概要

医療機関向けにセキュリティ対策状況の評価を機密保持の下無料で実施

医療機関向けにセキュリティ対策状況の評価を機密保持の下無料で実施

世界中の医療機関のセキュリティ面での最優先事項は、侵害とランサムウェアです。医療機関にとって、セキュリティ対策状況が業界標準を満たし、さらにそれを超える水準にあることを確認する重要性はこれまで以上に高まっています。

VMware は Intel Health and Life Sciences と協業し、医療機関向けにセキュリティ対策状況の評価を機密保持の下無料で実施しています。

 

評価は、VMware、Intel、またはほかの業界パートナー 4 社のいずれかによって実施されます。1 時間のミーティングを実施し、医療業界の状況と比較したセキュリティ対策の現状に関する詳細なレポートを提供いたします。

このレポートでは、8 種類の侵害と 42 のセキュリティ機能についての医療業界の同業他社との比較に基づいた、お客様のセキュリティの成熟度、セキュリティの優先順位、セキュリティ機能の分析結果を提供します。

  • セキュリティ対策状況の成熟度スコア
  • さまざまな種類の侵害を優先しすぎる/軽視している可能性がある場所
  • 8 つの侵害タイプに対する対策状況のパーセンタイル
  • 42 の侵害保護機能に関連する大きな欠陥と改善の機会

このレポートには、HIPAA、NIST、PCI DSS、ISO2700x、GDPR、CIS などの主要な規制や標準へのトレーサビリティも含まれているため、参加者は欠陥への対処がコンプライアンスにどのように役立つかを確認できます。

ご興味をお持ちの方はこちら