オンライン キャンパスの実現に向けた変革と IT のモダン化

教育機関の IT サービス提供のモダン化

  • エンタープライズ IT アーキテクチャのコストと複雑さを低減できます。
  • データセンターのインフラストラクチャを統合し、標準化することで、効率性と拡張性が向上します。
  • パブリック クラウドの活用に向けた準備を進めることができます。
  • サービスを共有し、部門間のコラボレーションを改善できます(IaaS や高性能コンピューティングなど)。
  • 運用効率が向上し、IT がイノベーション推進の中心的役割を果たせるようになります。
  • 混合型のデータセンター設計を採用することにより、従来型と最新型の両方のアプリケーション基盤の管理と監視ができます。

ソリューションの概要を読む

 

パブリック クラウドへのスケール アウト

  • キャパシティをオンデマンドで使用することで、変化する加入状況や季節的に急増する需要に対応できるため、総所有コスト(TCO)を低減し、収益を拡大できます。
  • 変化し続けるニーズに応じてコンピューティング環境を動的に構成することにより、メーカー スペースやアクティブ ラーニングの授業など、革新的な学習環境に対応できます。
  • DRaaS を実現して、運用の継続性を維持できます。
  • オンラインでの遠隔学習を実現できます。
  • パフォーマンスを向上させ、設備投資コストから運用コストへ移行できます。
  • アプリケーションのテストおよび開発をクラウドで行えます。

ソリューションの概要を読む

 

 

サービスとしてのハイパフォーマンス コンピューティング(HPC)の実現

  • 研究/教育用ネットワークの Science DMZ を集約して仮想化することにより、柔軟性とセキュリティに優れたマルチテナント アーキテクチャを構築して、変化し続ける研究のニーズに対応できます。
  • テンプレートを使用することにより、一貫性があり、コンプライアンスの確保が可能な IT 環境を構築できます(NIST 800-171、HIPAA など)。
  • 任意のデバイスを使用してどこからでも仮想 HPC 環境にセルフサービスでアクセスすることができます。
  • 既存のリソースを集約して HPC ワークロードに活用できます。
  • アクティブでないリソースを再利用することにより、全体的なキャパシティを縮小できます。

 

インフラストラクチャの自動化による集約型の IT サービスの提供

  • セルフサービス ポータルにより、インフラストラクチャの提供を迅速化できます。
  • 重複やオーバープロビジョニングのコストを削減できます。
  • VMware Validated Design の使用により、コンプライアンスの確保が可能なアーキテクチャを実現できます(FERPA、PCI、NIST 800-171、HIPAA など)。
  • アプリケーションのパフォーマンス、信頼性、可用性を向上させることができます。
  • 時間のかかる手作業のプロセスを置き換えることで、運用コストを低減できます。
  • 問題が顕在化する前にプロアクティブに対応できるため、ダウンタイム発生の予防、リスクの低減、コンプライアンスの維持が可能です。

その他の高等教育機関向け IT ソリューション

VMware に関する情報 

 

 

VMware のブログ(教育機関向け)

教育機関に関する最新のニュースやトレンド、およびデジタル テクノロジーの導入に役立つベスト プラクティスをご確認ください。

エキスパートに相談

VMware は、デジタル トランスフォーメーションを加速させる取り組みを支援しています。ぜひご相談ください。

サービスの詳細

革新的なソリューションを導入するにあたり、十分な社内リソースを確保できない場合でも、VMware がお手伝いいたします。ぜひお問合せください。