インテリジェントなデジタルワークスペースの保護

VMware Workspace ONE は、本質的かつゼロトラストのセキュリティと業界をリードする最新の管理機能を組み合わせて、IT 部門がユーザーのデジタルワークスペース、アプリケーション、エンドポイントをプロアクティブに保護できるよう支援します。

(2:38)

業務効率を向上させるセキュアな IT 環境の構築

VMware Workspace ONE では、デジタルワークスペースを適切に保護しながら、従業員のニーズに応える IT テクノロジーを備え、業務効率を向上させる IT 環境を構築できます。

デジタルワークスペース戦略を妨げるセキュリティ問題の解消

最新のデジタルワークスペース戦略におけるもっとも深刻な課題への対処方法や、Workspace ONE と Workspace ONE Trust Network の仕組みについて解説します。

ホワイトペーパーを読む

進化するデジタルワークスペースの保護

進化するデジタルワークスペースを保護する 8 つの重要なセキュリティ機能をお確かめください。

eBook をダウンロード

Workspace ONE のメリット

セキュリティの重視

ユーザー、アプリケーション、エンドポイントのすべてに対応するゼロトラスト セキュリティにより、相互に接続された最小権限のシステムが確立され、セキュリティを損なうことなく、業務効率の向上を実現できます。

Unified Access と最新の管理

クラウドベースのアクセスおよびエンドポイントの管理により、デバイスの健全性とセキュリティの状態をインテリジェントに強化でき、IT 部門で管理するアプリケーションへのセキュアなアクセスを確保できます。

予測型のインサイトと自動化

リアルタイムでの継続的な監視により、デジタルワークスペース全体を可視化でき、既知の脅威だけでなく未知の脅威からもプロアクティブに保護するのに役立ちます。強力な意思決定エンジンによる修正の自動化も利用できます。

統合されたパートナー ソリューションのエコシステム

Workspace ONE Trust Network により、既存の最適な投資の組み合わせを活かして、セキュリティをさらに効率化できます。VMware Solutions Exchange で、パートナー ソリューションをご確認いただけます。

Workspace ONE のセキュリティ機能

オープン プラットフォーム

オープンなセキュリティ エコシステムと Workspace ONE の間の通信を可能にする API を活用した検証のフレームワークにより、セキュリティと管理が簡素化されます。

アクセス管理

アプリケーションのプロビジョニング、セルフ サービス カタログ、多要素認証、シングル サインオン(SSO)といった機能をあらゆるアプリケーションに提供できます。

コンテキストベースのポリシー

デバイスのコンプライアンス状況、ユーザー認証の強度、データの機密性、ユーザーの場所など、条件に基づくアクセス ポリシーによる認証の制御が可能です。

情報漏洩防止対策(DLP)ポリシー

最新の管理により、デバイスレベルのデータの暗号化、アプリケーションのブラックリスト、Wi-Fi のセキュリティなどのポリシーを設定できます。マルウェア、悪意のあるアプリケーション、不正改造されたデバイスといった脅威を監視し、リモート ロック、デバイスデータワイプ、アクセス コントロールなどの機能を活用して、自動的に問題を修正します。

分析

Workspace ONE Intelligence によって提供される脅威データ、デバイスのコンプライアンス状態、リスク分析の包括的なインサイトにより、リアルタイムでのセキュリティ問題の特定や、リスクの低減が可能です。デバイスのコンテキストとユーザーの行動に基づいて、ユーザーのリスク スコアを継続的に検証します。

セキュアなアプリケーション

Workspace ONE Boxer、Workspace ONE Web、Workspace ONE Content といった Workspace ONE のセキュアな業務アプリケーションに組み込まれたセキュリティ制御の機能を活用できます。それ以外のすべてのアプリケーションおよびクラウド サービスについても、脅威を検出し、自動的に修正できます。

暗号化

デバイス上のアプリケーションからデータセンターへのトラフィックを認証し、暗号化します。AES 256 ビット暗号化を使用してアプリケーションの保存データおよび転送中のデータを保護できます。

マイクロセグメンテーション

VMware NSX との連携により、マイクロセグメンテーション機能を使用してデータセンターの攻撃対象領域を最小化し、ネットワーク全体のセキュリティ保護を自動化できます。