初等および中等教育機関で VMware のソリューションが選択される理由

リスクの低減

デバイスの盗難や置き忘れがあった場合でも、オンラインで収集/配布された生徒や教員の情報の安全性を確保できます。変化の激しいサイバー攻撃の脅威からデータを保護し、セキュリティ侵害のコストやリスクを軽減することもできるほか、コンプライアンスの確保を自動化し、教育に関する規制への対応を常に最新の状態に維持することも可能です。

セキュリティの強化と変革

セキュリティをあらゆる場所に内在させることが可能です。Intrinsic Security(本質的なセキュリティ)のアプローチでは、ソフトウェア レイヤーで生徒用アプリケーションと教師用アプリケーションの通信を包括的に可視化し、コンテキスト情報を把握することができるほか、生徒や教職員の環境を高度に保護するサードパーティのセキュリティ サービスを併用できます。

IT セキュリティの負荷を軽減しながら柔軟性を実現

IT の管理性を確保しながら、学生や教職員が各自の作業に最適なデバイスやアプリケーションを選択できる柔軟性を提供できます。セキュリティを、後付けではなく、デジタル インフラストラクチャのなかに組み込むことができます。ID 管理とデバイス管理を統合し、ユーザー認証、デバイスの位置情報追跡、きめ細かいアクセス コントロール ポリシーに基づいてアクセスの可否を決定できます。

コンプライアンスと監査の効率化

プライバシー法(COPPA、FERPA、GDPR など)やその他の規制要件への対応を強化することが可能です。オンプレミス、マルチクラウド、エッジなどさまざまな環境のシステムを統合、集約することで、監査を簡素化できます。デバイスのワイプや、セキュリティ パッチおよびアップグレードの適用を一元的に行うことにより、データ保護を強化できます。

ユースケース

データセンターからエンドポイントまでのサイバー セキュリティ リスクの軽減

VMware のネットワークとセキュリティ ソリューションは、インフラストラクチャにセキュリティをあらかじめ組み込むことで、エンドポイントからクラウドにわたり、アプリケーションとデータを保護します。強力なデバイス管理、ユーザー アクセスの制御、アプリケーションレベルの VPN、およびアプリケーション ネットワーク セグメンテーションを含む、ゼロトラストのセキュリティ アーキテクチャを実現できます。

キャンパス全体のコンプライアンスの維持

ポリシーベースおよびソフトウェアベースのセキュリティ アーキテクチャを展開することで、規制に対するコンプライアンスを効率的に確保できます。VMware のデジタル インフラストラクチャは、IT 環境の管理と監視を集約、自動化することで、ユーザー、アプリケーション、クラウド、エンドポイントにわたるコンプライアンスの確保に貢献します。

市場をリードする組織からの信頼を集める VMware のソリューション

デジタル技術を活用した、中断することのない学習環境の提供

Forsyth County Schools では、VMware インフラストラクチャを導入してリソースを有効活用することで、IT 部門がセキュリティ、監査、教室で提供されるサービスの機能強化に注力できるようになりました。

その他の初等および中等教育機関向けソリューション

変化するニーズに対応しながら場所を問わず学習できるデジタル体験の加速

データとプライバシーを保護しながらあらゆる学習環境をサポートできるよう、教育モデルを最新化することにより、生徒と教師の信頼関係を高めることができます。

学生および教員への優れたデジタル環境の提供

アプリケーション、デバイス、場所を問わず、遠隔/オンライン/対面授業や、モバイルを活用した取り組みなど、分散された環境でもシームレスに学習を継続できる仕組みを構築できます。変化するニーズに IT で迅速に対応することが可能です。