従業員が選択した Mac が使用できる

従業員が好きなデバイスを使用できるようにすることで、従業員エンゲージメントと満足度を高めることができます。Workspace ONE は、Mac 向けの Apple at Work および Employee Choice プログラムを利用できる、最新の統合デバイス管理ソリューションです。簡単な導入、自動化された管理、リアルタイムのセキュリティにより、macOS デバイスを使用する従業員に優れた体験を提供できます。

ゼロタッチ オンボーディング

Apple Business Manager や Apple School Manager を使用して、完全に自動化されたオンボーディングを利用できます。カスタム画面、モダンな認可方法、進捗状況インジケーター、ローカル アカウントの作成により、優れたユーザー体験を提供できます。

セキュリティとプライバシー

無線通信(OTA)によるポリシー制御により、セキュリティの状態を強化し、業務データを保護します。業務リソースを使用してデバイスに関する豊富な分析情報を取得できる一方で、IT 部門によるユーザーの個人情報へのアクセスは制限されます。

macOS アプリケーションのギャップをカバーする

VMware Horizon の技術を使用すると、macOS デバイス上の仮想化アプリケーションへのシングル サインオン(SSO)アクセスにより、macOS プラットフォームでサポートされていない重要なソフトウェアにユーザーがアクセスできるようになります。

プライバシー保護と生産性の向上

シングル サインオン(SSO)対応のセルフサービスの統合アプリケーション カタログテレワーク支援を提供する Assist、ユーザー データを保護する Privacy Guard を提供することで、作業する場所を問わず、macOS 上で快適な従業員体験を実現できます。

macOS 管理機能

macOS デバイス管理

OS およびアプリケーション ライフサイクル管理向けの MDM ファーストのアプローチで、スクリプトとセンサー、コマンドライン管理ツールキット、ノーコードの自動化ワークフローを提供する高度なカスタマイズ機能が満載されています。

macOS のアプリケーション管理

Workspace ONE Intelligent Hub により、macOS 上の指定されたアプリケーションへのシングル サインオン(SSO)が可能でアプリケーションは自動で読み込まれるため、IT 部門の介入を最小限に抑えることができます。

導入のカスタマイズ

Bootstrap Package でデバイスを加入するとすぐに Munki などのインストーラー パッケージがデバイスに展開されるようにすることができます。

条件に基づいたアクセスとデバイス コンプライアンス

組み込み型のゼロトラスト セキュリティにより、デバイス コンプライアンスと振る舞いの異常が分析されます。アクセスを許可または拒否したり、紛失した Apple デバイスを自動修正またはリモート ワイプしたりできます。

FileVault の暗号化

macOS コンピューター上で暗号化ポリシーを適用してデータを保護し、Workspace ONE に格納されたリカバリ キーをエスクローして、後でキーを回復できるようにします。

高度なインテリジェンスと自動化

Workspace ONE Intelligence は、強力な自動化とオーケストレーション エンジンを提供し、セキュリティと従業員体験を向上させる機能を提供します。

関連リソース

macOS 管理データシート

macOS 管理データシート

Workspace ONE UEM がどのように macOS デバイスの管理を容易にし、従業員体験を改善するかについての概要をご紹介します。

従業員に Mac を選択する自由を提供:eBook

従業員に Mac を選択する自由を提供:eBook

Workspace ONE の機能が、さまざまなユースケースにおいて macOS デバイス、アプリケーション、セキュリティにどのように対応するのかを、従業員体験に重点を置きながら詳しく説明します。

導入に向けて

VMware Workspace ONE は、単一(ONE)の管理ソリューションとして、あらゆるデバイスの種類に対応しており、さまざまなユースケースで活用できる包括的な統合プラットフォームです。