初等および中等教育機関で VMware が選択される理由

リスクの低減

絶えず変化する脅威による侵害を防止し、教育機関において収集および配布される生徒と教職員のすべてのデジタル情報の安全を確保します。

セキュリティ アプローチの変革

従来の脅威対策に特化したセキュリティ アプローチを見直し、インフラストラクチャ、ユーザー、アプリケーション インテリジェンスを通じてゼロトラストの運用を実現する本質的なモデルを導入できます。

セキュリティの複雑性の軽減

複数のエンドポイント セキュリティ機能を単一のエージェントレス セキュリティ ソリューションに統合し、異種混在のさまざまなアプリケーションやインフラストラクチャ全体へのポリシー適用を自動化できます。

コンプライアンスと監査の整備

システムを統合し、オンプレミス環境とクラウド環境の脆弱性、構成エラー、変更アクティビティの検知と対応を自動化することで、監査を簡素化します。

ユースケース

ユースケース

データセンターからエンドポイントまでのリスクの軽減

エンドポイント、ワークロード、クラウド、ネットワーク、ワークスペースに保護機能が組み込まれた仮想インフラストラクチャを活用することで、脅威、異常、コンプライアンス違反に対してより効果的な可視化、制御、対応を行えます。

コンプライアンスの維持

ポリシーベースかつソフトウェアベースのセキュリティ アーキテクチャを展開し、ユーザー、アプリケーション、クラウド、エンドポイントにわたるコンプライアンスとポリシーの監視を一元化、自動化、効率化します。

市場のリーダーの信頼に応える VMware

サイバー攻撃の教訓に基づく防御の強化

ESC Region 11 は、テキサス州の 70,000 人以上の教員と 578,000 人の生徒に教育プログラムを管理しています。ESC は、サイバー攻撃を受けた後、データセンターとネットワーク インフラストラクチャをアップグレードし、脅威に対する検知、防止、対応を強化しました。

その他の初等および中等教育機関向けソリューション

デジタル ラーニングの推進

VMware のデジタル インフラストラクチャを活用することで、生徒と教員の意欲、教育の質、学習環境を改善できます。データとプライバシーを保護しながら、最新の複合学習環境をサポートします。

生徒への優れたデジタル環境の提供

アプリケーション、デバイス、場所を問わず、遠隔/オンライン/対面授業や、モバイルを活用した取り組みなど、分散された環境でも学習を継続できる仕組みを構築できます。場所を問わず、ニーズの変化に迅速に対応し、生徒の学習意欲を維持できます。

導入に向けて