Anywhere Workspace を推進する Intelligence

Workspace ONE Intelligence は、Anywhere Workspace のコア データ プラットフォームを構成しています。複数のソースからのデータを集約、関連付け、分析し、あらゆる EUC サービスにわたるレポート、ダッシュボード、自動化、アラート、機械学習をサポートします。IT 部門では統合されたインサイトと自動化機能により、従業員のデジタル体験をプロアクティブに改善し、セキュリティ リスク関連のコンプライアンスを強化し、IT 運用を最適化することができます。

従業員の生産性向上

従業員体験に影響を与えるデジタルワークスペースのメトリックを監視できます。問題をプロアクティブに特定し、根本原因を分析して、迅速に修正を行うことができます。

IT 部門の効率性と俊敏性の向上

環境内の内部ツールからサードパーティ ツールにまで対応する強力な自動化エンジンを使用して、IT 作業、問題解決、およびパッチの展開を高速化できます。

統合型のセキュリティ戦略を提供

新たなセキュリティ上の脅威と脆弱性を検出して対応し、ユーザーの行動とデバイスのコンテキストに基づいて継続的にリスクを検証できます。

データ主導のスマートな意思決定

豊富なデータ ポイントのセットに基づく機械学習モデルを活用して、デスクトップおよびモバイルデバイス、OS、アプリケーション、ユーザーなど、クロスプラットフォームのデジタルワークスペース全体にわたる深いインサイトを得ることができます。

Workspace ONE Intelligence のメリット

高度な表示機能

デジタルワークスペース全体にわたる複数のソースからのデータを集約および相互に関連付けて、環境 KPI を視覚化し、傾向を把握して、問題を特定できます。

自動化エンジン

事前定義されたルールと豊富なパラメーター セットに基づいて、IT ワークフローを調整および自動化できます。REST API 経由で、ワークフローを利用したいサードパーティ ツールに拡張できます。

従業員のデジタル体験

デバイスの健全性、OS、アプリケーションのパフォーマンス、ユーザー、ネットワークなどの豊富な複数のメトリックを追跡して、問題をプロアクティブに特定し、自動化によりトラブルシューティングと修正を実行できます。

リスク分析

さまざまなデータ ソースからのデータを関連付けて分析し、機械学習を活用して、ユーザーの活動やデバイスのコンテキストに基づきユーザーのリスク スコアを計算します。

アプリケーションの分析

モバイル アプリケーション分析により、アプリケーションのパフォーマンスと導入状況を把握できます。重要なユーザー フローとネットワーク インサイトを分析して、問題をプロアクティブに特定し解決できます。

脅威の軽減

CVE リストや Workspace ONE Trust Network などの外部ソースからの脅威データを集約し、環境に関連するリスクを分析して、自動化機能を使用して修正を実行できます。

関連リソース

Workspace ONE のデータシート

Workspace ONE Intelligence のデータシート

Workspace ONE Intelligence 導入のメリットとユースケースの詳細情報

IDC が VMware を統合エンドポイント管理分野のリーダーに位置付け

The Forrester Wave:End User Experience Management

2020 年第 4 四半期の The Forrester New Wave™:End User Experience Management レポートで、VMware は「Strong Performer」に位置付けられました。

FAQ

Workspace ONE Intelligence は、デジタルワークスペースのインサイト、分析、および自動化を提供します。ダッシュボードとレポートにより、セキュリティ リスクと従業員のデジタル体験を確実に可視化し、自動化エンジンを使用して、ポリシーベースによる迅速なデータ主導型のアクションを実施できます。

Workspace ONE Intelligence は、Workspace ONE プラットフォーム向けのサービスです。Workspace ONE Enterprise の一部として、または Workspace ONE Advanced/Standard のアドオンとしてご購入いただけます。詳細については、営業部門にお問い合わせください。

VMware のお客様は、Workspace ONE Intelligence をさまざまなユースケースに活用されています。次に、いくつかの例をご紹介します。

- デバイスの健全性のモニタリング

- アプリケーションの分析とパフォーマンス管理

- OS 追跡

- Windows 10 のコンプライアンス確保

- CVE 管理

- 条件に基づいたアクセス管理

- その他にも数多くのユースケースがあります

デジタル従業員体験管理(DEEM)は、Workspace ONE Intelligence で利用できる一連の機能です。これを使用することで、IT 管理者は従業員体験に影響を与える要因とデジタルワークスペースの KPI をよりよく理解し、修正策を実行することができます。詳細については、こちら

リスク分析機能では、さまざまなソースからのデータが分析され、リスクとなる可能性のある行動が特定されます。機械学習を活用することで、デバイスのコンテキストとユーザーの行動に基づいてユーザーのリスク スコアを算出し、ゼロトラストの柱となる継続的な検証と条件に基づいたアクセスを実現できます。

Workspace ONE Trust Network とは、業界をリードするセキュリティ パートナーが Workspace ONE Intelligence と連携し、脅威データをプラットフォームに取り込むフレームワークです。管理者は自社の環境に関連する脅威を視覚化して対処し、組織全体のセキュリティの状態を強化できます。

はい、Workspace ONE Intelligence のカスタム コネクターを使用することで、REST API をサポートするあらゆるサードパーティ ツールやカスタム ツールと統合できます。すぐに利用可能な統合ツールには、ServiceNow と Slack があります。

導入に向けて

Workspace ONE は、IT の変革、コストの削減、包括的な従業員のモバイル活用の支援などに向けた統合プラットフォームを提供する、業界屈指のソリューションです。