分散した IT に対する最新の SecOps

SOC チームは人手不足で、大量のアラートや乱立するツールと格闘しています。そのため、クラウドやリモートを問わず、あらゆる環境内のアプリケーションやデータへの脅威を検知して対応することができるセキュリティ運用のための新しいアプローチが求められています。リスクと脅威について有用なコンテキストを入手し、制御と部門で連携して対応し、分散し続ける IT インフラストラクチャ全体を可視化できます。

制御ポイント全体でコンテキストを取得

アクション可能な高価値の情報をもたらす脅威インテリジェンスでリスクを検証し、VMware インフラストラクチャを活用して信頼性の高いコンテキストを得られます。制御ポイントを監視し、エンドポイント、ワークロード、ネットワーク、ユーザーなど、さまざまなソースからのデータを相互に関連付けることで、脅威を発生源で検知し、持続的な可視性を確保できます。 

セキュリティ運用と IT 部門をつなぐ

IT 部門とセキュリティ部門の軋轢をなくし、検知までの平均時間や侵害に対するレジリエンスを向上させます。共通のツール セットを使用した高度な脅威検知、ハードニングとパッチ適用、ポリシー管理、トラフィック分析、修正など、複雑なタスクに対応しながら、将来の侵害に対する強力な体制を構築できます。

運用ツールとベンダーを集約

スタック内のセキュリティ ツールが増えると、運用の複雑さも増大します。ツールを追加すれば費用が増大します。ベンダーを集約して、サプライ チェーンの複雑さを軽減し、セキュリティ運用を合理化する必要があります。  

正確に特定して迅速に対応

正確に特定して迅速に対応

多数の制御ポイントにわたり包括的なアクションを実行して、脅威への対応時に生じる運用上の悪影響を軽減します。攻撃キャンペーンのタイムライン全体を把握して、影響を受けたドメインすべての修正と保護強化を実施できます。多数の制御ポイントにわたる脅威ハンティングをプロアクティブに実行し、自動化、信頼性の高いコンテキスト、API 統合によって解決に要する時間を短縮します。 

SecOps をモダン化するための VMware 製品

リスクと脅威について有用なコンテキストを入手し、制御と部門で連携して対応し、分散し続ける IT インフラストラクチャ全体を可視化できます。

VMware Carbon Black Cloud Endpoint

クラウドネイティブなエンドポイントの保護

VMware Threat Analysis Unit

 マルウェア分析パイプラインの自動化

NSX Service-Defined Firewall

レイヤー 7 の内部ファイアウォール

VMware Secure State

クラウド セキュリティに関するインサイトとコンプライアンス上のリスクのプロアクティブな管理

VMware Carbon Black Cloud Workload

ワークロード保護に特化した高度なセキュリティ

Workspace ONE

ゼロトラストを実現するデジタルワークスペース プラットフォーム

NSX Advanced Threat Prevention(ATP)

NSX Service-Defined Firewall 用のネットワーク トラフィック解析および侵入防止ソリューション

vSphere

サーバ仮想化ソフトウェア

関連リソース

SolarWinds の侵害に関する分析と提案

SolarWinds の侵害に関する分析と提案

SolarWinds 製品のセキュリティ侵害は、あらゆる業界のセキュリティ責任者にとって、自組織におけるセキュリティ状態の再評価を迫るものであることをご確認ください。

Samsung は可視性を得て攻撃を阻止

Samsung は可視性を得て攻撃を阻止

従来のアンチウイルス製品を VMware Carbon Black Endpoint に置き換えたことで、Samsung は攻撃の阻止と環境の可視化に成功しました。 

ゼロトラスト モデルの採用によるファイアウォール戦略の再考

ゼロトラスト モデルの採用によるファイアウォール戦略の再考

企業がファイアウォール戦略を見直して、East-West ネットワーク トラフィックの保護に一層力を入れている理由をご覧ください。

導入に向けて