概要

ユーザーがよく使用するアプリケーション内のビジネス システムから、タスクの優先度の設定と実行、リアルタイムの情報の取得を容易に実行

  • ユーザーが外出先で生産性を発揮し、大量のタスクや情報を効率的に管理できるように支援
  • 外出先でも、対応が必要となるタスクの優先順位や意思決定のための関連情報を確認し、迅速に処理することが可能な単一の環境
  • タスクを完了したり情報を取得したりするために複数のアプリケーションやサービスを開く必要がなくなるため、モバイル環境での生産性が向上
  • ビジネス アプリケーション、サービス、ツールの導入を促進

最小限の時間と労力で、カスタマイズされた使用環境と新しいレベルの生産性をセキュアに実現

  • あらゆるバックエンド ビジネス サービスから Workspace ONE Boxer または Workspace ONE Intelligent Hub へのカスタム ワークフローを作成できる
  • Salesforce、ServiceNOW、Concur、Coupa の承認を Workspace ONE Intelligent Hub に自動的に展開するため、カスタム作業が不要
  • VMware の事前構築済みのコネクターを利用したり、GitHub または VMware {code} にある Mobile Flows のオープンソース フレームワークを参照して、最小限の開発作業で独自のコネクターを作成したりすることが可能
  • VMware {code} の Workspace ONE® 開発者コミュニティに参加すれば、チュートリアル、ドキュメント、タウンホール、ディスカッションなどを利用可能

スポットライト

Workspace ONE を選ぶ理由

Workspace ONE 統合エンドポイント管理(UEM)テクノロジーにより、デジタルワークスペースの統合プラットフォームである VMware Workspace ONE がさらに強化されました。

ハンズオン ラボ:Workspace ONE の導入

統合デジタルワークスペース プラットフォームの機能と特長を、お使いのブラウザーから簡単にご確認いただけます。

FAQ

エンタープライズ モビリティ管理(EMM)は、BYO と会社所有の両方を含む組織内のすべてのデバイスの管理、構成、セキュリティを一元化する、デバイスやプラットフォームに依存しないソリューションです。EMM では、従来のデバイス管理に加え、企業のアプリケーションとコンテンツの管理や構成も行います。

包括的な EMM ソリューションには、MDMMAMモバイル コンテンツ管理(MCM)、アクセス コントロールのための ID 管理のほかに、業務用の E メールやカレンダー、連絡先、コンテンツ リポジトリ、イントラネット サイトを簡単に利用するための業務アプリケーションが含まれます。EMM ソリューションを適切に導入すれば、IT 部門の管理とセキュリティを簡素化する技術的機能が得られると同時に、従業員の快適な使用環境も実現できます。

モバイル デバイス管理(MDM)は、IT 部門がデバイスにインストールされた MDM プロファイルを通じてモバイル デバイスを展開、構成、管理、サポート、保護できるようにする、デバイスのライフサイクル管理テクノロジーです。MDM ソフトウェアは、資産インベントリ、無線通信(OTA)による E メール、アプリケーション、Wi-Fi の構成、リモート トラブルシューティング、およびデバイスとデバイス上のエンタープライズ データを保護するリモート ロック/リモート ワイプ機能を提供します。MDM は、包括的なエンタープライズ モビリティ管理(EMM)ソリューションの基盤となります。

統合エンドポイント管理(UEM)を導入すると、IT 部門はモバイル、デスクトップ、IoT デバイスの管理にそれぞれ個別のツールを使用する必要がなくなります。UEM ソリューションでは、デスクトップおよび PC システム向けの従来型のクライアント管理と、最新のエンタープライズ モビリティ管理(EMM)フレームワークを組み合わせて、包括的かつユーザー中心のアプローチですべてのエンドポイントを管理できます。包括的な UEM ソリューションにより、すべてのエンドポイントにわたるユーザーの管理と一貫性のあるエクスペリエンスの提供、およびデバイスのライフサイクル全体にわたる保護と管理が実現し、IT 部門はそれらすべてを単一の包括的なプラットフォームで行えます。

BYOD は、従業員の個人デバイスを業務目的で使用することを許可する IT ポリシーです。EMM プラットフォームを使用すると、デバイス上の業務データと個人データを分離することで、セキュリティや従業員のプライバシーを犠牲にすることなく BYOD 戦略を実装できます。この分離により、IT 部門は、従業員が所有するデバイス上の業務データのみを管理および保護できます。デバイスが侵害を受けた場合、または従業員が企業を退職した場合は、業務関連のデータのみを削除し、デバイス上の個人アイテムはそのまま残すことができます。

ご興味をお持ちの方はこちら