セキュリティの変革

機密性の高い患者データをサイバー攻撃から守るには、医療機関の安全性を高めることが必須要件です。VMware は、収益、ブランド、評判への悪影響を回避しながら、セキュリティとコンプライアンス要件を確実に満たすソリューションを提供しています。物理的、技術的、教育的アプローチを組み合わせたデータ保護により、ランサムウェア、マルウェア、スピアフィッシング攻撃などの脅威に対処できるほか、マルチ レイヤーからなるアプローチで、医療機関へのセキュリティ侵害の脅威と影響を大幅に軽減する取り組みを支援します。

4:07

Cognizant グループの TriZetto による、VMware NSX を活用したセキュリティ、マルチテナント環境、ディザスタ リカバリの実現

ソリューションのメリット

脆弱性の高いオペレーティング システムで動作している可能性のある医療機器を隔離

生産性を向上し患者ケアに専念できる機器の選択肢を医療従事者および患者に提供しながら、組織を広範に保護します。

電子カルテ (EMR) サービスおよびシステム階層にマイクロ セグメンテーションを導入することにより、EMR への潜在的な攻撃要因を劇的に削減

従来のインフラストラクチャからソフトウェア ベースのセキュリティに移行することで、アプリケーションにポリシーを適用できます。

モバイル デバイスの紛失や盗難の発生時に、リモートでのワイプによりコンプライアンス違反の情報閲覧を防止

コンプライアンス確保とリモート管理を自動化できます。

関連製品

VMware NSX 

VMware NSX は、基盤となる物理インフラストラクチャからセキュリティ機能を分離し、ハイパーバイザーに直接組み込むことで、データセンター全体に分散させます。

VMware vRealize Automation と VMware NSX 

NSX を使用すると、ポリシー ベースのアプローチでワークロードに結び付けられているネットワークおよびセキュリティ サービスによって、物理ネットワークをトランスポート キャパシティのプールとして扱うことができます。これによりネットワーク運用が自動化され、ハードウェア ベースのネットワークに関連するボトルネックが解消されます。

お客様事例 

Interfaith Medical Center: VMware NSX により医療機関の電子カルテの「Meaningful Use (MU3)」と NIST の要件に対応