連邦政府が VMware のソリューションを選択する理由

多層防御戦略の強化

サイバーセキュリティに対するモジュール式の本質的なアプローチにより、攻撃対象領域を減らし、異常を検知して、動作が正常な状態から逸脱した場合にはシステムとプロセスをプロアクティブに修正することができます。

セキュリティ強化ガイドラインに準拠

統合されたコンテキストベースの組み込み型エンドポイント/ワークロード セキュリティにより、連邦政府の基準を満たし、NIST のサイバーセキュリティ フレームワークを実装することができます。

コンプライアンスの整備

FISMA、NIST、ISO27001、EU NIS 指令、GDPR、その他の国際的な基準を満たすことができます。コンプライアンス フレームワーク全体で、構成エラーや変更アクティビティなどに関するポリシー チェックを自動化できます。

より迅速な脅威検知の実現

単一の多目的エージェントと業界をリードするインフラストラクチャ保護機能を利用することで、オンプレミスでもクラウドでも、動きの速い脅威をすばやく封じ込めることができます。

ユースケース

エンドツーエンドのセキュリティ体制の実現

インフラストラクチャと運用のすべてのレイヤーにセキュリティを組み込むことで、本質的にセキュアなワークロードを実現できます。オンサイトおよびオフサイトの制御ポイント全体でアプリケーションとデータを保護し、あらゆる場所でリスクベースの条件に基づくアクセス制御を適用できます。

環境全体の脆弱性への対応

IT ベースの信頼ポリシー、本質的な脅威インテリジェンス、そして各アプリケーションやワークロードに固有の変更不能なセキュリティ機能を活用して、オンプレミス環境とクラウド環境全体でコンプライアンスとガバナンスを一元化し、拡張することができます。

市場をリードする組織からの信頼を集める VMware のソリューション

連邦政府のクラウド インフラストラクチャの強化

国家的なサイバーセキュリティ上の脅威に対処し、連邦政府の顧客にもっとも信頼性の高いエンタープライズ クラウドサービスを提供するため、SAIC は自社の Software-Defined Data Center(SDDC)に VMware Validated Design の認定を取得しました。

その他の連邦政府向けソリューション

最新の IT によるデジタル ガバメント機能の拡張

VMware のマルチクラウドおよびモダン アプリケーション ソリューションにより、運用効率の向上、市民や職員のニーズへのより効果的な対応、そしてデジタル サービスの提供が可能になります。

市民と職員の双方に優れた体験を提供

行政機関職員、企業、および国民が、必要なときに必要な情報やサービスを、チャネルやデバイスを問わず簡単、確実、安全に入手できるようになります。