Oracle の仮想化:VMware 環境でのデータベース、ミドルウェア、およびアプリケーションの実行

データベース、ミドルウェア、アプリケーションなど、ミッション クリティカルな Oracle ソフトウェアを仮想化することで、価値提供までの時間を短縮し、TCO(総所有コスト)を削減できます。また、IT 環境が簡素化されるため、Oracle 担当の IT およびアプリケーション管理者は、ストレージ、ネットワーク、およびコンピューティング リソースを活用して、コストの管理やビジネス ニーズの変化への迅速な対応が可能になります。

Oracle のデータベース、ミドルウェア、およびアプリケーションの仮想化にはプロフェッショナル サービスをご利用ください

Gartner の Marcus Collins 氏:データベース仮想化に対する誤解

Video Play Icon
(4:03)

Gartner の Marcus Collins 氏:データベース仮想化に対する誤解

Oracle RAC 環境の仮想化から企業が得られるメリットと、サポートおよびライセンスに関する企業の固定観念を乗り越える方法について説明します。

変化するビジネス ニーズにすばやく対応

業界でもっとも信頼されている仮想化プラットフォームに Oracle のデータベース、ミドルウェア、アプリケーションをインストールすることで、クラウド インフラストラクチャが大幅に簡素化され、既存のリソースを最大限に活用できます。

 

Oracle のライセンス ポリシーを順守しながらライセンス コストを削減

Oracle データベースを VMware vSphere クラスタに展開することで、ライセンス統合のメリットを活用できます。VMware 環境向けの Oracle の認定、サポート、およびライセンスの詳細を参照してください。

Oracle が完全にサポート

Oracle は、VMware 環境での Oracle データベースの仮想化を完全にサポートしています。Oracle のサポート ドキュメントを補完するため、VMware は Oracle 関連の問題に対する総所有ポリシーを設定しています。Oracle に関する問題については、VMware のサポートがお客様の窓口となります。VMware が十分なサポートを提供し、全体を担当します。ほとんどの場合、報告された問題は、両ベンダーのいずれか 1 社が提供する構成変更、バグ フィックス、または機能強化によって解決できます。

データベース

Oracle の仮想化によりスケーラビリティ、可用性、およびパフォーマンスを向上

VMware vSphere 上で Oracle データベースを実行することで、スケーラビリティ、可用性、およびパフォーマンスの面で大きなメリットが実現します。データベース ワークロードを仮想化することで、ハードウェアの直接的コストを最大 50 % 削減できます。さらに、設置場所、電力、冷却の要件が低減するため、パフォーマンスや管理性を維持したまま運用コストが削減されます。

メモリのオーバーサブスクリプションによる物理メモリのより効率的な使用

高性能のスケジューラにより、仮想マシンへリソースを動的に割り当て

DRS(Distributed Resource Scheduler)によるクラスタ全体での仮想マシンのロードバランシング

ダイレクト ドライバ モデルによる非常に高い I/O スループットの実現

ラージ メモリ ページと、ネステッド ページング(拡張ページ テーブル)のサポート

Oracle 仮想化サーバ:パフォーマンスの重要なポイント

パフォーマンス ハイライト

Oracle データベースを VMware インフラストラクチャ上で最適に実行できる 10 の理由

Oracle のライセンス ポリシーを順守しながらライセンス コストを削減

Oracle データベースを VMware vSphere クラスタに展開することで、ライセンス統合のメリットを活用できます。 

VMware 環境向けの Oracle の認定、サポート、およびライセンスの詳細を参照してください。

リソース