VMware のマルチクラウド アーキテクチャでクラウド間の互換性の問題を解消

 

アプリケーション ポートフォリオのニーズに対応するクラウド環境の構築を模索するうえで確かなことは、単一のクラウドでは十分でないということです。しかし、マルチクラウド ソリューションに移行すると、リソース コストの上昇と組織の効率性の低下につながる可能性があります。

 

VMware のソリューションは、それぞれに固有のルールや要件などの独自性を持つクラウドベースのアーキテクチャを扱う際の複雑性を適切に把握するうえで役立ちます。

 

また、VMware のソリューションは、クラウド アーキテクチャの設計時の課題に対処するうえでも役立ちます。すでにあるツールやスキルを利用しながら、コードに変更を加えることなく簡単にアプリケーションの移行ができ、スケジュールの遅延なくビジネス上のニーズに対応できるため、競争力を保つことが可能になります。

理想的なクラウド環境とは

 

アプリケーションのモダン化を成功させるには、まずマルチクラウド環境でどのような機能が必要になるかを検討します。

 

なんらかのヒントとなるよう、アプリケーション開発および IT 運用の専門家 1,200 人を対象に VMware が実施した調査から、最適なクラウド環境と、それによりどのようなことが可能になるかについて、いくつかの例をご紹介します。

  • アプリケーションの展開場所にかかわらず、一貫性のあるアプリケーション管理ができる
  • コードを書き換えることなくパブリック クラウド間でアプリケーションを移行でき、場所を問わず、アプリケーションの開発、移動、実行ができる
  • アプリケーションの実行場所にかかわらず、アプリケーションのセキュリティを確保できる
  • チーム間の連携が容易になるように、開発者と IT を適切にサポートできる
  • リファクタリングを必要とすることなく、新しいクラウド環境にシームレスに移行できる

企業によって求められるものはさまざまで、必ずしもこれらの要素と一致しないかもしれませんが、理想的なクラウド環境アーキテクチャの構想から実現までの道のりを VMware はお手伝いできます。

マルチクラウド アーキテクチャに関して指針となる 5 つの原則

組織がマルチクラウド環境でのアプリケーションのモダン化を進めるうえで、アーキテクトは重要な役割を担います。コストとリスクを最小限に抑えながら俊敏性を高めるには、クラウドベースのアーキテクチャに関するこれら 5 つの原則に留意する必要があります。

1

優れた柔軟性

各アプリケーションの固有の要件にもっとも適したクラウドへの展開を可能にすることで、ビジネスの俊敏性を向上させる環境を構築できます。

2

容易な移行

アプリケーションをリファクタリングすることなく環境間で自在に移行できるようにすることで、コストのかからない環境を構築できます。

3

シンプルな運用

統合運用モデルを活用することで、運用の簡素化とセキュリティの強化を両立させた環境を構築できます。

4

人材のフル活用

開発者や IT 担当者が既存のスキル セットを最大限に活用できるようにすることで、将来の変化に容易に対応できる環境を構築できます。

5

自動化投資の最大化

環境の自動化を促進することで、運用全般にわたって自動化をスケールアップできるようになります。

VMware が提案するマルチクラウド アーキテクチャへの統合アプローチ

VMware は、あらゆるクラウドにおける従来型アプリケーションおよびモダン アプリケーションの開発、実行、管理に関する統合アプローチを提供します。単一のプラットフォームであらゆる種類のアプリケーションおよび複数のクラウド環境に対応できるため、アプリケーションの移行や実行をシームレスに行うことができます。

VMware のマルチクラウド アーキテクチャのメリット

ハイブリッド クラウドのアーキテクチャとパブリック クラウドのネイティブ アーキテクチャの両方を含むマルチクラウド環境におけるクラウド運用をサポートする VMware テクノロジーを利用して、アプリケーションのモダン化とマルチクラウドの戦略を策定できます。データセンターからクラウド、エッジまでの構築、導入、管理ができる柔軟性があるため、使用するアプリケーションに最適なマルチクラウド環境を設計できます。

  • 充実した PaaS レイヤー、Kubernetes ランタイム、およびマルチクラウド制御プレーンを利用して、あらゆるクラウドでモダン アプリケーションを開発、実行、管理するための幅広い機能を使用できます。
  • 包括的な視認性により、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google、Oracle のパブリック クラウド、Kubernetes、VMware ベースのプライベート クラウドおよびハイブリッド クラウドを含むマルチクラウド アーキテクチャを適切に管理できます。
  • さまざまな業界標準、カスタム セキュリティ、コンプライアンスの要件を満たすためのクラウド リソースの構成およびベンチマークの継続的な監視により、セキュリティとコンプライアンスの状態をリアルタイムで可視化できます。
  • チャージバックのための効率的なコストの配分、支出の増加状況の監視、および予約や低コスト プランの利用に関する適切な意思決定により、マルチクラウドおよびコンテナ環境のコストを最適化でき、IT コストを予算内に収めるのに役立ちます。
  • クラウド運用の合理化と、ガバナンス ポリシーの自動化により、DevOps の機能やチームに影響を与えることなく、マルチクラウド運用を改善できます。

マルチクラウド アーキテクチャでのアプリケーションのモダン化を加速させる VMware 独自のアプローチに関するガイドの決定版をお読みいただけます。

 

eBook を読む