エンドポイントおよびワークロードのセキュリティに VMware Carbon Black Cloud が選ばれる理由

クラウドネイティブな常時保護機能の提供

プラットフォームを活用して、悪意のある攻撃を発見しにくくするわずかな変動を特定し、予防と対応を行います。

脅威に対する迅速な予防と対応

クラウドで振る舞い分析を活用し、世界中の何百万ものエンドポイントとワークロードを対象に、1 日あたり 1 兆を超えるイベントを分析します。

保護の強化

重要なワークロードのインフラストラクチャに組み込まれたセキュリティ制御機能により、仕様上の安全性が確保され、よりプロアクティブなセキュリティが実現します。

運用の効率化

単一のプラットフォーム、コンソール、エージェントによって、セキュリティおよび IT チームは共有された情報源に基づいてより効果的にセキュリティ イベントに対処できます。

効率とスピードの向上

オープン API と広範囲なパートナー エコシステムにより、VMware ソリューションとほかのセキュリティ ツールがよりシームレスに連携します。

迅速なインシデント レスポンス

すべてのエンドポイントのイベントが包括的に収集され可視化されるため、セキュリティ チームは調査と修正を迅速に行うことができます。

エンドポイントおよびワークロードのセキュリティのユースケース

高度な脅威からの保護

あらゆる領域の最新のサイバー攻撃から保護し、脆弱性を迅速に修正します。

可視性の向上

優れた可視性によってリスクを特定し、システムの構成を強化できます。

運用上の複雑性を低減

単一のエージェントと共通のコンソールを使って、複数のエンドポイントとワークロードのセキュリティ機能を統合します。

順守状態の迅速な監査

IT の健全性および構成状態を大規模に追跡してレポートを簡単に作成し、監査を効率化できます。

エンドポイントおよびワークロードのセキュリティ製品とソリューション

VMware Carbon Black Cloud Workload

VMware Carbon Black Cloud Workload は、ワークロード ライフサイクルの全段階においてセキュリティの状態を改善する、統合クラウド ワークロード保護(CWP)ソリューションです。新しい仮想化アプリケーションの開発、既存のアプリケーションの自動拡張、実行時間の長いワークロードの監視などの機能をサポートします。

VMware Carbon Black Cloud

VMware Carbon Black Cloud はクラウドネイティブなエンドポイント保護プラットフォーム(EPP)です。単一の軽量エージェントと使いやすいコンソールを使って、アーキテクチャを新たに設計することなく、マルウェアをブロックし、攻撃を徹底調査して封じ込め、保護機能をグローバルに拡張できます。

関連する本質的なセキュリティ ソリューション

ワークスペース セキュリティ

統合エンドポイント管理(UEM)機能と脅威の検出/対処機能を組み合わせることで、包括的なエンドポイント セキュリティ ソリューションを実現します。

ネットワーク セキュリティ

マルチクラウド環境のユーザー、アプリケーション、データを対象に、分散ファイアウォール機能と、脅威に対する高度な防御機能を提供します。

クラウド セキュリティ

セキュリティに関するインテリジェントなリアルタイムのインサイトを通じてリスクを低減し、あらゆるクラウド プラットフォームの脅威にプロアクティブに対処できるよう、パブリック クラウド チームを支援します。

ご興味をお持ちの方は、今すぐお問い合わせください。