概要

Workspace ONE UEM:すべてのユースケースに対応する包括的なクロスプラットフォーム ソリューション

従業員体験の向上、企業データの保護、運用コストの削減に取り組む IT 部門を支援します。

2021 年の Gartner Peer Insights は VMware を UEM 部門のカスタマーズ チョイスに認定

Gartner Peer Insights における、Workspace ONE に対するお客様からの評価をご紹介します。

2021 年の IDC MarketScape(UEM ソフトウェア部門)は VMware をリーダーに認定

IDC が VMware をリーダーに位置付けた理由をレポートでご参照ください。

Workspace ONE 統合エンドポイント管理(UEM)の機能

統合エンドポイント管理

モバイル(Android、iOS)、デスクトップ(Windows 10、macOS、Chrome OS)、高耐久性デバイス、IoT デバイス(Linux など)といった、あらゆるエンドポイントのライフサイクル全体を単一の管理コンソールで管理できます。会社所有デバイス、BYOD(個人所有デバイスの持ち込み)、特殊用途デバイス、共有デバイスなど、モビリティのあらゆるユースケースに対応します。

デジタルワークスペースの実現

統合エンドポイント管理テクノロジーは、包括的なデジタルワークスペースを提供し、IT コストの削減、セキュリティの強化、従業員のデジタル体験のプロアクティブな向上を図るうえで不可欠な要素です。

従業員の生産性の向上

モバイル、デスクトップ、SaaS、仮想など、あらゆるビジネス アプリケーションへの、スムーズでセキュアなアクセスを実現します。対象のアプリケーションには、カタログ、E メール、カレンダー、連絡先、Web ブラウザー、メモ、コンテンツなど、VMware Workspace ONE のセキュアな業務用モバイル アプリケーションが含まれます。

プロセスの自動化と、インテリジェントなインサイトの提供

高度なインサイトとルールベースの自動化の活用により、従業員のデジタル体験の最適化、IT 部門の負荷の軽減、プロアクティブな管理モデルとセキュリティ モデルの実現を支援します。インテリジェンスベースのデジタルワークスペース プラットフォームの詳細をぜひご確認ください。

あらゆるネットワーク上での企業アプリケーションとデータの保護

ユーザー、エンドポイント、アプリケーション、データ、およびネットワークを網羅する、本質的で包括的なセキュリティ アプローチを提供します。条件に基づいたアクセスときめ細かい順守ポリシーによって企業データを保護し、最新のセキュリティの脅威を自動的かつ迅速に修正します。

最新のデスクトップ管理

デスクトップ OS(Windows 10、macOS、Chrome OS)のライフサイクル管理を、モバイル化が進む最新の環境に合わせて最適化します。包括的な最新の管理テクノロジーにより、導入の簡素化、全面的なクラウド ポリシー管理、アプリケーション提供の効率化、パッチ適用の自動化、セキュリティの確保が可能です。

Freestyle Orchestrator による複雑なワークフローのオーケストレーション

VMware Workspace ONE Freestyle Orchestrator は、IT 管理者による最新のデジタルワークスペース管理を支援するために設計された、ローコードのオーケストレーション ツールです。ドラッグ アンド ドロップ型のユーザー インターフェイスを備えたキャンバスベースのプラットフォームを利用して、管理者は、ロジックを組み込んだ強力なワークフローを構築し、自動化による IT 部門の管理負担軽減と、柔軟性およびインテリジェンスの強化を図ることができます。

アナリストの高い評価

2021 年 Gartner Peer Insights「Voice of the Customer」:UEM

VMware は、2021 年 1 月に発表された Gartner Peer Insights の「Voice of the Customer」(統合エンドポイント管理(UEM)部門)レポートで、カスタマーズ チョイスに認定されました。

Gartner の 2020 年版 UEM のマジック クアドラント

Gartner マジック クアドラントの統合エンドポイント管理(UEM)部門で、VMware は製品ソリューションにおけるビジョンの完全性と実行能力に対する評価により、リーダーとして位置付けられました。

Gartner『2020 Gartner Critical Capabilities for UEM Tools』

VMware はコンプライアンスに基づく管理(3.74 点)、エンタープライズ PC 管理(3.94 点)、およびロールベースのデバイス管理(3.80 点)の各ユースケースにおいて、最高スコアを獲得しました。

IDC MarketScape:統合エンドポイント管理ソフトウェア部門(全世界)2021 年ベンダー評価

VMware は、統合エンドポイント管理(UEM)ソフトウェア、Apple デバイス用ソフトウェア、および高耐久性/IoT デバイス用ソフトウェアの各分野において、リーダーとして位置付けられました。

The Forrester New Wave™:End-User Experience Management(2020 年第 4 四半期)

2020 年第 4 四半期の The Forrester New Wave™:End User Experience Management レポートでは、VMware は「Strong Performer」に位置付けられました。

サポート対象プラットフォーム

Workspace ONE UEM では、プラットフォームや所有モデルを問わず、あらゆるエンドポイントを統合管理できます。各プラットフォームで使用できる具体的な機能について、詳細をご確認ください。

Workspace ONE UEM の主な特長

  • クラウドファーストのマルチテナント モデル:高まるビジネス ニーズに対応し、管理性を強化
  • 最新の手法によるリアルタイムのデスクトップ管理:インテリジェントな自動化を活用し、クラウドから管理
  • Windows 10 の最新の管理への移行:Workspace ONE AirLift により移行を自動化
  • 固有のニーズに特化したモバイル対応:高耐久性デバイス、ウェアラブル デバイス、IoT デバイスをサポート
  • Microsoft Office 365 の保護:すべての OS を対象とする MAM と条件に基づいたアクセス ポリシー
  • リモート ワイプ:セキュリティ侵害を受けたデバイスから企業の機密データを迅速に削除
  • エンタープライズクラスのセキュリティ:行政機関や規制の厳しい業界のニーズに対応
  • 統合アプリケーション カタログ:デバイスの種類を問わず、あらゆるアプリケーションにワンタッチで安全にアクセス
  • 堅牢な API フレームワーク:エンタープライズ システム、サービス、ID、アプリケーション、コンテンツをサポート

スポットライト

Gartner の 2020 年版 UEM のマジック クアドラント

Gartner による 2020 年のレポートでは、前年までに引き続き、製品ソリューションにおけるビジョンの完全性と実行能力への評価に基づいて、VMware のリーダーとしてのポジションが認められました。

Future Ready Workforce の実現に向けて

最新のアプローチに移行すると、分散された環境で働く従業員を効率的にサポートできるようになります。

ご興味をお持ちの方は、今すぐお問い合わせください。