VMware のビジネス クリティカル アプリケーション仮想化による、Software-Defined Data Center の活用

vSphere で重要なアプリケーションを仮想化すると、アプリケーションのパフォーマンスを損なわずにハードウェア リソースを最大限に利用できます。アプリケーションの可搬性が向上し、環境内の任意のサーバに容易に移行できるようになるほか、基準となる可用性が一層強化されます。

(3:22)

ビジネス クリティカル アプリケーションの仮想化: お客様の成功事例: Revlon 社

Revlon gains a competitive edge by virtualizing mission-critical applications

(4:02)

アプリケーションを仮想化する理由

Gartner 社のリサーチ担当バイス プレジデント、Chris Wolf 氏が、アプリケーションを仮想化するメリットについて説明します。

仮想化の意義 

サービスとしてのアプリケーション

あらゆるアプリケーションと、それらのアプリケーションが稼動しているあらゆるサーバは、セルフ サービス モデルによるプロビジョニングの候補と見なすことができます。

Microsoft Exchange と Sharepoint

必要に応じて利用できるセルフ サービスのキャパシティおよびリソースを提供しながら、セキュリティを維持し、データセンターの堅牢性を強化します。

Oracle データベースおよびアプリケーション

Oracle データベースの仮想化と動的な拡張によりサービス レベルを保証します。

Java アプリケーション

仮想化された x86 プラットフォームにエンタープライズ Java アプリケーションを移動することで、ライフサイクルとスケーラビリティの管理が容易になり、リソースをより効率的に利用できます。

Microsoft SQL Server

SQL Server データベースを統合し、ハードウェアおよびソフトウェアのコストを 50 % 以上削減します。

SAP

仮想マシンのクローンを使用してプロビジョニング時間を短縮し、アプリケーションの負荷を動的に再調整して、SAP アプリケーションの可用性を向上させます。