VMware のソリューションでビジネス クリティカルなアプリケーションを仮想化し、Software-Defined Data Center を最大限に活用

vSphere で重要なアプリケーションを仮想化すると、アプリケーションのパフォーマンスを損なわずにハードウェア リソースを最大限に利用できます。アプリケーションの可搬性が向上し、環境内の任意のサーバに容易に移行できるようになるほか、基準となる可用性が一層強化されます。

ビジネス クリティカルなアプリケーションの仮想化:お客様の成功事例:Revlon

Video Play Icon
(3:22)

ビジネス クリティカル アプリケーションの仮想化:お客様の成功事例:Revlon

Revlon は、ミッション クリティカルなアプリケーションの仮想化によって競争力を強化しました。

Gartner のリサーチ担当バイス プレジデント、Chris Wolf 氏が、アプリケーションを仮想化するメリットについて説明します。

Video Play Icon
(4:02)

アプリケーションを仮想化する理由

Gartner のリサーチ担当バイス プレジデント、Chris Wolf 氏が、アプリケーションを仮想化するメリットについて説明します。

ビジネス クリティカルなアプリケーション 

ハイ パフォーマンス コンピューティング(HPC)の仮想化

あらゆるアプリケーションと、それらのアプリケーションが稼動するあらゆるサーバは、セルフサービス モデルによるプロビジョニングの候補とみなすことができます。

Microsoft Exchange

セキュリティを維持し、データセンターの堅牢性を強化しながら、オンデマンドでセルフサービスのキャパシティとリソースを提供できます。

Microsoft SharePoint

高可用性と迅速なディザスタ リカバリを実現しながら、急速な成長に対応できます。

Oracle データベースおよびアプリケーション

Oracle データベースの仮想化と動的な拡張によりサービス レベルを保証します。

Java アプリケーション

仮想化された x86 プラットフォームにエンタープライズ Java アプリケーションを移動することで、ライフサイクルとスケーラビリティの管理が容易になり、リソースをより効率的に利用できます。

Microsoft SQL Server

SQL Server データベースを統合し、ハードウェアおよびソフトウェアのコストを 50 % 以上削減します。

SAP

仮想化により、SAP アプリケーションの可用性の向上、仮想マシンのクローンを使用したプロビジョニング時間の短縮、アプリケーションの動的なリバランスが実現します。

ビッグデータ

VMware のプラットフォームは、従来型アプリケーションに加えて、スケールアウトにも最適です。ハイ パフォーマンス コンピューティング アプリケーションに加えてビッグデータを仮想化することで、インフラストラクチャの管理が簡素化され、価値実現までの時間が短縮され、費用対効果が高くなります。