アプリケーションのパフォーマンスとモバイル アプリにおけるユーザー体験の向上

Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps により、消費者向けアプリケーションのデータを自動的に取得、解析できるため、問題の迅速な解決、顧客満足度の向上、解約率の低減などのデータに基づいた意思決定を支援します。

Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps のご紹介

Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps の主要な機能とメリットについて詳しく解説します。

Workspace ONE Intelligence による補完的機能の提供

Workspace ONE Intelligence で得られるインサイトと分析により、従業員向けアプリケーションのユーザー体験を向上できます。

Workspace ONE Intelligence for Consumer Apps の機能 

問題の迅速な解決

ユーザー体験を低下させる影響のあるアプリケーションのパフォーマンス データに基づいたインサイトを活用し、迅速に問題を解決するとともにユーザーへの影響度に基づき優先すべき開発作業を決定することができます。

解約率の低減

データを活用してアプリケーション内でもっとも重要なフローを特定し、アプリケーションのクラッシュによる影響を判断することで、ユーザーの解約率を低減します。

顧客満足度の向上

モバイル アプリのダウンロード、利用、解約に影響するパフォーマンス データの分析、定量化により、モバイル アプリの利用率を向上させます。

アプリケーション インテリジェンス(アプリ利用情報)の提供

特定のアプリケーションに対する迅速な対応をサポートするアプリ利用情報を取得できるため、より高品質なアプリケーションの提供、迅速な機能強化、ユーザー体験の向上が可能です。

機能 

アプリケーションのパフォーマンス

コード 1 行で、開発者が問題を迅速に特定し修正することができます。エラー率や応答時間など、消費者向けアプリケーションのサービスおよび API のメトリックをプロアクティブに監視することにより、クラッシュや失敗したフローをすばやく診断し、アプリケーションの問題を容易に特定することができます。

ビジネス インサイトの把握

強力かつカスタマイズ可能なダッシュボードとレポートで重要なアプリケーションに関する情報を表示し、モバイル オペレーティング システム全体を包括的に可視化することができます。

ユーザーの振る舞い

ログイン、決済、請求など、アプリケーションでもっとも重要な操作に影響を与える要因をモバイル ビジネス事業者が把握できるよう支援するのが User Flow 機能です。これにより、開発者が優先的に取り組むべき問題を特定することができます。

アプリケーションのダウンロード数と利用率の把握

1 日および 1 か月あたりのアクティブ ユーザー数を、オペレーティング システム、デバイス、アプリケーションのバージョンなどの要素ごとに分析することで、アプリケーションのダウンロード数や利用状況を把握できます。アプリケーションのユーザー行動メトリックを可視化できるため、アプリケーションのパフォーマンスと利用状況の相関関係を確認することが可能です。