Back

Software-Defined Data Center: 統合ハイブリッド クラウドの基盤

VMware が提唱する 「 One Cloud, Any Application, Any Device」 は、パブリック、プライベート、およびマネージド クラウドにまたがって IT 部門が構築する 統合ハイブリッド クラウドを表しています。業界をリードする VMware の Software-Defined Data Center アーキテクチャ上に統合ハイブリッド クラウドを構築することで、コンピューティング、ストレージ、ネットワークに業界最高レベルの仮想化と管理性がもたらされます。場所を問わずに、単一の統合プラットフォームから、あらゆるエンタープライズ アプリケーションを迅速に開発し、自動的に提供および管理できます。

IT がもたらす成果

Software-Defined Data Center (SDDC) を基盤とした統合ハイブリッド クラウドを構築するための最適な方法は、IT がもたらす成果に重点を置くことです。これにより、データセンターの効率性を向上させ、イノベーションを促進できます。

IT がもたらす成果に関する詳細情報

Software-Defined Data Center について

完全に仮想化されたインフラストラクチャ

ソフトウェア ベースのアプローチにより、業界をリードする vSphere による仮想化をコンピューティングからネットワークやストレージにまで拡張します。データセンターのサービスの構成や管理も、仮想マシンと同じように低コストで容易に実現できます。

コンピューティングネットワークSoftware-Defined Storageの詳細

プライベート クラウドとハイブリッド クラウドの柔軟な組み合わせ

社内のプライベート クラウドと安全な IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) プラットフォームの両方で、アプリケーションとサービスをプロビジョニングして実行し、ハイブリッド環境内でワークロードをシームレスに移動できます。事実上すべてのハードウェアを使用できるため、特別なインフラストラクチャの必要性を最小限に抑えることができます。

提供オプションを見る

包括的なクラウド管理プラットフォームの利用

統合されたポリシー ベースのテクノロジーにより、異種混在のクラウド環境全体で IT サービスを自動化および管理します。従来のソリューションとは異なり、変化を続けるソフトウェア ベースのワークロードのオーケストレーションに特化したプラットフォームです。

詳細はこちら

お客様向けにカスタマイズした Software-Defined Data Center ソリューションの詳細

Developer Center では、新しく発表された Federation Software-Defined Data Center について説明しています。これは、EMC、Pivotal、RSA、および VMware の最高のテクノロジーによる共同ソリューションです。ミッション クリティカルなエンタープライズ アプリケーションのニーズを満たすように設計されています。この完全に統合された、開発、テスト、および検証済みのソリューションは、Software-Defined Enterprise への移行を加速させます。

詳細情報

メリット

  • 大幅な効率化とコスト削減:IT サービスの仮想化および運用管理の自動化により、リソースの使用率および従業員の生産性を新たなレベルに引き上げます。
  • アプリケーションのプロビジョニングを数分で実行:ポリシー ベースの構成により、ワークロードを数分で提供し、変化するビジネスの要求に合わせてリソースを自動的に調整します。
  • 適切な可用性とセキュリティをすべてのアプリケーションに提供:自動化されたビジネス継続性と仮想化対応のセキュリティを併用することで、比類のない連続稼動時間を実現し、リソースへのアクセスと配置の制御をより向上させることができます。
  • あらゆるワークロードをあらゆる場所に提供:新規または既存のアプリケーションを複数のプラットフォームやクラウド上で実行し、デスクトップかモバイル デバイスかを問わず、すべてのユーザーに迅速に提供します。

Software-Defined Data Center を実現する、VMware による検証済みの設計

VMware の検証済みの設計は、Software-Defined Data Center (SDDC) 全体を対象としています。包括的なシステム レベルのデザインとアーキテクチャによって、SDDC を最大限に活用できます。導入初日から、数日間、およびそれ以降に至るまでに推奨される運用方法が示されます。 

各設計には、構築の対象と理由が詳細に記載されたリファレンス設計ガイドが付属します。そのほかにも、検証済みの設計の構築手順が詳細に記載された実行ガイド、ソリューション ブループリント、設計のベスト プラクティス、トラブルシューティングのヒントなどが用意されています。VMware のエキスパートが各資料を作成および検証しています。

ソーシャル コミュニティ

ReThink IT ブログ
仮想化、データセンターの変革、およびクラウドの導入に関する VMware の見解をお読みいただけます。
ブログを読む

Twitter でフォロー
@vmware_Japan をフォローしてください
フォローする