Java 環境のサービス品質の向上

Enterprise Java Applications on vSphere Best Practices

このガイドでは、VMware によるエンタープライズ Java アプリケーション展開のベスト プラクティスが紹介されています。

 

Performance Brief for IBM WebSphere Application Server

IBM WebSphere Application Server を VMware ソリューション上で構成する際に役立つ、ソリューション アーキテクト向けの情報が記載されています。

 

VMware のソリューションで Java を仮想化するメリット

パフォーマンスを損なわずに Java アプリケーションを仮想化

VMware は、エンタープライズ Java アプリケーションに最高レベルのスケーラビリティとパフォーマンスを提供します。ソフトウェアとハードウェアの仮想化技術が進歩し、パフォーマンスの問題が解消されました。

アプリケーションのライフサイクル管理の向上

仮想化を行うと、アプリケーションのパッチ適用やプロビジョニングが短時間で完了するため、専用ハードウェアを使用した場合のような遅れは生じません。

既存のアプリケーション サーバで Java アプリケーションを仮想化

vSphere では、エンタープライズ Java アプリケーションを仮想化するために、アプリケーション サーバを交換する必要はありません。vSphere は、IBM WebSphere、Oracle WebLogic、RedHat JBoss を含む仮想マシンをホストするためのソリューションとして多くの企業に採用されています。

仮想化されたアプリケーションのパフォーマンスの維持

従来のデータセンターでは、一般的に、エンタープライズ Java アプリケーションを多数の物理システムに展開していました。本番環境にアプリケーションの「セントラル インスタンス」が 1 つしかないことはまれであり、通常は、サーバをクラスタ構成にしてアプリケーションをサポートします。このように、アプリケーションのレプリカが物理的に分散していると、管理が複雑になり、時間もかかります。アプリケーションの仮想化を行うことで、アプリケーションのパフォーマンスと信頼性が向上し、管理が必要な物理システム数を削減できます。

テクニカル スタディ

VMware ESX 上に WebSphere アプリケーション サーバを展開した、Ohio Mutual Insurance Group

お客様事例

vSphere に Apache Tomcat を展開

SonicWALL は、サーバ台数の増加を防ぐ手段として仮想化に期待を寄せました。

vSphere に IBM WebSphere を展開

WebSphere Application Server 6.1 に移行するメリットをご確認ください。

vSphere に Oracle WebLogic を展開

First American Corporation がどのように既存データセンターの 20% と新規サーバの 80% を仮想化したかご覧ください。

ご興味をお持ちの方はこちら