インテリジェンスを活用した業界をリードする最新の管理プラットフォーム

最新の管理による従業員体験の向上

ブライアン・マッデン(Brian Madden)と Forrester の Andrew Hewitt 氏による対談です。最新の管理が IT、セキュリティ、従業員体験に与える影響や、重要なポイントである「どのようにして最新の管理を実現するか」について議論します。

Windows 10 向けの最新の管理を導入するためのプロセスの構築

IT アーキテクトが Windows 10 向けの最新の管理手法を導入するにあたり、どのようなステップが必要でしょうか?このホワイトペーパーでは、Windows 10 の管理手法を変革するプロジェクトを成功裏に進めるうえで重要な要素である環境の規模、セキュリティ、変更管理、運用などについて解説します。

インテリジェンスを活用した最新の管理による IT 変革の促進

Workspace ONE により、物理/仮想環境を問わず、エンドポイント、アプリケーション、そしてエンタープライズ サービスにわたり、クラウドベースによる最新の管理の導入を実現できます。業界をリードするプラットフォームにより、詳細な管理機能、リアルタイムのコンプライアンス、データに基づくインサイトを提供し、IT 運用の簡素化、セキュリティの強化、従業員によるあらゆるアプリケーションとデバイスに対応する環境の利活用を支援します。

IT 運用の簡素化

IT 予算の 80% は日常的な管理タスクに費やされています。 Workspace ONE は、SaaS ファーストの統合プラットフォームにより、IT 運用を簡素化して総所有コスト(TCO)を削減します。

セキュリティの強化

セキュリティ脅威の 95% はエンドポイントで発生します。Workspace ONE はエンタープライズ クラスのセキュリティを備えており、場所を問わずあらゆるエンドポイントで最新の脅威に対抗します。

従業員体験の向上

今日では、IT 部門の 3 分の 2 に対し、ユーザー体験と IT サービスに対する満足度を基準とした評価が実施されています。Workspace ONE は、優れた生産性を発揮できる業務環境の提供に貢献します。

Workspace ONE の最新の管理機能

クロス プラットフォームのサポート

業界をリードする統合エンドポイント管理により、エンドユーザー コンピューティング領域全体(モバイル、デスクトップ、仮想、高耐久性デバイス、「モノ」)にわたる各プラットフォームで詳細な管理を実現します。

仮想デスクトップと仮想アプリケーション

優れた柔軟性により、あらゆるデバイスやクラウドに対して、すべての Windows アプリケーションをデスクトップ上でネイティブに提供したり、仮想インスタンス内で提供したりすることができます。

オープン エコシステム

オープン API による統合を通して、IT システム(ITSM、ソフトウェア資産管理、人事、セキュリティなど)全体をオーケストレーションできるため、現在から将来にわたるエンドユーザー コンピューティングに対する総合的な投資対効果を最大化することが可能です。

リアルタイム管理

無線通信(OTA)技術を活用したクラウドベースの管理により、IT 部門はあらゆるネットワークのすべてのエンドポイントにアクセスできるほか、ポリシー、パッチ、アプリケーションのバージョンを常に最新の状態に保つことができます。

分析および自動化

ハードウェアからソフトウェアにわたる豊富なインサイトと高度にカスタマイズ可能な自動化により、常にコンテキストに対応しながら、ワークスペースのセキュリティとユーザーの生産性を維持することができます。

柔軟な展開

厳格な規制要件があり、コンソールの更新を詳細に管理する必要があるお客様環境でも、クラウドファーストのソリューションを柔軟にオンプレミスへ展開できるオプションが用意されています。

最新の PC 管理

単なる MDM にとどまらず、クラウドからの包括的な PC 管理ワークロードの実行と自動化を可能にし、従来の PC 管理から最新の PC 管理への移行を簡素化します。

新入社員が初日から業務を行える環境

あらゆるデバイスに対しすぐに利用可能なオンボーディング機能により入社初日から業務を行える環境に加え、あらゆる業務用アプリケーションとサービスを網羅する、非常にセキュアなセルフサービス カタログを提供します。

Windows 10 の最新管理の迅速な導入を支援

Workspace ONE は、クラウドベースの Windows 10 による包括的な最新の管理とインテリジェントな自動化の組み合わせにより、ユーザーの生産性向上、セキュリティの強化、IT の簡素化を実現します。また、あらゆるワークロードにわたり従来のクライアント管理ツールと共存させ、最新の管理への包括的な移行を加速する自動化機能を備えています。

オンボーディング

IT 部門の介在を必要としない豊富なオンボーディング オプションにより、複雑な設定なしですぐに PC を使用可能

工場出荷時にアプリケーションがプリインストールされており、従来のようなイメージングが不要。新入社員が初日から業務可能な環境の提供とコスト削減に貢献

構成

ハードウェアからソフトウェアまでに至るあらゆるポリシーをクラウドからリアルタイムに構成

無線通信(OTA)経由での BIOS とファームウェアの設定が可能なほか、ベースラインの適用により Windows 10 Group Policy Objects(GPO)に対応

パッチ適用

UEM と Intelligence により、常に最新のパッチをきめ細かく適用

CVE との連携および OS などのアップデートの自動化を実現することで、PC を深刻度の高い攻撃からリアルタイムで保護

ソフトウェアの配布

Win32 を含むすべてのアプリケーションにわたるライフサイクル管理と、サーバの設置が不要なピアツーピア配信が可能

エンタープライズ アプリケーション リポジトリ(パッケージングおよびテスト済みの代表的な Win32 アプリケーションを取得できる、IT 部門向けの単一ソース)を提供

セキュリティ

自動化された非常にきめ細かなコンプライアンス対応機能により、自動的に迅速な修正が可能

高度な暗号化ライフサイクル管理機能と Workspace ONE Sensor により、あらゆるシステム パラメーターに関するコンプライアンス レポートを生成可能

自動化

ルールベースの自動化により日常の IT タスクを簡素化し、従業員体験をプロアクティブに改善

Workspace ONE AirLift により最新の PC 管理への移行を自動化

サポート

リモート サポートの提供と豊富なセルフサービス オプション(アプリケーション カタログ、パスワード回復など)によるコストの削減

あらゆるアプリケーション タイプ(ストア、Win32、SaaS、仮想)に対応する、一貫性のある単一のアプリケーション カタログを提供

リカバリ

問題発生時のリモート リストアができるほか、PC の即時ワイプにより、廃棄前や紛失または盗難時に PC から機密データを削除可能

PC の問題発生時に、ユーザーと IT 部門の間で何度もやり取りせずに、出荷時のデフォルトのアプリケーションとユーザーがインストールしたアプリケーションの両方をリストアできる「ゼロ IT タッチ リストア」を実現

Windows 10 の最新の管理に Workspace ONE を選択する理由

投資回収率(ROI)139% を達成

Forrester の総合経済効果(TEI)に関する調査によると、Windows 10 デスクトップに Workspace ONE を使用している大規模企業 3 社の ROI は 139% に達し、回収期間が 7 か月であったことが明らかになっています。

1 週間相当の時短効果

最新の Dell Provisioning for Workspace ONE を使用すると、IT スタッフのオンサイト業務時間を最大 1 週間節約できるとともに、システムを最大 2 週間早く従業員に提供できます。

業界をリードする PC 管理

Workspace ONE は、2020 Gartner Critical Capabilities for UEM Tools において、PC 管理のユースケースで最高得点を獲得しました。

ご興味をお持ちの方は、今すぐお問い合わせください。