Extended Detection and Response(XDR)

 

 

業界初のエンドツーエンドの XDR プラットフォーム


インフラストラクチャ全体にわたる包括的な可視性と詳細なコンテキストを活用する、セキュリティ インシデントの検出および対応のための統合プラットフォームにより、セキュリティ運用を変革できます。多数のテレメトリ ソースから情報を自動的に収集して関連付け、さまざまなタイプの制御ポイントに適用することで、ノイズを低減し、脅威に対するより迅速な検出とより高度な対応を可能にします。

EDR からさらに進化した機能により、エンドポイント、ネットワーク、クラウドなど複数のドメインにまたがってテレメトリ、分析、および適用のソースを拡張し、統合および自動化された継続的なセキュリティを実現します。

レポートのダウンロード

vmware-end-to-end-xdr

XDR の導入に VMware のソリューションが最適な理由

vmware-enhanced-threat-detection-and-prevention

脅威の検出と侵入防止の強化

複数のドメインにわたる振る舞いベースの検出により、正規のアプリケーションや認証情報を利用する脅威を特定します。

vmware-cloud-delivered-icon

クラウド ベース

社内ネットワークの外部までセキュリティを拡張し、分散化された環境で働く従業員とセキュリティ部門をサポートします。

vmware-improved-investigation-icon

調査機能の向上

攻撃キャンペーンの包括的なタイムラインを把握して、影響を受けたすべてのドメインの修正と保護強化を実施できます。

vmware-surgical-response-icon

迅速かつ正確な対応

複数の制御ポイントにわたり包括的なアクションを実行することで、脅威の修正の際に生じる運用上の影響を軽減します。

vmware-reduced-dwell-time-icon

滞留時間の短縮

セキュリティ プロセス全体を自動化することで、脅威による問題の解決の所要時間を短縮します。

vmware-coordinated-context-icon

幅広く調整されたコンテキスト

セキュリティ部門に他ドメインからのコンテキストを提供して、脅威の調査における情報に基づいた意思決定を支援します。

VMware が提供する XDR のメリット 

vmware-benefits-for-xdr

複数ドメインにわたるネイティブな監視

複数の制御ポイントのデータを関連付けて分析し、攻撃キャンペーンの包括的なタイムラインを作成します。

サイバーセキュリティにおける検出と対応とは 

コンテキストと制御の調整

エンドポイント、ワークロード、ネットワーク、ユーザー、アプリケーションの全体にわたり、ポリシーを通知および適用できます。

XDR の定義 

誤検出アラートの削減

強力な分析機能により、あらゆる環境における通常のアクティビティを理解することで、真の脅威のみがアラート通知される体制を実現できます。

XDR が IT 部門とセキュリティ部門に与える影響を理解する 

Future-Ready なセキュリティ運用センターの構築

IT の活用によりセキュリティの運用をより広範に向上させることで、小規模なセキュリティ チームでも対応能力と有効性を最大限に高めることができます。

XDR の時代における EPP の評価 

VMware の Extended Detection and Response 製品

vmware-carbon-black-cloud

VMware Carbon Black Cloud

ニーズに適したクラウド ネイティブなエンドポイント保護機能でセキュリティを変革します。

vmware-tanzu-icon

VMware Tanzu

アプリケーションとインフラストラクチャをモダン化し、高品質なソフトウェアを継続的に本番環境に提供できます。

vmware-cloud-foundation-icon

VMware Cloud Foundation

モダン アプリケーションに対応したハイブリッドクラウド プラットフォームにより、デジタル トランスフォーメーションを推進できます。

vmware-vsphere-icon

VMware vSphere

業界をリードするコンピューティング仮想化プラットフォームにより、Developer-Ready インフラストラクチャを提供して妥協のない拡張性を実現できます。

vmware-nsx-data-center

VMware NSX Data Center

ネットワークとセキュリティを仮想化することで、データセンターからクラウドにわたりアプリケーションを接続、保護できます。