従業員体験の変革

統合デジタルワークスペースの提供は、場所を問わず業務を行える環境が組織に求められる今日において、従業員体験の課題を克服するための優先事項です。あらゆるデバイスにおける従業員体験を把握するためのインサイトを IT 部門にもたらす統合ワークスペースを提供することで、組織は従業員の勤務場所を問わず、あらゆるデバイスにおいて従業員を保護しつつ、生産性を向上をさせることができます。
インテリジェントなセルフサービス型のリモート サポート

インテリジェントなセルフサービス型のリモート サポート

適切な企業リソースを参照できる FAQ やチャットボットを提供することで、従業員の作業環境のダウンタイムを最小限に抑えられます。従業員体験管理により、問題が発生する前にプロアクティブに修正できます。IT 部門との直接のやり取りが必要な場合は、リモートの画面共有セッションを利用できます。

シングル サインオン対応の統合アプリケーション カタログ

シングル サインオン対応の統合アプリケーション カタログ

すべてのアプリケーションを 1 つの場所から起動できることにより、アプリケーションの検索やパスワード忘れにより費やされる時間を短縮します。

パーソナライズされたコミュニケーションとワークフロー

パーソナライズされたコミュニケーションとワークフロー

デバイスや場所を問わず、必要なコミュニケーションやワークフローにシームレスにアクセスできるため、従業員の生産性を維持できます。1 つの場所から、通知やシステム アップデートなどにアクセスしたり、ビジネス プロセスにおけるアクションを実行したりできます。

単一プラットフォームでの BYO/企業デバイスのサポート

単一プラットフォームでの BYO/企業デバイスのサポート

デバイスの管理状態に関係なく、モバイルとデスクトップをまたいで一貫性のある使用環境を提供します。従業員は、個人所有のデバイスでも会社支給のデバイスでも、セキュアな仮想デスクトップを含む企業リソースに安全にアクセスできます。

従業員のデジタル体験の向上に投資することのメリットとは

セルフサービス型のリモート サポートの提供

オンボーディングの迅速化

オンボーディングは、従業員の入社初日に実施されるだけではありません。テレワークへの移行、新しい役割への就任、オフィス勤務への復帰、買収時の異動など、さまざまな場面で必要になります。

セルフサービス型のリモート サポートの提供

リモートファーストの企業文化の確立に向けた継続的取り組み

テレワーク文化の推進は、場所を問わず業務を行える組織における必須要件です。テレワーク分野のエキスパートが、テレワーク重視の文化を創出するための実践的なアドバイスをご紹介します。

従業員の満足度と生産性の向上

従業員の満足度と生産性の向上

シームレスな従業員体験を提供し、技術的システムの中断を最小限に抑えることが、場所を問わずに従業員の生産性を維持するための鍵となります。

従業員体験管理のための包括的なインサイト

従業員体験管理のための包括的なインサイト

あらゆるタイプのデバイスを対象に、デバイスに依存しないシームレスな方法で従業員体験を測定し、従業員に優れた使用環境を提供します。測定データをインサイト、トレンド、ダッシュボードと組み合わせることで、IT 部門は従業員体験に悪影響を与える可能性のある問題をプロアクティブに特定して修正することができます。

イノベーションとカスタマー エクスペリエンスの向上

イノベーションとカスタマー エクスペリエンスの向上

業界最高レベルのテクノロジー ソリューションを従業員に提供することで、従業員は企業ブランドの魅力を伝える発信者になり、最高のカスタマー エクスペリエンスを提供する力を得ることができます。

FAQ

従業員のデジタル体験とは、統合デジタルワークスペース ハブを通じて従業員に提供される体験と、体験に関する問題を AI を活用して測定、関連付け、修正するために IT 部門に提供される体験管理ソリューションを組み合わせた、総体的な概念です。VMware は、Workspace ONE Intelligent Hub、Digital Employee Experience Management、Workspace ONE Assist など、非常に包括的な従業員のデジタル体験管理ソリューションを提供しています。

デジタル トランスフォーメーションの進展と、柔軟な働き方を支援するビジネスの潮流に対応して、現在あらゆる組織が従業員体験とそれに関連する生産性への効果について評価されるようになっています。「場所を問わず業務を行える組織」への移行を成功させるうえで、従業員体験の向上は必須要件です。

IT 部門が従業員体験向上のプロジェクトを成功させるには、人事部門、ビジネス部門の意思決定者、従業員のステークホルダーとの連携が必要です。

多くの組織におけるエンドユーザー コンピューティング導入の現状は、サイロ化の進行です。この状況は、デバイスやオペレーティング システム、ID/アクセス プロバイダー、アプリケーション スタックなどが複数存在することにより引き起こされています。このような状況では、統合された従業員体験の提供は困難です。組織は、これらのサイロを解消し、統合されたシームレスな従業員体験を提供することの困難さや、包括的な体験スコアで体験を測定するための可視性の不足といった課題に直面しています。従業員体験と体験管理を組み合わせることで、IT 部門は従業員体験を改善し、問題発生時にも効率的に修正できます。

 

従業員のデジタル体験管理(DEEM)は、デバイス、OS、アプリケーション、ネットワークなどのデジタル ツールの使用状況をすべて測定し、デバイスに依存しないシームレスなユーザーの使用環境の提供とセキュリティの確保を、あらゆる主要なモバイルおよびデスクトップ プラットフォーム(Windows 10、macOS、iOS、Android など)で実現するプロセスです。

従業員のデジタル体験管理では、複数のソースからデータを収集および分析し、機械学習モデルを適用して、従業員、アプリケーション、デバイスの体験スコアを各種のダッシュボードやレポートとともに提供します。これにより、管理者は異常を特定して問題を予測し、強力な自動化エンジンを使用して修正できます。

ご興味をお持ちの方はこちら