コンシューマー製品のようなシンプルさと、エンタープライズ レベルのセキュリティ

Workspace ONE は、シンプルでセキュアなデジタル ワークスペース プラットフォームです。アクセス コントロール、アプリケーション、マルチ プラットフォームのエンドポイントを統合管理することで、デバイスを問わずにあらゆるアプリケーションの配信と管理ができます。クラウド サービスとしての利用、またはオンプレミス環境への展開が可能です。 

(1:23)

VMware Workspace ONE

デジタル ワークスペース向けの統合プラットフォーム VMware Workspace ONE により、アプリケーションの配信と管理をセキュアかつシンプルに行えます。

Workspace ONE の概要

Workspace ONE の主な機能とメリットをご紹介します。

データシートのダウンロード

Workspace ONE の最新情報

Workspace ONE の最新機能では、ユーザーの使用環境がさらに向上し、セキュリティも強化されています。

自社製品活用事例: VMware の IT 部門による Workspace ONE の導入

導入時期と方法を決定するうえでのベースとなった VMware のゴール設定と、これまでの成果の概要をご紹介します。

ホワイトペーパーを読む

Workspace ONE の機能

アプリケーションへのアクセスと管理の簡素化

統合された単一のカタログとシングル サインオン (SSO) 機能により、スマートフォン、タブレット、ラップトップなどデバイスの種類を問わず、クラウド、モバイル、Web、Windows アプリケーションにセキュアにアクセスできます。

Windows 10 の管理方法の刷新

クラウド ベースのデバイスとアプリケーションのライフサイクル管理により、追加設定が不要な加入 (OOBE) プロセスで Windows 10 エンドポイントをシンプルかつセキュアに導入できます。

エンドポイント管理の統合

BYOD (個人所有デバイスの持ち込み) から完全に管理されたデバイスまで、あらゆるデバイスを 1 つのプラットフォームで管理しながら、従業員のプライバシーも徹底して保護します。

コストを抑えた仮想デスクトップとアプリケーションの提供

圧倒的なシンプルさ、柔軟性、スピード、拡張性を低コストで実現するため、従来の VDI を大きく変革します。

スポットライト 

Workspace ONE の概要

あらゆるデバイスからアプリケーションへシングル サインオンできる Workspace ONE の Identity Manager と、AirWatch との連携を体感できます。

戦略的な IT の優先事項

Workspace ONE による、2017 年の IT の最優先事項である 「デジタル ワークスペースの実現」 をご紹介します。

詳細情報

お客様事例: 米国赤十字

米国赤十字による Workspace ONE を活用したデジタル ワークスペースの提供をご紹介します。

Office 365 への効率的な移行

Workspace ONE が Office 365 への効率的な移行をサポートする仕組みをご紹介します。

ホワイトペーパーのダウンロード

サポート対象プラットフォーム 

AirWatch のエンタープライズ モビリティ管理機能を含む Workspace ONE では、プラットフォームや所有モデルを問わず、あらゆる端末を統合管理できます。  

Android
Mac OS
iOS
Windows

ライセンス 

Standard Advanced Enterprise
セキュアなアクセスとデバイス管理 高度な統合エンドポイント管理とモバイル アプリの保護 複数のデバイスでの Windows アプリのセキュアな利用
デバイス単位 ユーザー単位 デバイス単位 ユーザー単位 ユーザー単位

3.50 ドル/月

クラウド サブスクリプション

6 ドル/月

クラウド サブスクリプション

5.50 ドル/月

クラウド サブスクリプション

10 ドル/月

クラウド サブスクリプション

23.25 ドル/月

クラウド サブスクリプション

50 ドル

無期限ライセンス

オンプレミス型

90 ドル

無期限ライセンス

オンプレミス型

90 ドル

無期限ライセンス

オンプレミス型

180 ドル

無期限ライセンス

オンプレミス型

400 ドル

無期限ライセンス

オンプレミス型

 

比較

機能
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 アクセス ポータル
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 フェデレーション シングル サインオン (SSO)*
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 多要素認証*
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 ワンタッチ SSO*
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 条件に基づいたアクセス*
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 リスク ベースの条件に基づいたアクセス*
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 E メールのアクセス管理
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 セキュア E メール ゲートウェイ
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 DLP とコンテナ SDK によるモバイル アプリケーション管理 (MAM)
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 モバイル アプリケーションのコンテナ化 (E メール、ブラウザー、コンテンツ)
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 アプリケーション単位の VPN トンネリング
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 アプリケーション ラッピング
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 モバイル デバイス管理 (MDM)
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 専用デバイスの管理 (OEM)
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 ウェアラブル デバイスと周辺機器の管理
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 リモートでの診断とサポート
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 高度なデスクトップ管理
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 テレコム管理
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise
機能 仮想アプリケーションと仮想デスクトップ (Horizon)
Workspace ONE Standard
Workspace ONE Advanced
Workspace ONE Enterprise

*注: Workspace ONE のデバイス単位のライセンス モデルの場合、SSO とアクセス制御テクノロジーは、管理対象デバイス上で、管理対象アプリケーションからのみ機能します。AirWatch で管理していないデバイスからエンタープライズ アプリケーションへのアクセスを有効にするか、任意の Web ブラウザーからエンタープライズ アプリケーションへのアクセスを許可するには、Workspace ONE のユーザー単位のライセンス モデルが必要です。

詳細な比較表を確認