VMware の IT バリュー モデルまたはデジタルワークスペース構築モデルを使用して、お客様の現状をすばやく特定:

お客様のもっとも重要な課題と IT に求める成果

現在の対応能力、コンピテンシー、企業文化

目的の成果を達成するための能力開発に関する推奨事項

 

VMware およびパートナー エコシステムを活用する方法

 

IT バリュー モデル

IT バリュー モデル

クラウドへの行程は複雑です。IT バリュー モデルは、インフラストラクチャ、プラットフォーム、開発者、セキュリティの各チームが運用モデルの成熟度を高め、モダン アプリケーションとデジタル ビジネスの基盤を築くために必要なステップを提示します。

仮想インフラストラクチャ、プライベートクラウド、IaaS など、このモデルで定義されている各分野についてお客様の現在のコンピテンシーを評価し、IT 組織にとってどのコンピテンシー領域を強化することがもっとも重要なのか、お客様と一緒に検討します。さらに、お客様が障害を克服し、目的の成果を達成できるよう、規範的なツールとガイダンスを使用して、お客様のためのカスタム ソリューションを作成します。

デジタルワークスペース構築モデル

デジタルワークスペース構築モデル
 

デジタルワークスペースとデジタル ビジネスの目標達成を目指して設計されたデジタルワークスペース構築モデルは、エンドユーザー チーム、インフラストラクチャ チーム、セキュリティ チームが現在のプロセスとシステムをモダン化するために必要な手順を特定し、使用するデバイスや作業場所にかかわらず、すべての従業員を容易にサポートできるようにします。

アプリケーションの導入、クライアント管理、エンタープライズ モビリティ管理など、このモデルで定義されている各分野についてお客様の現在のコンピテンシーを評価し、IT 組織にとってどのコンピテンシー領域を強化することがもっとも重要なのか、お客様と一緒に検討します。さらに、お客様が障害を克服し、目的の成果を達成できるよう、規範的なツールとガイダンスを使用して、お客様のためのカスタム ソリューションを作成します。

成果重視のロードマップの作成

IT の優先事項とビジネス目標を関連付ける

 

現在の状態とあるべき状態とのギャップを明らかにする

 

あるべき状態を実現するための段階的なアクション プランを立てる

 

組織全体のコンセンサスを得る

詳細をお問い合わせください