IoT ソリューションによるエッジの管理

アナリストによると、2025 年までに 754 億台のデバイスがインターネットに接続されると予測されており、この劇的な変化は医療分野や小売業をはじめ、さまざまな業界に影響をもたらすと言えるでしょう。この変化に対応するためには、適切な IoT プラットフォームで、複雑な IoT の導入を簡素化し、IoT インフラストラクチャの信頼性とセキュリティを高め、ROI を最大化することが必要です。

(1:11)

VMware の IoT ソリューションが提供するさまざまなメリット

VMware の IoT ソリューションを活用することで、管理できる範囲を広げられるだけでなく、迅速な運用、セキュリティの強化、イノベーションの加速を実現できます。

IoT 成功の基盤 

数千ものデバイスが接続されるという状況の変化によって、従来の運用環境に新たな課題が生じ、対策が必要とされています。IoT の複雑さを軽減し、エンタープライズクラスの IoT プラットフォームを保護する 6 つのベスト プラクティスをご紹介します。

総力の結集

OT 部門、IT 部門、ビジネス部門の意思決定者が連携し、全社を挙げて専門知識を活用します。

IoT デバイス管理の簡素化

集中型 IT インフラストラクチャ プラットフォームでエッジ デバイスの検出、構成、管理を自動化し、IT 担当者と運用担当者のリソースを解放します。

共通言語でのコミュニケーション

IoT プラットフォームに独自のソリューションを構築して、異種混在の通信プロトコルを接続し、まとめることができます。

拡張に向けた備え

展開が容易で拡張性の高いアーキテクチャと、ベンダーに依存しない管理ツールを使用して、新しいタイプの「モノ」を簡単に追加できます。

セキュリティの統合

エッジ デバイスやアプリケーションのソフトウェア アップデートをタイムリーに提供し、データとネットワークのセキュリティ リスクを最小限に抑えます。

スマートなデータ処理

包括的なデータ オーケストレーション ツールにより、ストレージのコストの削減、ネットワーク帯域幅の縮小、セキュリティ リスクの低減が可能です。

エッジからクラウドにわたる IoT 環境の管理

 

VMware Pulse IoT Center

VMware Pulse IoT Center は、IoT デバイスを管理および監視するエンタープライズクラスのソリューションです。IoT プロジェクトを効率的に管理、運用、拡張、保護するほか、OT 部門と IT 部門の両部門が、エッジからクラウドまで、IoT のユースケースを導入、管理、監視、保護できるようにします。

詳細情報 >>

IoT の導入による業界の変革 

スマート マニュファクチャリング

スマート マニュファクチャリングの導入により、データに基づく運用の強化、工場のさらなる自動化を進め、パーソナライズされた製品や新しいサービスを提供するテクノロジー企業へと進化する企業が増加しています。

コネクテッド トランスポーテーション

IoT は、車両の設計や製造、物流、保険、販売など、輸送業界の至る所で変革を起こしています。車両、消費者、交通インフラストラクチャをインターネットを介して接続することで、運転環境や安全性の大幅な向上と、コストの削減が可能です。

コネクテッド リテール

IoT を活用することで、変化の激しいお客様のニーズへの迅速な対応、サプライ チェーンのさらなる効率化、新たなお客様の行動パターンの把握、カスタマー エクスペリエンスの最適化を行えます。これにより、売上の大幅な増加とブランド イメージの向上が実現し、競争優位性を高めることができます。

スマート バンキング

IoT の導入により、非効率なプロセスの見直しや、カスタマー エクスペリエンスの向上だけでなく、お客様のニーズに合わせた製品やサービスを大幅にパーソナライズすることが可能です。

コネクテッド ヘルスケア

ヘルスケアやウェルネスの分野で IoT を活用することによりもたらされるグローバルな経済効果は、2025 年までに 1 兆 6,000 億ドルになる見込みです。IoT の活用により、患者、医療サービスの提供者、保険業者が情報をリアルタイムに把握できるため、環境や効率性の向上、コスト削減、患者ケアの改善を行うことが可能です。

スマート シティ

IoT を活用するスマート シティでは、コストやリソース消費量の削減と安全性の強化が可能なため、市民の QOL(生活の質)を高めることができます。リアルタイムのトラフィック管理やスマート街路灯などの IoT デバイスにより、スマート シティ構想のコスト削減効果は、全世界で 4 兆 6,000 億ドルになると予想されています。

エネルギー、石油、ガスのスマート化

リモート資産管理、スマート メーター、スマート グリッドなどの技術を活用した IoT によって、運用の効率化を図り、従業員の安全性を強化しながら、コストの削減や環境資源の保全が可能です。

IoT のパートナー エコシステム

IoT ソリューションの導入は、企業にとって目下の課題となっています。複数のベンダーの製品やサービスを組み合わせることが多い一方で、確立されている基準が少なく、ガイダンスも十分に用意されていません。VMware は、幅広いパートナー エコシステムを構築し、さまざまな業界のお客様が複雑な IoT の導入に対応できるように支援することで、IoT に対する不安の解消に努めています。

 

この方針のもと、VMware は IoT 関連のパートナー企業と連携し、IT と OT のギャップを埋め、デバイスからデータセンターに至るエンドツーエンドの IoT ソリューションを展開しています。

IoT パートナーを見つける >>

IoT に関するその他の情報

IDG による IoT 市場調査

IDG は、IoT の課題について、IT 部門の責任者やスペシャリストを対象に調査を実施しました。

IoT ポッドキャスト

IoT データを活用して、管理や監視の課題に対応する方法を紹介します。

IoT を成功に導くプランニング

IoT ソリューションを計画、展開、管理するための準備に役立つ情報をご覧ください。