大規模なクラウド ワークロード セキュリティの簡素化

攻撃対象領域が急速に拡大する状況では、脅威への事後対応から、リスクのプロアクティブな予測と管理へと移行する必要があります。セキュリティ、IT、DevOps の各部門は、クラウドのワークロードとコンテナに対するリアルタイムの可視性を共有し、リスクベースで脆弱性に優先順位を付けて対応する必要があります。インフラストラクチャとアプリケーションをセキュリティの制御ポイントとして活用し、IT のモダナイゼーションに合わせて拡張可能な統合プラットフォームにセキュリティを組み込むことができます。
運用上の障害を取り除く

運用上の障害を取り除く

エージェントなしの運用を活用して、ワンクリックでセキュリティを確保できます。セキュリティの運用に費やす労力を減らし、IT 環境をより効果的に利用できます。

単一のプラットフォームを用いて、多様な環境全体で一貫性のあるセキュリティを実現することで、潜在的な盲点を減らし、将来の脅威に備えセキュリティを強化できます。

効果の高いアクションに集中して取り組む

効果の高いアクションに集中して取り組む

構成エラーを自動的に検出し、実際のリスクに基づいて脆弱性に優先順位を付けることで、セキュリティ ギャップをより迅速に解決できます。脅威インテリジェンスのオープン アーキテクチャを使用して、ワークロードとコンテナに対する脅威を防止します。

ソフトウェア スタック内の入り組んだ依存関係を把握し、脅威への対応を高い精度で行うと同時に、ビジネス レジリエンスを適切に保つことができます。

サイロ化を解消してリスクをすばやく減らす

サイロ化を解消してリスクをすばやく減らす

セキュリティ、IT、DevOps の各部門が適切なコンテキストに基づいてインシデントに対応できるようにすることで、攻撃対象領域を狭め、リスクを軽減します。リアルタイム データを共有することで、これまでサイロ化されていた各部門が一体となって機能できるようになります。

リスクと対応の分析を自動化することで、高精度なアラートを実現でき、的確なアクションを迅速に取れるようになります。 

開発から運用に至るまでコンテナ化されたワークロードを保護する

開発から運用に至るまでコンテナ化されたワークロードを保護する

セキュリティを損なうことなく、コンテナ テクノロジーを利用してイノベーションとモダナイゼーションを実現します。 

イメージ スキャン、可視性のマッピング、ネットワーク アノマリー検知などにより、コンプライアスを確保しつつ、Kubernetes アプリケーションのライフサイクル全体を保護します。

クラウド ワークロード セキュリティのための VMware 製品

IT のモダナイゼーションに合わせて拡張可能な簡素化されたワークロード保護により、ビジネスのスピード、セキュリティ、運用パフォーマンスのすべてを強化できます。

VMware Carbon Black Cloud Workload

ワークロード保護に特化した高度なセキュリティ

VMware Carbon Black Cloud Container

ビルドから運用まで、ライフサイクル全体にわたるコンテナ セキュリティ

関連リソース

DevSecOps の自動化によりライフサイクル全体にわたるコンテナ セキュリティを実現

DevSecOps の自動化によってコンテナ セキュリティの主要なユースケースを解決する方法をご紹介します。

脆弱性に対する優先順位付けの重要ステップ:セキュリティ部門と IT 部門の連携強化

セキュリティ部門と IT 部門のやり取りをスムーズにする方法について、トム・コーン(Tom Corn)と Jason Rolleston 氏が解説します。

導入に向けて