vmware-nsx-federation

クラウド環境向けに最適化されたネットワーク

フェデレーション
  • NSX Global Manager を使用すれば、ネットワーク全体を 1 つのエンティティとして管理し、構成と運用の状態をすべてのロケーションで同期することができます。

ビデオで詳細を確認する

AWS GovCloud と Azure Government
  • 追加のキャパシティおよび最高クラスのセキュリティとコンプライアンスに加えて、クラウド ネットワークに関する高い可視性ときめ細かな制御機能が提供されます。。

NSX Cloud のデータシートを見る

VRF Lite とレイヤー 3 BGP EVPN
  • ネットワーク インフラストラクチャの占有量を減らしながら、NSX Edge 上の VRF 内でデータ プレーンのテナントとサービスの完全な分離を維持できます。

NSX Data Center のデータシートを参照する

本質的なセキュリティ

NSX Distributed IDS/IPS
  • NSX Service-Defined Firewall に新たに加わったコンテキストベースの分散型 IDS ソリューションにより、データセンター内の East-West トラフィックを保護できます。

ビデオを視聴する

L7 Edge ファイアウォールの機能強化
  • URL の分類とレピュテーションのための URL 分析の実装により、NSX L7 Edge ファイアウォールの機能が強化されます。

詳細についてはこちらをご覧ください

分散ファイアウォール(DFW)
  • NSX-T 3.0 では、NSX DFW 物理ワークロードが、既存の Linux サポートに加えて、Windows 2016 でもサポートされるようになりました。

詳細についてはこちらをご覧ください

vmware-intrinsic
vmware-network

モダン アプリケーション対応のネットワークとセキュリティ

vSphere with Kubernetes 向けのネットワーク機能
  • vSphere with Kubernetes では、分散スイッチングおよびルーティング、ファイアウォール、ロードバランシングなどの豊富なネットワーク機能セットを利用できます。

ビデオを視聴する

ネームスペースの分離と Cluster API とのネイティブ統合
  • ネームスペースの分離により、コンテキスト対応のセキュリティ ポリシーを作成できます。開発者は、Cluster API を使用することで、Kubernetes から容易にアプリケーションを外部に公開してサポートすることができます。
コンテナ ネットワーク用の柔軟な展開オプション
  • ネットワークとセキュリティに関する NSX-T の豊富な機能を、VMware vSphere with Kubernetes、VMware Tanzu、アップストリームの Kubernetes、および OpenShift のすべてで利用できます。

シンプルな運用

コンバージド仮想分散スイッチ
  • NSX-T を vSphere Distributed Switch 上に直接展開することで、ワークフローの簡素化と vCenter からの管理を実現できます。
Terraform プロバイダーと Ansible モジュールによるポリシーの機能強化
  • 広く用いられている自動化ツールである Terraform プロバイダーと Ansible モジュールの使用を拡張して、構成の生成と展開に利用できます。

ソリューションの概要についてはこちらをご覧ください

OpenStack Neutron の機能強化
  • NSX-T のポリシー プラグインを使用して、複数の NSX-T エンドポイントを抽象化し、IPv6 の追加機能の構成のオーケストレーションを実現できます。
vmware-operations