セキュリティ サービス

VMware ゼロトラスト準備状況評価

  • ゼロトラスト アーキテクチャの向上を目的として、NIST 800-53v4 セキュリティ標準規格に基づいて人材、プロセス、VMware テクノロジーを評価
  • 詳細なギャップ分析を行い、環境内の潜在的な脆弱性を特定
  • ベストプラクティスに基づいてロードマップを作成し、ゼロトラスト アーキテクチャへの移行を達成

エンドポイント セキュリティ

  • マルウェア、ランサムウェア、ゼロデイ攻撃、非マルウェア攻撃などからエンドポイントを保護
  • Endpoint Detection and Response(EDR)を導入し、エンドポイントの隔離機能を有効化
  • セキュリティ機能を統合し、アラート対応に費やす労力を軽減
  • ポリシー マッピングを作成

ワークロード セキュリティ

  • データセンターのセキュリティを強化し、攻撃対象領域を縮小することでリスクを低減
  • 次世代アンチウイルス(NGAV)の設計と導入
  • セグメンテーションを使用し、アプリケーションを分離
  • ワークロードのルールとポリシーを構成

ネットワーク セキュリティ

  • 制御ポイントを保護するセキュリティ グループとポリシーを開発、実装
  • ネットワーク セグメンテーションと Web アプリケーション ファイアウォール(WAF)を使用して分離を作成
  • ゼロトラスト アーキテクチャに基づいて許可リストを作成

アクセスと ID

  • ラップトップやスマートフォンなどのアクセスと ID を管理
  • データ損失防止ポリシーとソフトウェアの開発により、ユーザー アクセスと ID の保護を実現
  • 多要素認証や SAML 認証を使用したシングル サインオンの設計と導入

セキュリティの運用

  • 人とプロセスを最適化しつつ事業継続性を実現
  • セキュリティ判断ツリーの設計、セキュリティ目標に基づく適切な権限とロールの付与、対応ワークフローの設計を実施
  • パーソナライズされたダッシュボードとトラッキングを作成し、データとインサイトの実用的な活用を実現

統合と自動化

  • Carbon Black Workload を自社環境に統合し、センサーのプロビジョニングとアップデート、ポリシーの適用、ユーザーとグループの管理を自動化
  • スレットハンティング、バックグラウンドスキャン、隔離などを含めた自動化
  • NSX を利用したワークロード ネットワークの分離により、インシデント対応の自動化

移行

  • 的確かつ確実な移行を実現
  • ウォッチ リストとセキュリティ プロファイルのインポート、自動化機能の移行、統合の支援、センサーのリダイレクトに関するガイダンスの提供を実施

健全性チェック

  • 本番環境をサポートしているコンポーネントと構成をチェック
  • セキュリティ システムの有効性を評価
  • 構成を検証し、スケーラビリティを評価

その他のプロフェッショナル サービス

マルチクラウド

パブリッククラウド環境を提供

Anywhere Workspace

従業員の意欲と生産性を向上

Virtual Cloud Network

ソフトウェアベースのネットワークと WAN を構築し、アプリケーションとデータを保護

アプリケーションのモダナイゼーション

アプリケーション戦略の進化をサポートするサービス