VMware のソリューションで従業員体験を変革

セルフサービス型のリモート サポートの提供

セルフサービス型のリモート サポートの提供

適切な企業リソースを参照できる FAQ やチャット ボットを提供することで、従業員の作業環境のダウンタイムを最小限に抑えられます。デジタル環境での従業員体験の管理により、問題が発生する前にプロアクティブに修正できます。

企業内コミュニケーションのパーソナライゼーション

企業内コミュニケーションのパーソナライゼーション

IT、人事など各部門からの情報通知をパーソナライズできる機能により、従業員が最新情報を常時容易に把握できます。

シングル サインオンを備えたアプリケーション カタログの統合

シングル サインオンを備えたアプリケーション カタログの統合

すべてのアプリケーションを 1 つの場所から起動できることにより、アプリケーションの検索やパスワード忘れにより費やされる時間を短縮します。

単一プラットフォームでの BYO/企業デバイスのサポート

単一プラットフォームでの BYO/企業デバイスのサポート

従業員が個人デバイスと会社のデバイスのいずれを使用している場合でも、モバイル/デスクトップの両方で企業リソースにアクセスできる、一貫性のある体験を実現できます。

シームレスな従業員の生産性を推進

シームレスな従業員の生産性を推進

従業員ごとにパーソナライズされたワークフローとその他の企業リソースを提供することで、複数のアプリケーション間を何度も切り替える手間を解消して、デバイスの種類にかかわらず生産性を容易に維持できます。

新規採用者のオンボーディングの最適化

新規採用者のオンボーディングの最適化

オンボーディングは、従業員の企業でのライフサイクルにおける非常に重要な節目のひとつです。従業員がオファー レターに署名してから勤務初日を迎えるまで、そしてその後のキャリア全体を通して従業員をサポートする、エンゲージメント プラットフォームを手に入れることができます。

重要な従業員サービスの統合

重要な従業員サービスの統合

アプリケーション、企業内コミュニケーション、ビジネス上のタスクのみでなく、トレーニングや継続的な能力開発のためのコンテンツ、アンケートなども利用できる単一のアクセス ポイントを提供することで、従業員の意欲を高めることができます。このようなポータルは、従業員体験向上のための主要システムと容易に統合できます。

従業員のセキュリティとプライバシーの保護

従業員のセキュリティとプライバシーの保護

従業員が安心して業務に専念できる環境を実現するには、プライバシー保護と物理的なセキュリティの確保が重要です。個人デバイスで企業データにアクセスする従業員に対し、どの種類のデータが収集され、どれが収集されないかを正確に示す透明性の高い情報開示により、従業員のセキュリティを保護します。統合された職場環境ソリューションにより、従業員が会社オフィスでの勤務を再開する際にも従業員の健康を最優先することができます。

従業員体験の向上に投資することのメリット

生産性の向上

勤務場所にかかわらず従業員の生産性を向上させるための組織構築に取り組んだ、Dell Technologies の事例をご覧ください。

 

テレワーク ファーストの企業文化の確立に向けた継続的取り組み

テレワーク文化の推進は、将来の変化に対応可能な組織における必須要件です。テレワーク分野のエキスパートが、テレワーク重視の文化を創出するための実践的なアドバイスをご紹介します。

 

卓越した顧客体験を実現するイノベーション

従業員にトップクラスのテクノロジー ソリューションを提供する組織では、従業員が企業ブランドの魅力を伝える発信者になります。従業員体験の管理への十分な投資が、卓越した顧客体験の実現につながっている企業の事例をご紹介します。

従業員のオフィス勤務再開時の安全確保

従業員に重要サービスへのアクセスを提供するデジタルワークスペース ソリューションにすでに投資しているなら、オフィス勤務再開に向けた計画の周知と実行も容易です。テクノロジーの活用により従業員が必要とする情報、アンケート、アプリケーションを提供することで、業務の方法や場所を問わず、従業員は安全に安心してオフィス勤務を再開できます。

 

魅力的な従業員体験の提供を支援する VMware 製品

デジタルワークスペース アプリケーション

Workspace ONE Intelligent Hub は、従業員にデバイスの種類を問わず重要な業務サービスへのアクセスを提供する、デジタルワークスペース アプリケーションです。IT 部門は、シングル サインオン(SSO)対応の統合アプリケーション カタログ、個別化された企業内コミュニケーションとサードパーティ製システムとの連携によるタスク割り当て、企業ディレクトリ、ブランディングされたサポート ページ、バーチャル アシスタント、トレーニングへのアクセスなどの機能を、Intelligent Hub によって一貫性のある方法で提供できます。これにより、オンボーディング、日常業務、異動、オフボーディング時における従業員体験をパーソナライズできます。

