ハイパフォーマンス コンピューティングとは

ハイパフォーマンス コンピューティング(HPC)のワークロードは、2020 年までにもっとも急速に成長するワークロード タイプの 1 つと予測されています。VMware のソリューションにより、HPC のワークロードを仮想化するメリットを実現するとともに、ベアメタルと同等の性能を確保できます。ベアメタルの環境では困難だった高い柔軟性、運用効率、俊敏性、セキュリティにより、迅速なインサイトの活用と異常の検知が可能です。

スポットライト

VMware vSphere による HPC および技術コンピューティングの仮想化

HPC 環境の生産性を大幅に向上させる仮想化の機能について解説します。

VMware Cloud Foundation と UberCloud によるアジャイル HPC

Stanford HPC Conference でのモハン・ポテリ(Mohan Potheri)と Thomas Francis 氏

HPC の仮想化のメリット

柔軟性と俊敏性

インフラストラクチャをオンデマンドで迅速にプロビジョニングすることで、反復とスケールアウト サイクルを迅速化できるため、セットアップや構成変更にかかる時間を短縮し、インサイトの収集により多くの時間をあてることができます。

運用効率

包括的な管理機能により、セットアップと構成の時間を短縮できます。継続的なプロビジョニングやインフラストラクチャのメンテナンスといった Day 2 運用の簡素化も可能です。ライブ マイグレーションにより計画的なダウンタイムを排除できます。

複雑さの軽減

業界をリードする仮想化プラットフォームをそのまま使用できるため大きなメリットを享受できます。VMware のテクノロジー パートナーの広範なエコシステムにより、バックアップ、セキュリティ分析、ファイアウォール、運用管理などの付加価値サービスを容易に活用可能です。

顧客の機密情報に関するデータ ガバナンスと管理

それぞれの仮想マシンでセキュリティを確保することで、同じクラスタ内のほかの仮想マシンのデータは見えません。各仮想マシンは、自身に割り当てられた仮想ディスク ファイルにのみアクセスできます。これにより、仮想マシンやホストのセキュリティが強化され、組織やデータを保護することができます。

関連製品

VMware vSphere Scale-Out

vSphere の最新エディションである vSphere Scale-Out は、ビッグデータと HPC のワークロード専用に設計されています。オンデマンドのインフラストラクチャ、一元的な管理、機密データのガバナンスと制御により、有用なインサイトを迅速に活用できます。

リソース

ご興味をお持ちの方はこちら