vSphere Bitfusion の概要

vSphere Bitfusion は、GPU などのハードウェア アクセラレーターの仮想化により、AI および機械学習をベースとするワークロードをサポートします。マルチベンダーのハードウェア アクセラレーターおよびそのエコシステムは、モダン アプリケーションを提供するうえで重要なコンポーネントです。こうしたアクセラレーターは環境内のあらゆる場所で使用できます。

詳細情報

vSphere Bitfusion の仕組み


vSphere Bitfusion は、環境内のサーバから物理リソースを分離します。GPU を、サーバごとの独立したリソースではなく、ネットワークを介してアクセスできるリソースのプールとして仮想インフラストラクチャ内で共有するためのプラットフォームです。Bitfusion は、AI フレームワーク、クラウド、ネットワークに加え、仮想マシン、コンテナ、ノートパソコンなどの環境の全体にわたり機能します。さらに、新規のハードウェア アクセラレーターが導入されるとすぐに仮想化を進めることができます。

機能

場所を問わず動的に GPU をアタッチ

Bitfusion は GPU の計算能力を分離し、ちょうどストレージをアタッチするのと同様に、データセンターの任意の場所に GPU を動的にアタッチします。

GPU を分割して効率性を向上

GPU を任意のサイズに分割して使用できるため、テストおよび開発のフェーズでより多くのユーザーをサポートできます。

標準規格に準拠したアクセラレーター アクセス

GPU をインフラストラクチャ全体で活用できることに加え、新しい標準規格の出現に応じて進化するテクノロジーを統合できます。

アプリケーション実行時の仮想化

実行時における CUDA の呼び出しに基づいて GPU をアタッチし、ネットワークのあらゆる場所で GPU サーバの使用率を最大化できます。

あらゆるアプリケーションに対応

Bitfusion は透過的なレイヤーであり、あらゆるワークロード、フレームワーク、コンテナ、ノートパソコンで実行できます。

コンポーネント

AI、機械学習、HPC を高速化する、業界をリードする高度な GPU 仮想化テクノロジーです。

vSphere Bitfusion

vSphere Bitfusion

vSphere Bitfusion はコンピューティング サーバをネットワーク経由で GPU サーバのプールにリモート接続するとともに、GPU のアタッチ/デタッチを行います。これにより GPU が仮想化され、多数のワークロードを並行して同時実行できるようになります。Bitfusion は、vSphere で CPU を仮想化する場合と同様に、GPU の仮想化を実現します。

vSphere Bitfusion Manager

vSphere Bitfusion Manager

vSphere Bitfusion Manager は、管理者がネットワーク内のすべての GPU サーバの健全性、使用率および効率性、可用性を監視するために使用できる管理ツールです。クライアントによる GPU 消費の表示および監視も可能になるほか、使用量の割り当てや時間制限の設定もできます。

vSphere Bitfusion の価格設定およびパッケージ

vSphere Bitfusion は vSphere Enterprise Plus Edition に統合された機能として提供されます。

リソース