu Community Edition

  • ローカル ワークステーションまたはお使いのクラウドで、VMware Tanzu の運用を数分で開始し、無償で利用可能
  • コミュニティでサポートされているオープンソースの Tanzu ソフトウェア ディストリビューションを特別な制約なく入手し、Tanzu の学習、評価、使用が可能

Tanzu Application Service

  • 長期間有効な証明書、強化された NSX-T 機能、RBAC の機能強化、TLS 1.3/TLS Everywhere により、運用担当者の負担を軽減
  • HTTP/2 のサポート、Tanzu Cloud Native Buildpacks v3、Azure と AWS 向けの新しいクラウド サービス ブローカーなど、モダン アプリケーションのビルドに必要な機能を開発者に提供

Tanzu Observability by Wavefront

  • AI/機械学習を利用した根本原因分析(ベータ版)により平均修復時間を短縮
  • ガイド付きワークフローを使用し、アクション可能なアラートを作成および微調整
  • Tanzu Mission Control を使用して Kubernetes クラスタのメトリック収集をカスタマイズ
  • Tanzu Observability(ベータ版)で vRealize Operations Cloud の SDDC メトリックを可視化し、アラートを生成
  • PromQL HTTP API の実装により PromQL サポートを強化

Tanzu Mission Control

  • VMware Cloud およびネイティブの Azure Cloud で、Tanzu Kubernetes Grid クラスタのライフサイクル全体を管理
  • Tanzu Mission Control から、Tanzu プラットフォームのコンポーネントをデプロイおよび管理
  • より多くのストレージ ロケーションをサポートし、別のネームスペースにリストアできるデータ保護を実現
  • 組み込み型のカスタム テンプレートにより、イメージ、ネットワーク、割り当ての強化されたポリシーを使用して、Policy as Code をサポート

Tanzu Mission Control Starter

  • SaaS として提供される Tanzu Mission Control の無償評価が可能
  • オンプレミスでも、お使いのクラウドでも、Kubernetes クラスタのグローバルな可視化とポリシー制御が可能
  • Tanzu Community Edition と組み合わせることで、Kubernetes ベースのコンテナ化されたアプリケーションを無償で実行および管理可能
  • ほかのプロバイダー(AKS、GKE、EKS など)の既存のクラスタを Tanzu Mission Control Starter に接続して一元管理

Tanzu Kubernetes Grid の新機能

  • Windows コンテナの試験的サポート(詳しくは、セッション APP1999 にご参加ください)
  • AWS、Azure、vSphere を対象に、Tanzu Kubernetes Grid に追加された GPU ワークロードのサポート(詳しくは、セッション APP2170 にご参加ください)
  • Tanzu CLI を使用したライフサイクル管理パッケージのサポート(拡張機能)を追加
  • VMware vSphere プラットフォーム上のクラスタ コンポーネントに異なる認証情報を指定

VMware Tanzu Standard for VMware Cloud Universal

  • Cloud Universal プログラムで Tanzu Standard Edition をスタンドアロン サービスとして使用し、Kubernetes クラスタをマルチクラウド環境で実行および管理
  • マルチクラウドの Kubernetes を一元管理するオープンソース準拠の Kubernetes ディストリビューション

Tanzu Service Mesh Enterprise

  • エンドユーザー、マイクロサービス、API、データについて、エンドツーエンドの高度な接続とセキュリティをアプリケーションに提供
  • パフォーマンス、信頼性、セキュリティ、コンプライアンスの目標達成へ向け、テクノロジーとロケーションに関する選択肢およびコントロールをアプリケーション チームに提供
  • 既存の DevOps ツールと CI/CD パイプラインにデータ セキュリティを統合し、開発者のセルフサービスを実現
  • シフトレフトを実践し、俊敏性の向上、ビジネス リスクの低減、アプリケーションのセキュリティ コンプライアンスの確保を実現できるようセキュリティ チームを支援

