高速かつセキュアなクラウドへのアクセスを場所を問わず提供

分散された環境で働く従業員は、場所やデバイスを問わずに業務を行うために、アプリケーションへのより高速かつセキュアなアクセスを必要としています。WAN を最適化することで、クラウド活用に向けた適切な準備ができます。クラウド内の Point of Presence(PoP)を利用してアプリケーションにもっとも近い場所で保護機能を適用することで、データセンター経由のトラフィックを発生させず、速度の低下とユーザー体験への影響を防止します。

場所を問わず快適に働ける柔軟性

ネットワークに新しい問題を導入することなく、テレワークという新しい常識を導入できます。アプリケーションのパフォーマンスは維持したまま、接続性とセキュリティを強化できます。

本質的かつ俊敏な SD-WAN セキュリティ

従来の WAN や「城と堀」型のデータ セキュリティ モデルは、クラウドベースのアプリケーションと分散された環境で働く従業員のニーズに対応していません。クラウドからセキュリティを管理することで、効率的なアクセスと優れたユーザー体験を確保できます。

効率化と自動化

組織において、ネットワーク上のエンドユーザーと IoT デバイスに対する可視化と分析の機能を十分に利用できない場合、生産性と事業継続性に影響が生じます。VMware は革新的なソリューションにより、エンドユーザーとデバイスにおけるクライアント体験の向上とアプリケーション パフォーマンスの確保を実現します。運用の簡素化とプロアクティブな修正機能により、IT の変革を加速させ、AI を活用した自己修復型のネットワークを提供できます。

VMware SD-WAN 製品

SD-WAN は、ソフトウェア抽象化によってネットワーク オーバーレイを作成し、基盤となるハードウェアからネットワーク ソフトウェア サービスを切り離します。SD-WAN セキュリティの各製品は、VMware SASE Platform の一部です。

VMware SD-WAN

WAN 接続を仮想化するプラットフォーム

VMware Secure Access

リモート/モバイル ユーザーによる安全で高パフォーマンスなアクセスの実現

VMware SASE Platform

あらゆる場所で働く従業員に対する、アプリケーションへの安全で信頼性の高いアクセスの提供

VMware Edge Network Intelligence

ネットワークの健全性とアプリケーションの配信に関するアクション可能なインサイトの自動生成

関連リソース

Gartner の 2020 年マジック クアドラント:WAN エッジ インフラストラクチャ部門

VMware SD-WAN™ は WAN エッジ インフラストラクチャ市場の「リーダー」と位置付けられており、従来に引き続き「ビジョンの完全性」と「実行能力」において最上位の評価を受けています。

テレワークを支援する VMware のソリューション:パフォーマンス、VoIP、Microsoft 365 の評価

Tolly のレポートによると、VMware SD-WAN の導入により、VoIP 通話の品質が最大 45% 向上し、ダウンロード時間が最大 71% 短縮されました。

サービス プロバイダーにおける、SD-WAN のマネージド サービスに向けたプロセス

SD-WAN は、サービス プロバイダーのニーズに応えるソリューションです。その理由をご確認ください。

導入に向けて