本質的なセキュリティ

本質的なセキュリティによるアプリケーションとデータの保護


既存のインフラストラクチャを活用し、場所を問わず移動先に追従して、アプリケーションやデータに適応性の高い保護を提供しながら、データセンター、クラウド、エンドポイントをシームレスに守ります。ユーザーは、柔軟に、ニーズに合わせて業務を行うことが可能です。

インフォグラフィックをダウンロード

既存のインフラストラクチャを活用したビジネスの保護

既存のインフラストラクチャにセキュリティを組み込むことで、脆弱性を検知した瞬間からセキュリティ制御機能を有効化することができます。より効果的な脅威の検出、対処、より広範囲にわたる可視化と制御によるインフラストラクチャの強化、新たな脅威の侵入の未然防止などが可能です。VMware が提唱する本質的なセキュリティを実現するソリューションにより、あらゆるアプリケーション、クラウド、デバイスにわたるセキュリティ アプローチを大幅に簡素化および強化します。

vmware-intrinsic-security
security-network

セグメント化、アクセス権の管理、トラフィック検査によって、East-West ネットワーク トラフィックを保護します。

セキュリティ スタック全体を仮想化し、インフラストラクチャに対して本質的な保護を提供することで、リスクの緩和、コンプライアンスの確保、コストの削減が可能になるだけでなく、すべてのワークロードに対するファイアウォール機能の運用モデルを大幅に簡素化できます。

パブリック クラウドのセキュリティおよびコンプライアンスのリスクを軽減します。

クラウド リソース、構成エラー、脅威、振る舞いの変化に関する詳細をリアルタイムで確認できます。リソースの関係性はグラフィックで視覚化し、問題を調査することができます。リスクに基づいて調査結果の優先順位付けを行い、問題を自動的に修正し開発者と連携することが可能です。

security-cloud
security-workload

ハイパーバイザーに組み込まれたセキュリティ機能によって、ワークロードを高度な脅威から保護します。

脅威の自動監視やアプリケーションの振る舞いの変化への対応によって、アプリケーションのセキュリティを可用性やパフォーマンスを損なうことなく強化します。

インテリジェントなシステム強化と適応型の防御機能によりエンドポイントを保護します。

複数のエンドポイント セキュリティ機能を統合し、セキュリティ スタックを簡素化してより迅速かつ効果的なセキュリティ運用を実現することで、エンドポイントのパフォーマンスを向上させることができます。

security-endpoint
security-identity

デバイスを基準としたアクセス管理によって、デバイスの状態とユーザー認証を強化します。

デバイスの状態、ユーザーの詳細、および認証コンテキストを絶えず追跡することで、適切なユーザーと準拠デバイスのみがアプリケーションにアクセスできる環境を確立します。

本質的なセキュリティとは 

セキュリティ戦略の簡素化と強化

これまで、多くの企業が汎用性の高いインフラストラクチャを構築してきました。そのインフラストラクチャ、インフラストラクチャ上で実行されるアプリケーション、そのアプリケーションにアクセスするデバイスの保護が、セキュリティ チームの仕事でした。その結果、複雑性が増し、エンタープライス セキュリティは特定目的用ではなく汎用的なものとなり、多くの製品、多くのツール、多くのインターフェイス、多くのエージェントが必要となっていました。今、セキュリティに必要なのは、新しい製品ではなく新しいアプローチです。

クラウドがサイバーセキュリティのあり方を変えつつある現状とは(英語のみ)
本質的なセキュリティ
後付けではなく、組み込み型のセキュリティを

後付けではなく、組み込み型のセキュリティを

セキュリティ機能を後付けすると、その分多くの製品、エージェント、ポリシー セットが必要となってしまいます。

インフラストラクチャにセキュリティを組み込んで本質的なセキュリティ ソリューションを実現することにより、不要な製品やエージェント、インターフェイス、ツール、管理のオーバーヘッドを生じさせずに、運用の迅速化と効率化を図ることができます。コンテキストと可視性を確保できるため、セキュリティ ポリシーを異種混在環境全体にわたってより効果的に管理し、ビジネスを守る保護ソリューションを構築することが可能です。