個人および企業のデバイスのサポート

BYOD プログラムをセキュリティとプライバシーの側面からサポートすることは、テレワーク重視の文化における重要な要素です。Workspace ONE では、非常に包括的な BYOD オプションを利用できます。Intelligent Hub を組み合わせることで、すべての従業員に充実した従業員体験を提供できます。

従業員体験に関するインサイト

デジタル環境での従業員体験の管理に Workspace ONE Intelligence を活用することで、デバイスの健全性とアプリケーションのパフォーマンスを可視化し、従業員体験に関する問題をプロアクティブに修正できます。

分散された環境で働く従業員へのリモート サポート

Workspace ONE Assist は高度に統合された包括的なテレワーク支援ソリューションであり、高品質の IT サポートを提供します。エンドユーザー コンピューティングへの投資効果を最大化すると同時に、収益損失の軽減、生産性の強化、従業員満足度の向上を実現できます。

VMware のソリューションに対する市場のリーダーからの高い評価

La Poste

La Poste

「VMware Workspace ONE のおかげで、郵便事業に携わる従業員、マネージャ、IT 部門のあらゆる業務が容易になりました」


– La Poste Group、Work Environment Director、Juliette Baudry 氏

Delta Air Lines

Delta Air Lines

「Workspace ONE は、お客様に対応する従業員に必要な情報を提供するための、当社の要件のすべてを満たしていました」


– Delta Air Lines、IT Managing Director、Rene Lopez 氏

FAQ

作家の Jacob Morgan 氏の定義によると、従業員体験とは、「オンボーディングから始まる、ある企業でのキャリアのライフサイクル全体を通じた、物理的環境、テクノロジー、文化の各側面における従業員の体験の総体」です。従業員体験においては物理面、文化面の双方においてテクノロジーが大きく影響しますが、特に今日のテレワーク環境ではその傾向は顕著です。

 

デジタル トランスフォーメーションの進展と、柔軟な働き方を支援するビジネスの潮流に対応して、現在あらゆる組織が従業員体験とそれに関連する生産性への効果について評価されるようになっています。「場所を問わず業務を行える組織」への移行を成功させるうえで、従業員体験の向上は必須要件です。

 

IT 部門が従業員体験向上のプロジェクトを成功させるには、人事部門、ビジネス部門の意思決定者、従業員のステークホルダーとの連携が必要です。

「Day 0」とは、従業員がオファー レターに署名してから勤務初日を迎えるまでの期間を指します。従業員のキャリアにおける重要な節目であり、雇用主である組織は、新しい従業員の意欲と、職務および組織文化への期待を、この時期を通じて維持する必要があります。

 

多くの組織におけるエンドユーザー コンピューティング導入の現状は、サイロ化の進行です。この状況は、デバイスやオペレーティング システム、ID/アクセス プロバイダー、アプリケーション スタックなどが複数存在することにより引き起こされています。このような状況では、統合された従業員体験の提供は困難です。こうしたサイロ状態を解消し、統合されたシームレスな従業員体験を実現することが、多くの組織が直面している課題と言えます。

 

オフィス勤務の再開における安全確保には、さまざまなチームが関与します。人事/コミュニケーション、法務、セキュリティ、施設管理、IT の各部門が連携して、従業員が安全にオフィス勤務を再開できる態勢を整備します。

従業員体験に関連するその他のソリューション

最新の管理

モバイル活用の進む社会に対応して、デバイスのライフサイクル管理を最適化することが求められています。包括的な最新の管理テクノロジーにより、導入の簡素化、全面的なクラウド ポリシー管理、アプリケーション提供の効率化、パッチ適用の自動化、セキュリティの確保が可能です。

ゼロトラスト セキュリティ

デバイス、ユーザー、アプリケーションを問わない本質的なセキュリティを組み合わせることで、ゼロトラスト モデルを採用したアクセス制御を容易に適用できます。業界をリードする最新のデバイス管理とあらゆるアプリケーションを対象としたアクセス管理により、ゼロトラスト アクセス モデルが実現します。

テレワーク

安全かつ拡張性に優れた統合デジタル インフラストラクチャを通じて持続可能なテレワーク戦略を導入する、「場所を問わず業務を行える組織」を実現します。

ご興味をお持ちの方は、今すぐお問い合わせください。