VMware Integrated OpenStack 4.1 キャンペーン

対象となる VMware 製品をご購入いただくと、期間限定で、VMware Integrated OpenStack 4.1 – Datacenter Edition を 10 ライセンス(CPU 単位)と、1 年間の Production Support(プロダクション サポート)およびサブスクリプション(SnS)を無償でご提供します。

OpenStack は、プライベート クラウドを構築および管理するためのオープンソースのフレームワークです。

VMware Integrated OpenStack(VIO)は、VMware がサポートする OpenStack 製品で、VMware の仮想化テクノロジー(vSphere、NSX、vSAN)に最適化されています。VIO は、導入やセットアップが簡単で、既存のスキルで管理しやすい本番環境対応の OpenStack を提供します。VIO は最新の OpenStack Foundation ガイドラインに準拠しているため、ベンダーの固定化を回避しながら、基盤となる VMware テクノロジーが実現するエンタープライズクラスの機能を活用できます。


主な機能

  • 開発者向けクラウドの実装:標準化された Open API を通じ、セルフサービスかつプログラムによりインフラストラクチャ リソースにアクセスできるため、開発者の生産性が向上します。開発者のニーズに応える俊敏性と使いやすさを備えた、パブリック クラウドのような使用環境を提供します。

  • VMware NSX でネットワークの仮想化を活用:OpenStack API を介した高度なネットワーク機能により、プログラミング可能なネットワークを構築できます。

  • OpenStack の Kubernetes によるコンテナのオーケストレーションおよび管理:本番運用に対応する Kubernetes 環境を展開可能です。

VMware Integrated OpenStack 4.1 の新機能 

複数の LDAP をサポート

現在、OpenStack に構成できる LDAP(ユーザー アクセス管理)は 1 つだけです。ほとんどの企業のお客様は、複数の LDAP を持っています。この機能により、Keystone(OpenStack ID 管理)の LDAP サポートが 1 つから複数に拡張され、既存の LDAP 構造を OpenStack に簡単にマッピングできるようになります。

高度なコンテナ管理機能

Kubernetes の管理機能を、導入後の運用、バックアップとリカバリ、拡張性によって強化できます。

NSX-T による LBaaS のサポート

ユーザーは LBaaS を NSX-T で構成できるようになります。LBaaS はすでに NSX-V でサポートされていますが、NSX-T までサポートが拡張されます。

FAQ

キャンペーンについての FAQ を掲載しています。
FAQ を読む

 

利用条件

キャンペーンの利用条件をご確認ください。
利用条件を確認する

対象製品 SKU

本キャンペーンの対象となる SKU を掲載しています。
製品リストを見る