分散した IT に対応する最新の SecOps

分散環境では、多くの SOC チームが攻撃者への対応に苦慮しています。これは、サイロ化された異種システムからのアラートにはコンテキストが欠如しているために、問題の修正に時間がかかるためです。VMware のソリューションは、重要な制御ポイントを接続することで SecOps を効率化し、モダン アプリケーション、マルチクラウド、ハイブリッド型ワークスタイル全体に対応範囲を拡張します。最新の SecOps の導入により、運用の信頼性を向上させ、問題解決までの時間を短縮し、将来の変化に対応するセキュリティを実現できます。

運用の信頼性の向上

VMware の業界最高クラスのプラットフォームに組み込まれた透明性により、関連性の高い、詳細で、正確なデータ収集で得られる信頼性の高いコンテキストを基にして、エンドポイントとワークロードを保護できます。

導入してすぐに運用の信頼性を向上させることができるため、セキュリティ チームを最大限に活用しながら、リスクとプロアクティブな防御、検知、対応をインテリジェントに関連付けてリスクを効果的に低減できます。

問題解決までの時間の短縮

精度の高い修正によって問題に迅速に対応し、イメージの再作成にかかる時間を最小限に抑えます。既存のセキュリティ担当者を時間のかかる作業から解放し、リスクに基づいて脆弱性を優先順位付けすることによって、プロアクティブな脅威ハンティングに注力させることができます。

セキュリティ チームはアセット内で発生するイベントを極めて明確に把握できるため、オンサイトかリモートかにかかわらず、インテリジェントで迅速な問題解決が可能になります。

将来の変化に対応するセキュリティ

エンドポイントにとどまらない可視化によって、将来の変化に対応するエンドツーエンドのセキュリティ体制を確立し、より優れた、より迅速な検知と組織的な対応が可能になります。

お客様のニーズに応じてセキュリティ モジュールを追加したり、既存のワークフローに適合するツールを統合できるため、お客様のセキュリティ成熟度に合わせて、現在はもちろん、将来の環境にも対応します。

SOC のモダナイゼーションを支援する VMware 製品

リスクや脅威に関する情報の質と量を向上させ、制御装置とチーム間の連携した対応を可能にし、分散し続ける IT インフラストラクチャ全体の可視化を実現します。

Carbon Black Cloud

エンドポイントとワークロードを保護する業界最高クラスのプラットフォーム

Carbon Black MDR

VMware の脅威分析の専門家チームがサポートする Managed Detection and Response(MDR)

NSX Distributed IDS/IPS

East-West トラフィックを対象とした侵入の検知と防御

セキュリティ プロフェッショナル サービス

すべての制御ポイントを対象に VMware のテクノロジーを評価、設計、導入

Carbon Black Endpoint

クラウドネイティブなエンドポイントの保護

NSX Network Detection & Response

AI を活用して、複数の検知エンジン間でイベントを相互に関連付け

NSX Sandbox

未知の脅威や高度な脅威を正確に検知し、これらの脅威から防御

関連リソース

Emotet の C2 構成の抽出と分析

Emotet の C2 構成の抽出と分析

Emotet ペイロードの C2 構成を明らかにすると、脅威の検知から脅威のハンティングに至る、さまざまな場合に役立ちます。

エンドポイントとネットワークの包括的な可視化

エンドポイントとネットワークの包括的な可視化

MITRE Engenuity による ATT&CK® 評価の結果、VMware の包括的なソリューションは業界をリードする製品であることが明らかになりました。

ご興味をお持ちの方はこちら