お客様の課題への対応

SOC のモダナイゼーション

分散した環境では多くの場合、Security Operations Center(SOC)チームによる攻撃者への対応は困難になります。この状況は、システムがサイロ化して互いに連携していないため、アラートのコンテキストが不十分で、問題の修正に時間がかかることに起因します。

VMware が提供する最高クラスのプラットフォームでは、信頼性の高い運用を設定作業なしですぐに実現できるため、問題解決の確実性、正確性、迅速性を向上させ、対応を拡張できます。

マルチクラウド ワークロードの保護

マルチクラウド環境においてアプリケーションとデータの分散化が進むことで、保護すべき境界は広がり、サイバー犯罪者にとっての攻撃対象領域は拡大しています。このような状況では、マルチクラウドがもたらすメリッが半減してしまう恐れがあります。

VMware のソリューションは、重要なセキュリティ制御ポイントを互いに接続することで優れた可視性とスムーズな運用を実現し、あらゆる環境でのアプリケーションとデータの安全性を強化します。

モダン アプリケーションの保護

現在、従来の 3 層アーキテクチャの Web アプリケーションの階層構造は飛躍的に複雑化しており、また API が新しいエンドポイントとなっています。モダン アプリケーションを保護するには、アプリケーションのビルドの方法(CI/CD)と通信の方法(API)の可視化とコンテキストの把握が必要です。

VMware のソリューションは、コーディングから本番リリースまで継続的に可視性、セキュリティ、コンプライアンスを確保し、アプリケーション ライフサイクル全体の保護を DevOps に求められるスピードで実現します。

ハイブリッド型ワークスタイルに対応したセキュリティ

ハイブリッド型ワークスタイルに対応したセキュリティ

ハイブリッド型ワークスタイルは、ニュー ノーマル時代の標準的な働き方となりました。従来の境界ベースのセキュリティ モデルでは、増え続ける攻撃経路を悪用する脅威にスケーラブルに対応することができません。

VMware は、エンドポイント セキュリティおよびエンドポイント管理をネットワーク エッジ セキュリティと組み合わせ、包括的なソリューションを提供します。このソリューションは、自動化とオーケストレーションによって、相互に接続された制御ポイント全体にわたりエクスペリエンスを最適化し、リスクを低減します。 

VMware IT 部門の取り組み:データセンターでのゼロトラスト モデルの適用

ゼロトラストは、セキュリティ ポリシーによって個別に許可されたネットワーク トラフィックのみに信頼を付与するシステムによってより強固なセキュリティを実現するモデルとして期待を集めています。各段階を確実に進めるアプローチを採用することで、組織は成功に向けて前進できます。

データセンター内のすべてのアプリケーションにおける新しい標準としてゼロトラストを適用するために VMware の IT 部門(VMIT)が採用したプロセスは、ほかの組織が活用できる有益な参考となります。

Carbon Black Tech Zone にアクセス

Carbon Black Cloud プラットフォームの詳細を理解し、評価を行い、導入に向けた取り組みを開始するための最適な方法をご確認ください。

VMware Explore:参加登録を受付中

マルチクラウド ジャーニーの加速を後押しします(8 月 29 日 ~ 9 月 1 日開催)

技術的脅威レポート

Linux ベースのシステムを狙うマルウェアに固有の特性についての解説と、攻撃者の戦術に先んじて、深刻な被害を及ぼす攻撃を阻止するためのガイダンスを記載した、最新の脅威レポートをダウンロードしてお読みください。

ご興味をお持ちの方はこちら