ユースケース

医療保険業務用データセンターのモダン化

 

絶えず変化する市場で確実に競争力を発揮するには、クラウドへ拡張できる最新の IT インフラストラクチャが必要です。VMware の Software-Defined Data Center(SDDC)はハイパーコンバージド インフラストラクチャ上に構築されており、包括的なクラウド管理ソリューションの下 ITaaS として自動化および稼働させ、貴重なリソースを活用できます。

 

柔軟性に優れたハイブリッド クラウドによる拡張

 

特に医療保険の受付期間中は、スケーラビリティの向上に VMware のソリューションが活用されています。VMware のデジタル基盤は、オンプレミス環境からハイブリッド クラウドへ拡張できます。共通の運用およびクラウド管理を使用することができ、組み込みのセキュリティのレイヤーを備え、システム、パートナー、アプリケーションにわたり安全かつ効率的にデータを統合できます。

 

新しいアプリケーションの迅速な提供

 

アプリケーションごとに必要なものを必要に応じて提供するインフラストラクチャで、新しいアプリケーションのニーズに対応できます。VMware のソフトウェアベースのアプローチにより、動的で一貫したデジタル基盤を構築して、複数のクラウドにまたがるクラウドネイティブ アプリケーションの開発環境を提供し、将来にも対応する医療保険向け IT 環境を構築できます。