Anywhere Workspace

Future Ready Workforce ソリューション

  • 多要素認証およびリアルタイムでの継続的なポリシーの適用のための新しいオプションにより、ゼロトラスト戦略を強化
  • エンドポイント セキュリティ、ゼロトラストネットワーク アクセス、クラウド Web セキュリティを含む包括的なソリューションにより、セキュリティ アーキテクチャを簡素化

Horizon

  • プライベートクラウドとパブリッククラウドのプラットフォームにわたる多数の展開オプションにより、場所を問わずにデスクトップとアプリケーションを実行
  • Horizon の制御プレーンを使用する SaaS ベースの管理サービスにより、VDI とアプリケーション環境の管理を最適化
  • 最先端の統合テクノロジーによってレガシー インフラストラクチャを変革し、仮想デスクトップおよび仮想アプリケーションのプロビジョニングと管理を自動化

Workspace ONE 統合エンドポイント管理(UEM)

  • あらゆるデバイス、および OS レイヤーより下の階層の管理に最適なサポートを提供
  • Freestyle Orchestrator によるローコード/ノーコード オーケストレーションにより、UEM の簡素化および自動化を実現
  • エクスペリエンス スコアと自動化された根本原因分析により、ユーザーの生産性の測定とプロアクティブな改善
  • 新しい VMware SaaS App Management のソリューションにより、エンドポイントだけでなく SaaS アプリケーションのライフサイクル全体を管理

エッジ

VMware Telco Cloud Platform

  • コアとエッジにわたり一貫性のあるクラウドネイティブ ネットワーク機能(CNF)と仮想ネットワーク機能(VNF)の運用
  • マルチレイヤーの自動化により、ネットワーク運用を動的に制御
  • エコシステムの認定ソリューションにより新規導入を促進

VMware Telco Cloud Platform RAN

  • 5G サービス向けの水平型プラットフォームにより、RAN を 5G マルチサービス のハブへ進化
  • RAN の端にある拠点でのワークロード処理時間を最適化
  • 独自の要件を把握することで、分散する RAN 拠点全体に数千のプラットフォームを動的にプロビジョニング

VMware Telco Cloud Infrastructure

  • 業界最高レベルのマルチベンダー VNF によりテレコム クラウドを変革
  • リソース保証、監視、クローズドループ型の修正機能を使用し、最適なアプリケーション スループットを実現するネットワークを設計
  • 一貫性のある接続、統合セキュリティ、QoS を備えたサービスを提供

VMware Telco Cloud Automation

  • 特定のベンダーに依存しない標準準拠のアプローチでネットワークの機能やサービスを設計、オンボーディングすることで、ネットワーク サービスを市場に投入するまでの期間を短縮
  • ライフサイクル管理をエンドツーエンドで自動化する機能により、マルチクラウドおよびクラウドネイティブの俊敏性を運用プロセスで活用
  • 仮想マシンベースおよびコンテナベースのインフラストラクチャからワークロードをシームレスにオンボードし、オーケストレーションすることで、適応性に優れたサービス デリバリ基盤を実現

VMware SD-WAN

  • 包括的な監視、パフォーマンス管理、数分で完了するゼロタッチ プロビジョニングにより、WAN 運用を簡素化
  • あらゆる WAN リンクでアプリケーションのパフォーマンスを保証し、すべてのトランスポート ノード間でコンテンツを配信
  • クラウドへのマネージド アクセスにより、新しいクラウド環境へ容易に移行

先進テクノロジー

Project Capitola:データセントリック(データ中心)のコンピュート向け Software-Defined Memory

  • 業界をリードするメモリ/サーバ ベンダーと VMware とのパートナーシップによって実現した Software-Defined Memory を発表
  • DRAM、PMEM、NVMe にわたりメモリ層を集約
  • メモリ層全体にわたって使用モデルを一元化(アプリケーションに対して透過的)

ご興味をお持ちの方はこちら