ディザスタ リカバリ ソリューション

 

 

包括的なディザスタ リカバリ ソリューションによる、あらゆるワークロードの保護

ランサムウェアなどの災害が劇的に増加している現在、企業にはデータを保護しダウンタイムを最小限に抑えることが求められています。

VMware は、ディザスタ リカバリ(DR)ソリューションの包括的なポートフォリオにより、リカバリのスピード向上およびコスト削減とクリティカルなデータの保護との、バランスの良い両立を支援します。

 

ディザスタ リカバリ ソリューション

VMware が提供するディザスタ リカバリ ソリューションのメリット

vmw-hybrd-cld-ops-lfour-speed-service-delivery

 

ビジネス上のリスクの低減

ランサムウェアなどの災害は従来に増して頻繁に発生しています。災害が発生した場合でも、アプリケーションの継続的な実行を確保できます。

optimz-multicld-costs-L4-stay-on-budget

 

投資効果の最適化

アプリケーションの重要度、目標復旧時間(RTO)および目標復旧ポイント(RPO)の要件に応じて最適なディザスタ リカバリ ソリューションを選択して、クラウドの経済性を活用できます。

strmln-ops-L4-operational-focus

 

運用の簡素化

自動化されたディザスタ リカバリ オーケストレーション機能と、本番サイトとディザスタ リカバリ サイトにまたがる一貫性のある VMware 環境により、すべての仮想マシンのリカバリ プランを作成および管理できます。

事業継続を確実に維持できるディザスタ リカバリ ソリューションを選ぶ方法 

事業継続を確実に維持できるディザスタ リカバリ ソリューションを選ぶ方法

総所有コスト(TCO)の削減

コスト削減に貢献する、クラウドによるオンデマンドのディザスタ リカバリを活用する方法をご紹介します。

データシート:VMware Cloud Disaster Recovery 

迅速なリカバリとダウンタイムの最小化

信頼性の高い RTO と低い RPO により、ディザスタ リカバリの信頼性が向上します。

ソリューションの概要:VMware Cloud on AWS での VMware Site Recovery 

非常に機密性の高いワークロードの保護

ディザスタ リカバリの予測可能性を向上させ、物理的なセカンダリ サイトへのシームレスなフェイルオーバーを実現する方法を解説します。

ビデオ:Site Recovery Manager の概要 

災害時のリカバリを支援する VMware 製品

vmw-prod-icon-vmware-cloud-disaster-recovery

 

VMware Cloud Disaster Recovery

vSphere ワークロードに対応する、使いやすいオンデマンドの DRaaS です。費用対効果に優れたクラウド ストレージに加え、大規模環境での IT の耐障害性を実現する SaaS ベースの管理と、VMware Cloud on AWS のフェイルオーバー キャパシティにおける従量課金制モデルをご利用いただけるソリューションです。

vmw-prod-icon-site-recovery

 

VMware Site Recovery

ミッションクリティカルな IT サービスを保護する、VMware Cloud on AWS 向けのホット DRaaS です。非常に低い目標復旧ポイント(RPO)と目標復旧時間(RTO)を提供し、ダウンタイムなしのテスト実行やレポート作成といった vSphere Replication と SRM のすべてのメリットを備えているうえ、セカンダリ データセンターの維持が不要です。

vmw-prod-icon-site-recovery

 

Site Recovery Manager(SRM)

メイン サイトに障害が発生した場合に、物理的なセカンダリ サイトへのフェイルオーバー プロセスを自動実行およびオーケストレーションします。リカバリ プランにより、仮想マシンをパワーオンする順序を決定し制御できます。SRM では、ディザスタ リカバリのコンプライアンス要件を満たせるよう、ダウンタイムなしでテスト実行と詳細なレポート作成が可能です。

VMware のソリューションに対する市場のリーダーからの高い評価

複雑性に制限されないオンデマンド DRaaS

「VMware Cloud Disaster Recovery の登場によってついに VMware ユーザーは、環境の複雑性に制限されずに自動かつオンデマンドで実行される、本格的なディザスタ リカバリを利用できるようになりました」

- ESG、Founder and Senior Analyst、Steve Duplessie 氏

データシートを読む 

自動ディザスタ リカバリによる手動プロセスの排除

「IT サービスを迅速にプロビジョニングするための俊敏性を実現するには、Software-Defined Data Center を通じた、データセンターとディザスタ リカバリの間でのデータ同期の自動化が不可欠です」

- DCB Bank Limited、Chief Technology Officer、Abhijit Shah 氏

お客様事例を読む 

強固な事業継続性プラン/ディザスタ リカバリによるクラウドへの移行の効率化

「… Site Recovery Manager により、ミッションクリティカルなワークロードでの目標復旧時間(RTO)を 2 時間半から 30 分に短縮でき、ディザスタ リカバリ プランが大幅に改善されました」

- Shriram Value Services、Vice President – IT、V Sendil Kumar 氏

お客様事例を読む 

ディザスタ リカバリ ソリューションに関する FAQ

どの VMware のソリューションが、自社のディザスタ リカバリの要件にマッチするでしょうか?

VMware は、お客様のディザスタ リカバリのニーズを満たす各種のソリューションをご提供しています。お客様のアプリケーションとワークロードにおける重要度、目標復旧時間(RTO)、目標復旧ポイント(RPO)の要件や組織のポリシーに応じて、もっとも適したソリューションをお選びいただけます。

·       Site Recovery Manager:セカンダリ データセンターをディザスタ リカバリ サイトとして利用したい組織向けの強力なソリューションです。

·       VMware Cloud Disaster Recovery:オンデマンドの DRaaS により、幅広い IT サービスを費用対効果に優れた方法で保護し、迅速なリカバリ機能を提供します。

·       VMware Site Recovery:非常に低い RPO と RTO を必要とするミッションクリティカルな IT サービスを保護するホット DRaaS を提供するほか、vSphere Replication と SRM のすべてのメリットをご利用いただけます。

 

DRaaS を選択する組織が増えているのはなぜですか?

DRaaS は、複雑である、コストがかかる、信頼性に欠けるといった、ディザスタ リカバリのもっとも一般的な課題を解消します。VMware Cloud Disaster Recovery は、VMware の最新のディザスタ リカバリ ソリューションです。費用対効果に優れたクラウド ストレージを使用しており、使いやすい SaaS ベースの管理をご利用いただけます。また、継続的なディザスタ リカバリの健全性チェックと監査レポートを提供するほか、従量課金制のキャパシティ モデルを採用しています。 

自分の組織が DRaaS を導入できない場合はどうしたらいいですか?

組織によっては、さまざまな理由で DRaaS の導入が難しい場合があります。たとえば、コンプライアンス ポリシーや社内ポリシーに適合しない場合や、DRaaS ソリューションでサポートされていない特定のストレージやレプリケーション テクノロジーを使用する必要がある場合です。このような場合、Site Recovery Manager をおすすめしています。同製品は、本番環境にご導入いただいている数千件の実績があります。

複数の VMware DR ソリューションを同時に使用できますか?

はい。すべてのワークロードを保護するために、複数のディザスタ リカバリ ソリューションをご利用いただけます。異なる IT アプリケーションのグループに対し、それぞれのソリューションを使用して保護できます。

関連するクラウド ソリューション 

VMware のクラウド ソリューションの詳細

あらゆるアプリケーションをあらゆるクラウドでビルド(構築)、実行、管理、接続、保護できます。

VMware Cloud on AWS

VMware 環境を AWS のパブリック クラウドに迅速に拡張、移行し、保護できます。