進化するデジタルワークスペースに最適なセキュリティ

VMware Workspace ONE Trust Network は、最新の包括的アプローチで、従業員、アプリケーション、エンドポイント、ネットワークに対応したエンタープライズ セキュリティを実現します。最新の脅威からの保護、検出、迅速な修正を行う機能を備え、アクセスやデバイス、アプリケーションの管理と分析を行うとともに、信頼性の高いフレームワークに基づいたパートナー ソリューションのエコシステムを提供します。

(2:38)

業務効率を向上させるセキュアな IT 環境の構築

VMware Workspace ONE では、デジタルワークスペースを適切に保護しながら、従業員のニーズに応える IT テクノロジーを備え、業務効率を向上させる IT 環境を構築できます。

デジタルワークスペース戦略を妨げるセキュリティ問題の解消

最新のデジタルワークスペース戦略を阻む最大の障壁をなくす方法や、Workspace ONE Trust Network の仕組みについて解説します。

ホワイトペーパーを読む

進化するデジタルワークスペースの保護

進化するデジタルワークスペースのセキュリティを強化する Workspace ONE Trust Network の機能とメリットについて詳しく解説します。

データシートのダウンロード

Workspace ONE Trust Network の特徴

信頼性を確保するフレームワーク

デジタルワークスペースの信頼性を高めることで、相互に接続された最小権限のシステムが確立され、セキュリティを損なうことなく、業務効率を向上できます。

アクセス、デバイス、アプリケーションの管理における分析機能の統合

管理、セキュリティ、分析の機能を独自に組み合わせて、リスクの継続的な監視と迅速な問題修正を行うことができます。

保護、検出、修正

マルウェア、データの持ち出し、APT 攻撃からの保護、継続的な適応型の監視機能による、脅威の検出、強力な意思決定エンジンによる、問題の自動修正が可能です。

信頼性の高いパートナー ソリューションで構成された優れたエコシステム

セキュリティ ソリューションと統合ビューを連携できるため、既存の投資を引き続き活用できます。VMware Solutions Exchange で、パートナー ソリューションを確認いただけます。

主な機能

オープン プラットフォーム

信頼性の高いフレームワークにより、セキュリティと管理を簡素化します。オープンなセキュリティ エコシステムと Workspace ONE との通信には API を利用します。

アクセス管理

アプリケーションのプロビジョニング、セルフ サービス カタログ、多要素認証、シングル サインオン(SSO)といった機能をあらゆるアプリケーションに提供できます。

コンテキストベースのポリシー

デバイスのコンプライアンス状況、ユーザー認証の強度、データの機密性、ユーザーの場所など、条件に基づいてアクセス ポリシーで認証を制御できます。

情報漏洩防止対策(DLP)ポリシー

デバイスレベルの暗号化、データの暗号化、アプリケーションのブラックリスト、Wi-Fi のセキュリティなどのポリシーを設定できます。マルウェア、悪意のあるアプリケーション、不正改造されたデバイスなどの脅威を監視し、リモート ロック、デバイス ワイプ、アクセス コントロールなどの機能を活用して、自動的に問題を修正します。

アプリケーションの保護

VMware Boxer、Browser、Content Locker といった VMware のセキュアな業務アプリケーションのセキュリティ コントロール機能を活用します。その他のあらゆるアプリケーションとクラウド サービスを対象に、脅威の検出と自動的な問題の修正が可能です。

暗号化

デバイス上のアプリケーションからデータセンターへのトラフィックを認証し、暗号化します。AES 256 ビット暗号化を使用して保存データおよび転送中のデータを保護できます。

マイクロセグメンテーション

VMware NSX のマイクロセグメンテーション機能によって、データセンターの攻撃対象領域を最小化し、ネットワーク上のセキュリティを自動化します。

分析

Workspace ONE Intelligence では、脅威に関する情報を包括的に取得し、デバイス コンプライアンスの状況を細かく把握できるため、リアルタイムでのセキュリティ問題の特定や、リスクの低減が可能です。