iOS デバイス管理の自動化

Workspace ONE を使用すると、Apple at Work BYO、企業所有プログラム、または共有デバイスプログラムの導入を高速化できます。自動化された iOS デバイス管理により、競争上の優位性を確保できます。無線通信(OTA)により、ゼロ IT タッチで iOS デバイスの導入、ワーク プロファイルの構成、業務データの保護を提供できます。プライバシーが組み込まれた インテリジェントなセルフサービス ワークスペースで、従業員を支援できます。

デバイスのライフサイクル管理

Apple Business Manager と連携して、デバイスを迅速かつ大規模にオンボードできます。ポリシーやパッチのライフサイクルを自動化します。Mac と Apple TV、iPhone、iPad、iPod を統合管理できます。

セキュリティとプライバシー

無線通信(OTA)によるポリシー制御により、セキュリティの状態を強化し、業務データを保護します。業務リソースを使用してデバイスに関する豊富な分析情報を取得できる一方で、IT 部門によるユーザーの個人情報へのアクセスは制限されます。

アプリケーション管理

あらゆる iOS デバイス上のあらゆるアプリケーションにわたり、アプリケーションのライフサイクル全体(調達から展開まで)を管理できます。安全性の高いエンタープライズ カタログを介したサイレント インストール、プロンプト インストール、またはセルフサービス インストールにより、アプリケーションの配信を簡素化できます。

プライバシー保護と生産性の向上

シングル サインオン(SSO)対応のセルフサービスの統合アプリケーション カタログテレワーク支援を提供する Assist、ユーザー データを保護する Privacy Guard を提供することで、作業する場所を問わず iOS デバイス上で快適な従業員体験を実現できます。

関連リソース

Log Insight の概要

iOS における Workspace ONE UEM のデータシート

Workspace ONE UEM を使用することで、iOS デバイスの管理を容易にし、従業員に優れた体験を提供することができます。

製品評価ガイド

iOS における Workspace ONE UEM の eBook

Workspace ONE の機能により、従業員体験を向上させると同時に、iOS デバイス、アプリケーション、セキュリティを管理する方法を、さまざまなユースケースで詳細に解説します。

vRealize Log Insight の製品解説

iOS 向け業界のテンプレート

長年の Apple とのパートナーシップのなかで数百万台のデバイスの管理に関わった経験を元に、ワークフロー、アプリケーション、ポリシーの推奨事項をご紹介します。

FAQ

  1. ユーザー加入:OOB でのデバイスのアクティベーションと構成を自動化できます。
  2. 統合アプリケーション カタログ:ユーザーによるセルフサービス、管理者制御によるアプリケーションのダウンロードや管理を利用することができます。
  3. 共有デバイス モード:チェックインとチェックアウトの機能により、複数のユーザーが体験をパーソナライズできます。

ユーザー加入は、ユーザーのプライバシーに重点を置いた新しい BYOD の加入シナリオです。組織は、ユーザーが加入したデバイス上でアプリケーション、コンテンツ、シングル サインオン(SSO)を提供し、ユーザーが必要な業務を行えるようにすることができますが、デバイス管理機能のすべてにアクセスしたりデバイス固有の識別情報にアクセスしたりすることはできません。

Apple の「ユーザー登録」(ユーザー加入)機能は最新の加入方法です。この方法を使用すると、デバイスの業務データと個人データが自動的に分離されます。企業のリソースを保護すると同時に、ユーザーのプライバシーを保護することになります。別の方法として、Workspace ONE Intelligent Hub にユーザーがログインすることにより、アプリケーションやほかのリソースにアクセスできるようになります。

Workspace ONE では、認証にネイティブ iOS Kerberos 機能を使うことも、VMware Workspace ONE Access で開発された、SAML と Kerberos 間の接続を提供するテクノロジーを使うこともできます。詳細については、このホワイトペーパーをご確認ください。

チェックインとチェックアウトのプロセスにより、複数のユーザー間で iPad を共有できます。Workspace ONE Intelligent Hub では、ユーザーは iOS デバイスにサインインし、割り当て済みのアプリケーションとコンテンツを利用して、仕事が完了したらサインアウトします(これで次のユーザーが iOS デバイスを使用できるようになります)。

Workspace ONE Intelligent Hub は、シングル サインオン(SSO)対応の SaaS、ネイティブ アプリケーション、仮想アプリケーションで構成される統合アプリケーション カタログを使用して、あらゆる Apple プラットフォーム(iOS、iPadOS、macOS)上で一貫性のある操作性を提供します。People Search、サポート、企業内コミュニケーションなどのリソースが、すべて一か所で提供されます。

導入に向けて

VMware Workspace ONE は、単一(ONE)の管理ソリューションとして、あらゆるデバイスの種類に対応しており、さまざまなユースケースで活用できる包括的な統合プラットフォームです。