従来型 WAN の課題

従来型 WAN は支社で利用されている複数のデバイスをベースに設計されており、サイロ化された状態で管理され、本質的に異なる WAN リンクがそれぞれを接続しています。

高コストな帯域幅

高コストの専用/MPLS 回線では帯域幅が制限されるため、展開の妨げとなったり、アプリケーション パフォーマンスに悪影響が出たりします。また、専用/MPLS WAN の冗長性のために、展開や管理が複雑になります。

データセンターへの依存

ネットワークが従来型のハブ アンド スポーク方式で設計されており、支社からクラウド リソースに直接アクセスできない場合、トラフィックはエンタープライズ データセンター経由でバックホールされるため、パフォーマンスの低下を招くことになります。

予測不可能なアプリケーション パフォーマンス

インターネット リンク経由のアプリケーション トラフィックの場合、SLA が存在しないため、パフォーマンスを予測できません。アプリケーションのサービス品質(QoS)を変更するたびに、支社とデータセンター全体で手作業による変更が必要となります。

複雑なインフラストラクチャ

従来型 WAN は、単一機能の多数のデバイスやアプライアンスで構成されています。さらに、これらの機器はそれぞれ異なる WAN リンクで接続されます。インフラストラクチャが無秩序に広がっているため、支社の IT 管理を複雑にしています。

SD-WAN による支社ネットワークの改善

仮想 WAN

さまざまなサービス プロバイダーが提供する複数のリンクを用いてオーバーレイ ネットワークを構築し、統合的な帯域幅プールを形成します。アプリケーションが下層のトランスポート リンクに依存することなく、優れたパフォーマンスと高可用性を実現できます。

クラウドに最適化

クラウド アプリケーションにトラフィックが流れ込んだ場合でも、エンタープライズクラスのパフォーマンスを確保できます。インクリメンタル設計のオーバーレイにより、下層のハードウェア レイヤーや物理トランスポートからソフトウェア レイヤーを抽象化し、柔軟なネットワークを形成します。

支社サービスの簡素化

SD-WAN では、支社の CPE、クラウド、各地のデータセンター、エンタープライズ データセンターのいずれにもネットワーク サービスを追加できます。ソフトウェア ベースの柔軟性と、自動化やビジネスポリシーの抽象化により、トラフィック ルーティングやポリシー定義の複雑な構成を簡素化することができます。

従量課金モデル

SD-WAN の場合、オンプレミスでもクラウドでも WAN を展開できるほか、エンタープライズ データセンターやクラウドへのアプリケーション認識型転送機能により、容易にサービスを追加できます。クラウドベースの管理を行うことで、使用量に応じて課金されるサブスクリプション モデルを適用し、コスト効率を高めることが可能です。

SD-WAN 製品

VMware SD-WAN by VeloCloud

VMware SD-WAN by VeloCloud によって帯域幅が拡張され、エンタープライズおよびクラウドのアプリケーションやデータへ直接アクセスできるようになります。また、運用の大幅な自動化を進めながら、クラウドとオンプレミスに仮想サービスを追加することもできます。VMware SD-WAN は、ゲートウェイの分散ネットワーク、クラウドベースの Orchestrator と支社プラットフォーム、VMware SD-WAN Edge で構成されます。

関連資料

Software-Defined WAN For Dummies

専門用語を使わずに SD-WAN のベスト プラクティスをわかりやすく説明しています。

エンタープライズクラスの WAN としてのインターネットとは

高い評価を受けている VMware の Web セミナーで、インターネットの信頼性とパフォーマンスを SD-WAN で高める方法をご覧ください。

2 分で導入できるクラウド ベースの SD-WAN

導入手順を短くまとめたビデオです。

SD-WAN の RFI 作成

アナリストでありネットワークの専門家でもある Jim Metzler 氏がプロセスを詳しく説明します。