従業員のモバイル環境での生産性を向上

Workspace ONE Boxer を導入すると、従業員は会社のセキュリティ ポリシーとインフラストラクチャに従いながら、モバイル デバイスで単一のアプリケーションを通じて E メール、カレンダー、連絡先、ファイルを柔軟に利用できるようになります。Boxer は、世界中の各業界固有の要件を含む、さまざまな認証方法とセキュリティ ポリシーに対応しています。

管理の効率性

Workspace ONE Boxer では、管理者は、会社のセキュリティ要件に合わせて構成された安全な E メール機能を数千人の従業員に簡単に展開できます。

最高レベルのビジネス セキュリティ

Boxer では、世界中の業界固有の要件を含む、さまざまな認証方法とセキュリティ ポリシーを管理者が必要に応じて組み合わせて使用することで、エンタープライズレベルのセキュリティを実現できます。

カスタマイズ性

Workspace ONE Boxer では、エンドユーザーは、セキュリティや多様な機能を損なうことなく、自由かつ直感的にカスタマイズできます。

従業員体験

Workspace ONE Boxer は、シームレスなユーザー体験を実現するために、幅広いニーズに対応するよう設計されています。ユーザーは独自の機能を使用して、外出先でも効率的かつ生産的に作業できます。 

関連リソース

Workspace ONE Boxer のデータシート

Workspace ONE Boxer の主な機能と、場所を問わず高速かつ安全な環境で高い生産性を発揮できるよう従業員を支援する仕組みの詳細をご確認ください。

NIAP 認定の再取得

Workspace ONE Boxer は、米国の国家情報保証パートナーシップ(National Information Assurance Partnership)の Common Criteria 認定を再取得しました。

エンタープライズ コンテンツによる連携

Boxer から、Workspace ONE Content で設定されたリポジトリにアクセスして、会社のクラウドでシームレスに共同作業を行うことができます。

FAQ

Workspace ONE Boxer は、iOS および Android デバイス向けの最新のモバイル向け E メール、カレンダー、連絡先、ファイル アプリケーションであり、情報漏洩防止対策や会社独自のセキュリティ機能を適用しながら、エンタープライズ メール サーバとエンドユーザーの安全な接続を実現します。

Workspace ONE Boxer を構成および展開するためには、組織は Workspace ONE UEM Console を使用する既存の Workspace ONE のお客様である必要があります。管理機能に加えて、Office 365、Exchange 2013 以降、HCL Notes、Google Workspace などのサポート対象のメール サーバが必要です。

はい。

はい。Boxer は、複数の管理対象アカウント、共有アカウント、委任アカウント、個人用アカウント(Gmail、Yahoo など)をサポートしています。これらはすべて構成可能であり、業務用アカウントだけに制限することもできます。

はい。エンタープライズ コンテンツは、Workspace ONE Content アプリケーションに対応する Workspace ONE Boxer の機能であり、Workspace ONE Content で設定されたリポジトリに接続して、会社のクラウド リポジトリでファイルを簡単に表示、保存、送信できるようにします。

導入に向けて

Workspace ONE Boxer は、E メール、カレンダー、ファイル、連絡先をどこからでも安全に利用できるようにして、社内のコラボレーションを促進する基盤を提供します。