サイバーセキュリティ分析レポートをダウンロード

サイロ化ではなく、統合を

セキュリティのサイロ化があまりにも長く続いたため、脅威や保護の対象の全体像をつかむことが難しくなっています。

セキュリティ対策はいわばチーム スポーツです。既存のインフラストラクチャを活用してセキュリティを確保することによって、ワークロードや継続性をより詳細に可視化できるだけでなく、IT 部門とセキュリティ部門の連携がスムーズになり、統合的な防御対策を実践することができます。

SANS Institute のホワイトペーパーをダウンロード
統合
脅威

脅威中心ではなく、コンテキスト中心の対策を

これまでセキュリティ対策の中心といえば脅威の追跡であり、真っ先に保護が必要なアプリケーションやインフラストラクチャの状態の把握については重視されてきませんでした。そのため起きてしまった攻撃にばかり目が行き、対策は後手に回っていたのが実態ではないでしょうか。   

セキュリティを既存のインフラストラクチャに組み込むことで、アプリケーション、ユーザー、デバイス全体を詳細に可視化できるため、脅威の多様化/高度化が進むなかで後手に回って脅威を追跡することもなく、防御に専念できるようになります。

NSX Distributed IDS/IPS の詳細

エンタープライズ セキュリティ ソリューションの変革に向けて 

デジタルワークスペースにおけるユーザー/アプリケーション/エンドポイントのセキュリティ

最新のクラウドネイティブなエンタープライズ セキュリティ プラットフォームにより、ユーザー、アプリケーションそしてエンドポイント向けの予測可能で自動化されたセキュリティを、デジタルワークスペース全体で実現できます。

ワークスペースのセキュリティに関する詳細情報

データセンターとクラウド全体にわたるネットワーク セキュリティのモダナイゼーション

アプリケーションごとの固有のネットワーク セキュリティ ポリシーによって、マルチクラウド全体のワークロードを保護することが可能です。業界初の専用分散ファイアウォールを活用し、一貫したポリシーときめ細かな制御によって East-West ネットワーク トラフィックを保護、検査できます。

ネットワーク セキュリティに関する詳細情報

仮想環境とクラウド上のアプリケーションの保護

仮想化レイヤーに脅威の検出/対処機能を組み込むことで、アプリケーション、データ、インフラストラクチャの可視性とインテリジェンスを高め、脅威の侵入をプロアクティブに防御します。

ワークロードのセキュリティに関する詳細情報

パブリック クラウドに伴うリスクの低減

パブリック クラウド上の環境全体のセキュリティおよびコンプライアンス対策を強化できます。セキュリティ上の構成と脅威をリアルタイムで可視化することにより、クラウドの特有の動的な環境に対応しながら、セキュリティ侵害の原因となる高リスクの構成エラーを回避します。

クラウド セキュリティの詳細情報

業界別セキュリティ ソリューション 

VMware の製品、ソリューションは、規制の厳しい業界におけるセキュリティとコンプライアンスのより確実な確保にも貢献します。

金融サービス

業界をリードするハイブリッド クラウド、SDDC、デジタルワークスペース ソリューションは、リスクの軽減と、効率的なコンプライアンスの確保に貢献します。

地方自治体

デバイス、アプリケーション、ネットワークにわたり、コンプライアンス、ID 管理、脅威の検出、修正に対応します。

医療機関

電子カルテにいつでもアクセス可能な環境を提供することで、セキュリティとコンプライアンス対応を簡素化します。

高等教育

モバイルに対応するセキュアな最新の IT ソリューションで、制約のない学習環境を実現します。

教育

ソフトウェアベースのサーバ、デスクトップ、ネットワーク、ID ベースのセキュリティ ソリューションにより、教育機関における最新の ICT 環境も保護できます。

米国連邦政府

ソフトウェアベースのアプローチにより、ユーザー、アプリケーション、データの間のやり取りの可視化や、コンテキスト、コントロールを最大化するセキュリティを実現します。

製造業

IoT を安全に活用し、24 時間 365 日の継続稼動を実現するとともに、データとアプリケーションの提供を包括的に保護します。

小売業

小売業向けプラットフォーム全体のサイバーセキュリティを強化しながら、PCI コンプライアンスも確保できます。

VMware Security Advisories の利用 

VMware では、すべての自社製品およびクラウド サービスでセキュリティを標準化するため、さまざまなプログラムや取り組みを実施しています。報告された脆弱性の一覧の確認、または E メールによる情報提供をご希望の場合は、VMware Security Advisories ページよりご登録ください。