統合デジタルワークスペース プラットフォームによる、あらゆるデバイスでのあらゆるアプリケーションの提供、管理

VMware Workspace ONE は、VMware AirWatch テクノロジーが実装されているインテリジェンス ベースのデジタルワークスペース プラットフォームです。デバイスを問わず、シンプルかつセキュアにあらゆるアプリケーションの提供と管理が行えます。アクセス コントロール、アプリケーション管理、マルチ プラットフォームのエンドポイント管理などの機能が統合されており、クラウド サービスとして利用できるほか、オンプレミス環境への展開も可能です。

(1:23)

シンプルでセキュアなアプリケーション アクセスと IT 管理

Workspace ONE は、新たな可能性の実現や、急速に変化する社会における競争力向上を支援します。

デジタルワークスペースの分析とオートメーション

Workspace ONE Intelligence では、詳細な情報を収集し、インテリジェントなワークフローを構築できます。

Workspace ONE のメリット

統合エンドポイント管理

モバイル デバイス、デスクトップ(Windows 10 および macOS を含む)、耐久性デバイス、「モノ」の管理を統合することでサイロ化を解消します。あらゆるユースケース(BYO を含む)で、リアルタイムでの無線通信(OTA)による管理が行えるため、コスト削減やセキュリティ強化が実現します。

インテリジェンス ベースのデジタルワークスペース

統合化されたインサイト、アプリケーションの分析、強力なオートメーションにより、ユーザーの使用環境が向上します。またリソースの最適化や、環境全体におけるセキュリティとコンプライアンスの強化を促進します。

アクセス管理の簡素化

スマートフォン、タブレット、ラップトップなどデバイスを問わず、Windows、ネイティブ、クラウド、Web などのアプリケーションに、単一のアプリケーション カタログから、パスワードを都度入力することなくシングル サインオン(SSO)でアクセスできるため、生産性や従業員の満足度向上を図ることができます。

セキュアなデジタルワークスペース

最新の脅威を検出、修正する機能により、進化を続けるデジタルワークスペース全体を保護します。

新しい Windows 管理

最先端の包括的な PC ライフサイクル管理(PCLM)をクラウドから無線通信(OTA)で実行できるため、IT 管理に要する時間の大幅短縮やコストの劇的削減が可能です。詳細情報

仮想デスクトップとアプリケーション

これまでにないシンプルさ、柔軟性、スピード、拡張性を低コストで提供する VMware Horizon により、従来の VDI を大きく変革します。

機能

エンドポイントの統合管理

Workspace ONE UEM powered by AirWatch により、モバイル、デスクトップ、耐久性デバイス、IoT などのあらゆるデバイスを単一のコンソールから管理できます。iOS、Android、Windows、macOS、Chrome OS などの環境で、一貫性のあるプロセスとポリシーを推進します。

モバイル デバイスとアプリケーションの管理

容易な導入と構成、デバイスとデータのセキュリティ確保、アセットのインベントリと管理、リモート サポートとトラブルシューティングなどを通じて、デバイスとアプリケーションの完全なライフサイクル管理を実現します。

デバイスを意識したアクセス管理

VMware Identity ManagerWorkspace ONE UEM powered by AirWatch の連携により、適切なユーザーと適切なデバイスのみがアプリケーションにアクセスできる環境を確立します。デバイスの状態やユーザーの詳細、認証コンテキストを継続的に追跡することで、ユーザーとデバイスのリスクを判定し、リスクを伴うアクセスがあった場合は、ユーザーへの通知、段階的な認証、アクセスのブロック、デバイスからの業務データの削除などの有効な機能によって迅速に修正します。

優れた生産性向上アプリケーション

Workspace ONE のセキュアな生産性向上アプリケーションは、カタログ、E メール、カレンダー、連絡先リスト、ブラウジング、コンテンツなどに対応しており、ビジネス アプリケーションに簡単かつセキュアにアクセスできます。

インテリジェントなインサイトとオートメーション

Workspace ONE Intelligence により、デバイス、アプリケーション、ユーザーデータの集約、分析、関連付けを可能にすることで、デジタルワークスペース全体の統合化されたインサイトを取得できます。またオートメーション ツールによって、複雑なマニュアル作業やそれに伴う負担を軽減できます。

包括的で予測型のセキュリティ

Workspace ONE Trust Network によって統合されたパートナーソリューションをベースとした強力なエコシステムが実現します。これにより、リスクの継続的な監視や迅速なリスク対応が可能になることで、インテリジェント ベースの Workspace ONE プラットフォームに搭載されているセキュリティ機能を補強します。

コンテキストベースのアクションと通知

Workspace ONE Mobile Flows により、モバイル環境での E メールの効率と生産性が向上します。VMware Boxer でコンテキストベースのアクションと通知が可能になるため、Boxer 上で複数のバックエンド ビジネス システムでのタスクを完了することができるようになります。

Win32 アプリケーションへのシンプルなアクセス

あらゆるデバイス上から、重要なアプリケーションへ簡単にアクセスできます。Workspace ONE によって、単一の環境であらゆるアプリケーション(Win32 および従来の Windows デスクトップを含む)の実行が可能になり、エンド ユーザーの生産性が向上します。また、アプリケーションの種類を問わず、一貫したアクセス ポリシーとエンドポイント管理ポリシーが提供されるため、管理コストの最小化とセキュリティの強化を実現できます。

比較

ユーザーやエンドポイントに対する要件に基づいて適切なテクノロジーをお選びいただけるよう、Workspace ONE にはいくつかのエディションが用意されています。

  • Standard:セキュアなアクセスとデバイス管理
  • Advanced:統合エンドポイント管理とセキュアなモバイル アプリ
  • EnterpriseHorizon Apps によるインテリジェンスベースのセキュアなデジタルワークスペース
  • Enterprise for VDIHorizon Cloud によるインテリジェンスベースのセキュアなデジタルワークスペース

機能の比較を表示する

 

追加情報については、Workspace ONE パッケージとライセンス ガイドをダウンロードしてください。

Workspace ONE ライセンス(月単位のサブスクリプション) 

*以下の一覧にある価格は、米国市場での参考価格です。

Standard

Advanced

Enterprise

Enterprise for VDI

3.78 ドル(1 デバイスあたり)

6.52 ドル(1 ユーザーあたり)

6 ドル(1 デバイスあたり)

10.90 ドル(1 ユーザーあたり)

10 ドル(1 デバイスあたり)

15 ドル(1 ユーザーあたり)

20 ドル(1 デバイスあたり)

25 ドル(1 ユーザーあたり)

無期限ライセンスもご用意しています。価格には本番環境レベルのサポートが含まれます。Basic(ベーシック)および Mission Critical(ミッション クリティカル)サポートも利用可能です。


Workspace ONE のデバイス単位のライセンス モデルの場合、SSO およびアクセス制御テクノロジーは、管理対象デバイス上で、管理対象アプリケーションからのみ機能するように制限されます。AirWatch で管理していないデバイスからエンタープライズ アプリケーションへのアクセスを有効にする場合や、任意の Web ブラウザーからのエンタープライズ アプリケーションへのアクセスを許可する場合は、Workspace ONE のユーザー単位のライセンス モデルが必要です。また、VMware Verify はデバイス単位のライセンスでは利用できません。

VMware のソリューションが選択される理由

VMware Workspace ONE powered by AirWatch だからこそ、IT の変革とコストの削減を同時に実現する統合デジタルワークスペース プラットフォームを提供できます。競合製品と比較した VMware 製品の優位性をぜひご確認ください。

詳細情報