アプリ & クラウド モデル

デジタルワークスペース構築モデル

アプリケーションとクラウドのモダナイゼーションは、同時に行わなければ成功しません。VMware のアプリケーションとクラウド モデルを用いて、3 つの領域におけるお客様の現在のコンピテンシーを評価します。モダン インフラストラクチャでは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、マルチクラウドなど、お客様のクラウド インフラストラクチャと運用モデルを評価します。モダン プラットフォームでは、汎用的なインターフェイスによるアプリケーションの複雑さの軽減、迅速なアプリケーションの展開、多様なデータセット上でのアプリケーションの運用が可能かどうかを評価します。デジタル エンタープライズでは、IT チームや開発チームが、最適なソフトウェア開発やモダナイゼーションの手法をどれだけサポートできるか、また、あらゆるデバイス、あらゆるクラウドで、あらゆるアプリケーションを配信および管理できるかを評価します。

IT バリュー モデル

IT バリュー モデル

クラウドへの行程は複雑です。IT バリュー モデルは、インフラストラクチャ、プラットフォーム、開発者、セキュリティの各チームが運用モデルの成熟度を高め、モダン アプリケーションとデジタル ビジネスの基盤を築くために必要なステップを提示します。

仮想インフラストラクチャ、プライベートクラウド、IaaS など、このモデルで定義されている各分野についてお客様の現在のコンピテンシーを評価し、IT 部門にとってどのコンピテンシー領域を強化することがもっとも重要なのか、お客様と一緒に検討します。さらに、お客様が障害を克服し、目的とする成果を達成できるよう、規範的なツールとガイダンスを使用して、お客様のためのカスタム ソリューションを作成します。

デジタルワークスペース構築モデル

デジタルワークスペース構築モデル
 

デジタルワークスペースとデジタル ビジネスの目標達成の促進を目指して設計されたデジタルワークスペース構築モデルは、エンドユーザー チーム、インフラストラクチャ チーム、セキュリティ チームが現在のプロセスとシステムをモダン化するために必要な手順を特定し、使用するデバイスや業務場所にかかわらず、すべての従業員を容易にサポートできるようにします。

アプリケーションの展開、クライアント管理、エンタープライズ モビリティ管理など、このモデルで定義されている各分野についてお客様の現在のコンピテンシーを評価し、IT 部門にとってどのコンピテンシー領域を強化することがもっとも重要なのか、お客様と一緒に検討します。さらに、お客様が障害を克服し、目的の成果を達成できるよう、規範的なツールとガイダンスを使用して、お客様のためのカスタム ソリューションを作成します。

成果重視のロードマップの策定

ビジネス目標およびビジネス連略と IT の優先事項を関連付ける

 

現在の状態とあるべき状態とのギャップを明らかにする

 

あるべき状態を実現するための段階的なアクション プランを立てる

 

組織全体のコンセンサスを得る

ご興味をお持ちの方はこちら