レポート

セキュリティ脅威レポート 2021 年版:日本の状況

 

新型コロナウイルス感染症が引き起こした混乱と、場所を問わず働く従業員の増加により、高度なサイバー攻撃や重大な侵害の件数が急増しています。全世界の企業や組織におけるサイバーセキュリティ責任者の 76% が、従業員のテレワーク導入により攻撃が増加したと回答

今日、セキュリティ部門は場所を問わず働く従業員を保護するという課題に直面しています。新たな業務体制の導入により、旧来型のセキュリティ ソリューションやセキュリティ戦略の脆弱性が浮き彫りになり、セキュリティの盲点や可視性の欠如が発生しています。

セキュリティ脅威レポート 2021 年版:日本の状況では、日本の企業や組織の CIO、CTO、CISO 251 名を対象に 2020 年 12 月に行った調査によって示された日本の企業や組織を取り巻くサイバー攻撃の現状を解説しています。本レポートでは、未曾有の年における不正アクセスや悪意のあるソフトウェアなどによる攻撃の傾向と、それらの攻撃による侵害から生じた、企業の財務および評判への影響について詳述します。また、新しいテクノロジーの活用を通じたセキュリティ確保と、クラウドファーストのセキュリティ戦略の導入に向けて、企業や組織が策定、実施している計画についても検証します。本レポートが重視しているのは、ビジネス リーダーがサイバーセキュリティに対するアプローチの再検討と再構築を行うための手がかりを示すことです。

セキュリティ脅威レポート 2021 年版:日本の状況では、サイバーセキュリティの現状、攻撃および防御のトレンド、耐障害性と事業継続性の維持に向けた今後 1 年におけるセキュリティの優先事項に関するインサイトを提供しています。

進化する脅威の動向を把握し、今日および将来において組織が取るべきアクションの指針と推奨事項を学ぶために、本レポートをぜひお読みください。

このレポートを確認するには、以下のフォームに必要事項をご入力ください。