パブリック クラウドとの統合による迅速な新サービスの提供

製造業務におけるインフラストラクチャとアプリケーションを刷新することで、クラウドによるコストと効率性のメリットを実感できます。迅速な製品の提供、高コストなダウンタイムの排除に加え、スマート マニュファクチャリングへの移行を促進できます。また、将来の変化に対応可能な IT 投資を保護しながら、進化するテクノロジーとパートナーシップを活用し、あらゆるクラウドであらゆるアプリケーションを実行、管理、接続、保護できます。 

Whirlpool

VMware 製品をベースに構築したクラウド コンピューティングによって世界規模で製品のイノベーションを促進したお客様事例です。 

ソリューションのメリット

迅速な拡張

プライベート クラウドとパブリック クラウドを統合して運用を必要に応じて拡張、縮小し、ビジネスの競争力を高めることができます。

コストの削減

IT セキュリティを強化する共通のクラウド インフラストラクチャと管理モデルを活用することで、複雑さと管理の負担が軽減されます。スタッフの再トレーニングは不要です。

ダウンタイムなしでプロセスを高速化

インフラストラクチャとアプリケーションの可用性を常に確保し、ダウンタイムとデータ損失を発生させません。災害時にかかる平均復旧時間も短縮できます。

関連製品 

VMware Cloud on AWS

包括的なターンキー サービスとして、オンプレミスのプライベート クラウドと先進的な AWS サービスとをシームレスに統合できます。

VMware vRealize Suite

高度なネットワーク機能を備えたエンタープライズ対応のクラウド管理プラットフォームを導入し、複数のプライベート クラウドとパブリック クラウドを管理できます。

お客様事例 

(1:36)

General Electric

VMware Cross-Cloud Architecture を導入したお客様事例です。