あらゆるデバイスとあらゆるユースケースに対応する最新の UEM

Workspace ONE UEM は、デスクトップ、モバイル、高耐久性デバイス、ウェアラブル、IoT を対象とする最新の無線通信(OTA)管理を行うための単一のソリューションです。インテリジェンスベースのクラウドファースト UEM を使用すると、コスト削減、生産性の向上、優れた従業員体験の提供を実現できます。これまでにないレベルのプロセスの自動化、高度なデバイスとアプリケーションの管理、あらゆるレベルでのエンタープライズクラスのセキュリティを提供します。

統合エンドポイント管理

ひとつの(ONE)管理コンソールで、モバイル(Android、iOS)、デスクトップ(Windows 10、macOS、Chrome OS)、高耐久性デバイス、さらに IoT など、あらゆるエンドポイントのライフサイクル全体を管理し、あらゆるモバイル ユースケースをサポートできます。 

自動化とインサイト

インテリジェントなインサイトとルールベースの自動化を活用することで、従業員体験の最適化、IT 部門の負担の軽減、プロアクティブな管理とセキュリティ対策が可能になります。可視性と主要な分析情報が提供されます。

プライバシー保護と生産性

シングル サインオン(SSO)対応のセルフサービスの統合アプリケーション カタログテレワーク支援を提供する Assist、ユーザー データを保護する Privacy Guard を組み合わせることで、作業する場所を問わず、あらゆるデバイス上で優れた従業員体験を実現できます。

企業データとアプリケーションの保護

条件に基づいたアクセスと順守ポリシーにより、データを保護し、今日のセキュリティ脅威から防御できます。Workspace ONE UEM は、ユーザー、エンドポイント、アプリケーション、データ、ネットワークを含む包括的なセキュリティ アプローチを提供します。

Workspace ONE UEM の機能

クラウドファーストのマルチテナント アーキテクチャ

企業構造の各レベルでカスタム ポリシーを設定し、上位レベルの設定を継承するか、上書きすることができます。

エンタープライズクラスのセキュリティ

ゼロトラスト セキュリティにより、アクセスを許可する前に順守状況と挙動の異常を評価できます。アクセスの拒否のほか、デバイスの自動復旧やリモート ワイプも可能です。

高度なデスクトップ管理

Windows、macOS、Chrome OS、Linux 向けのクラウドネイティブなデスクトップ管理のメリットを活用できます。AirLift を使用すると、最新の管理への移行が簡素化および自動化されます。

統合アプリケーション管理

モバイルかデスクトップかを問わず、あらゆる種類のアプリケーションをライフサイクル全体にわたって管理できます。Intelligent Hub は、Office 365 を含むあらゆるアプリケーションへのシングル サインオン(SSO)が可能な統合セルフサービス アプリケーション カタログを提供します。

特定用途のモビリティに対応

高耐久性デバイス、ウェアラブル、IoT などのエンドポイントをサポートする単一のコンソールから、ミッションクリティカルな現場の最前線で利用されるデバイスを管理できます。

堅牢な API フレームワーク

堅牢な API フレームワークにより、エンタープライズ システム、サービス、ID、アプリケーション、およびコンテンツを柔軟にサポートします。

関連リソース

アナリストがマーケット リーダーとして評価

Workspace ONE は、Gartner および IDC によってマーケット リーダーに位置付けられています。Gartner と IDC のレポートで、その理由を確認してください。

あらゆるユースケースに対応するクロスプラットフォーム ソリューション

Workspace ONE UEM は、BYOD や企業所有のユースケースにおいて、マルチプラットフォーム エンドポイント管理、アプリケーション管理、アクセス コントロールを統合します。

Workspace ONE 統合エンドポイント管理(UEM)

あらゆるプラットフォームであらゆるデバイスを管理および保護できる、単一の包括的なソリューションです。

統合エンドポイント管理に VMware ソリューションが選ばれる理由

VMware Workspace ONE UEM は、あらゆるプラットフォームとユースケースにおいて、あらゆる種類のデバイスを管理および保護できる単一の包括的なソリューションです。